【実践】マクドナルド モバイルオーダーの使い方。クーポン・支払い方法・ポイントカード・時間指定は?

キャッシュレス

非接触の推進により、各社モバイルオーダーの導入・宣伝が積極的な昨今。
牛丼・ハンバーガーなどファストフードを中心に広まっています。

などなど…

ファストフードの代名詞、マクドナルドでも2019年頃からモバイルオーダーが導入されており、非接触の生活様式に寄与している形です。

本ページではマクドナルドのモバイルオーダーの利用手順や、クーポンは使えるの?支払いはどうしたらいいの?時間指定は出来るの?という疑問を解決します。

対応端末

マクドナルドのモバイルオーダーは「マクドナルド公式アプリ」から利用できます。

利用できる端末は次の通りです。

  • スマートフォン(iOSまたはAndroid搭載端末)
  • タブレット(iOSまたはAndroid搭載端末)
  • その他デバイス(iOSまたはAndroid搭載端末)

マクドナルド公式アプリがiOSまたはAndroidOSのみに対応しているため、パソコンやWindowsPhoneなどでは利用できないので要注意です。

注文の手順

実際にマクドナルドのモバイルオーダーでお持ち帰り注文をしてみます。

事前準備

マクドナルドのモバイルオーダーを利用するためにはマクドナルドアプリのインストールが必要です。

Androidの場合はGoogle Playから、iPhoneの場合はappStoreからダウンロード・インストールしましょう。

ちなみにマクドナルドアプリは更新が非常に多いイメージ。しかも更新しないと利用できないというちょっと残念な仕様です。
アプリを手動更新にしている人はWi-Fi環境下で更新しておいたほうが無難かもしれません。

注文の手順

事前準備が終わったら早速注文をしてみます。
まずはマクドナルドアプリを開いて、右下の「オーダー」をタップします。

次に注文する店舗を決定します。
店舗名や住所での検索もできますが、位置情報をONにしておくとスムーズかもしれません。

店舗が決まったら「この店舗を選ぶ」をタップ。
ちなみに1度注文した店舗は過去利用店舗としてリストに表示されるので、2回目以降の注文はもっと楽ちんです。

注文店舗が決まったら商品を選択します。
注文したい商品をタップして…

商品をカートに追加します。
飲み物やサイドメニューは全ての選択肢を写真付きで選択できるので、かなりわかりやすいです。

クーポンを使いたい場合には上のグループから「クーポン」を選択します。
お目当てのものが見つかったら「このクーポンを使う」を選択すると…

クーポン価格でカートに追加が出来ます。

商品が選び終わったら下部の「レジに進む」をタップ。

お持ち帰り方法は「テイクアウト」「駐車場で受け取る(パーク&ゴー)」「ドライブスルー」の3種類です。
「駐車場で受け取る(パーク&ゴー)」「ドライブスルー」は対応店舗のみ利用可能です。
店内で食事する場合は「テーブルにお届け」「カウンター受け取り」の2つから選べます。
かなり柔軟に選択できる印象です。

支払い方法は現時点ではLINE Payかクレジットカードの二択です。
QRコード決済はこれから拡大していくと思われますが、現在はLINE Payのみです。

支払い方法が決まったら「注文を確定する」をタップします。

この時点ではまだ注文は確定していません。
店舗についたら「受け取りに進む」をタップして…

「店舗に到着しました」を選択後、「決済確定・商品を作り始める」をタップします。

今回はLINE Payを選択したので、「続ける」を選択し…

LINE Payの決済画面で支払いを行います。
LINE Payクーポンがある場合には自動的に選択がされます(詳しくは後述)。
LINE Payの決済方法はLINEポイントの他…

「チャージ&ペイ」「LINE Pay残高払い」の3つから選択できます。
支払い方が決まったら下部の「〇〇円を支払う」をタップ。

以上で注文が終了です、お疲れ様でした。
スマホにご注文番号が表示されるので、店内のモニターでこの番号が表示されるのを待ちましょう。
モバイルオーダーをした場合には注文番号が「M」から始まるので探しやすいです(通常注文は数字3桁が多い)。

注文をキャンセルしたい

残念ながら決済後の注文キャンセルは出来ません。

どうしてもキャンセルしたい場合は決済直後に店舗に電話したら可能かもしれませんが…受け付けてもらえるかは定かではありません。

時間指定は出来るの?

マクドナルドのモバイルオーダーは時間指定が出来ません。
時間指定が出来ないのは他社のモバイルオーダーと比較しても珍しいと言えます。

なので受け取り直前の操作が必須となります。

クーポンは使える?

クーポンはマクドナルド公式アプリで配布されているものに限り利用可能です。

残念ながら各種媒体で発行されているクーポンはモバイルオーダーでは利用できません。

スマートニュース等のクーポン、ヤフーのクーポン、紙クーポンなどは利用できないので、これらを使いたい場合にはモバイルオーダーではなくカウンターで注文をしましょう。

またLINE PayではLINEポイントクラブの特典で2020年8月にモバイルオーダー限定10%オフクーポンを配布していました。
10%オフは大きいので、これが継続するとLINE Payでの支払い一択になりますね。

支払い方法は?

支払い方法はLINE Payまたはクレジットカードによる事前決済になります。

商品受け渡し時の支払い(現地払い)には対応していません。

株主優待券は使える?

繰り返しになりますがモバイルオーダーの支払い方法はLINE Payまたはクレジットカードによる事前決済です。

マクドナルドではかなりお得な株主優待を実施していますが、モバイルオーダーでは株主優待は利用できません。

楽天・dポイントのポイントカードは?貯まる?

マクドナルドでは楽天ポイント・dポイントのポイントカードを会計時に提示するとポイントが付与(1P/100円)されますが、モバイルオーダーの場合にはポイントが付与されません。

ケンタッキーのモバイルオーダーではポイントが貯まる仕組みになっていたので、是非真似して欲しいところです。

楽天・dポイントのポイントで支払える?

しつこいようですが支払い方法はLINE Payまたはクレジットカードによる事前決済になります。

そのため楽天ポイントやdポイントでの支払いは出来ません。

楽天の期間限定ポイントやdポイントの用途・期間限定ポイントを消化したい場合には店頭で注文しましょう。

塩なし・ピクルス多め等のカスタマイズオーダーが出来ない

我が家ではマクドナルドのポテトはいつも「塩なし」で注文しています。

モバイルオーダーでは要望欄がないため「ポテト塩なし」「ピクルス多め」「トマトなし」等のカスタマイズオーダーが利用出来ません。

人によっては大きなデメリットであると感じます。

おわりに

マクドナルドのネットオーダーは便利かつ安全ではありますが、支払い方法が限られていたりポイントが付かなかったりとお得度の面ではイマイチなことがわかりました。

個人的には吉野家のモバイルオーダーのように「注文はネット、会計は現地で」という方法が1番しっくり来ます。

ただしマクドナルド公式クーポンは利用可能ですし、LINE Payもクーポンがあれば支払い時に利用が可能です。

またマクドナルドでは店舗や時間帯によって異なりはしますが注文カウンターがかなり混雑している印象です。
モバイルオーダーで時間の節約や密を回避できるのはそれだけで価値があるとも思えます。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
キャッシュレス 食事
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました