[楽天Pay編]1つのアカウントを複数端末で使えるのかを検証

本ページでは複数のスマホを用意し、各コード支払いアプリで同じアカウントを使用できるのかを検証します。

前提条件・検証方法などはLINEPay編をご参照ください。

楽天Payは複数端末で使えるか

元々使用していた端末に楽天Payをインストールおよびログインした状態で、新しく用意した端末に楽天Payをインストールしてみます。

新しい端末に楽天Payをインストール後、元々使用している楽天Payと同じアカウントでログインを試みます。

ログインをすると、SMS認証を促されます。
元々使用していた端末にショートメールが届いているはずなので、4桁の暗証番号を入力してください。

以上でログイン完了です。
支払い用のバーコードが表示されました(スクリーンショットが出来なかったので写真にて)。

ここで重要なのが、元々の端末でも楽天Payが使用できるかどうか。
確認してみると・・・正常にバーコードが表示されました。
(左が元々の端末、右が新しい端末です)

LINEPayのときの検証結果のように、勝手にログアウトされる等の対策はされていないようですね。

楽天Payを複数端末で使用する場合のメリットは?

楽天Payの魅力の1つに「期間限定ポイントが使える」ということが挙げられます。

1つの楽天アカウントに多くのポイントが溜まっている場合、例えば旦那様と奥様で同じアカウントの楽天Payを利用することが可能です。

その他にも楽天IDを増やしたくない、楽天ウォレットチャージを複数のアカウントにしたくない場合など、様々なメリットが考えられます。

※本人以外の使用ケースについては、利用規約に抵触する可能性があります。自己責任でのご使用をお願い致します。

まとめ

楽天Payでは複数端末で使用できることがわかりました(2020年1月現在の仕様)。

楽天経済圏で暮らしていると「楽天お買い物マラソン」や「楽天SPU」により大量ポイントが獲得できますので、それらのポイントをひとつのIDに集めたい、ということは誰しも思うことです。

楽天Payはコンビニをはじめ、スーパー・ドラッグストア・家電量販店などの利用店舗が拡大していますので、夫婦または家族で利用できるのはありがたい限りです。

また2020年1月10日現在、楽天Payでは「どこでも5%還元キャンペーン」を開催しています(2020年3月2日まで)。
楽天カード以外のクレジットカードでも還元対象という、とても素敵なキャンペーンなので是非エントリーの上、参加してみてはいかがでしょうか。

そのほかの○○Payで同様の検証をしています。よろしければ下記からご閲覧ください。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です