[PayPay編]1つのアカウントを複数端末で使えるのかを検証

PayPay

本ページでは複数のスマホを用意し、各コード支払いアプリで同じアカウントを使用できるのかを検証します。

前提条件・検証方法などはLINEPay編をご参照ください。

PayPayは複数端末で使えるか

元々使用していた端末にPayPayをインストールした状態で、新しく用意した端末にPayPayをインストールしてみます。

インストール後、ログインを試みます。
ここで入力する携帯電話番号は、元々使用していた端末の電話番号です。
YahooジャパンIDでログインする場合にも、元々使用していた端末のPayPayに紐づくYahooジャパンIDでログインしてください。

ログインをすると、SMS認証を促されます。
元々使用していた端末にショートメールが届いているはずなので、4桁の暗証番号を入力してください。

以上でログイン完了です。無事、残高が表示されました。

ここで重要なのが、元々の端末でもPayPayが使用できるかどうか。
見てみると・・・正常にバーコードが表示されました。

つまりPayPayは1つのアカウントを複数端末で利用できるようです。

LINEPayのときの検証結果のように、勝手にログアウトされる等の対策はされていないようですね。

PayPayを複数端末で使用する場合のメリットは?

2019年8月現在、PayPayではワクワクペイペイというキャンペーンが毎月開催されています。

このワクワクペイペイですが、「ソフトバンクスマホユーザ」・「ワイモバイルスマホユーザ」・「Yahooプレミアム会員」のポイント付与が倍になる優遇がなされています。

例えばご夫婦でPayPayを使用している場合、旦那様が優遇されるアカウント、奥様が優遇がないアカウントを使用しているとします。
本ページのように複数端末で旦那様のアカウントを使用することで、お得に付与が受けれる仕組みが作れます。

特にYahooプレミアム会員は1アカウントのみ加入している方が大半だと思いますので、複数端末での使用はとても有効です。

※本人以外の使用ケースについては、利用規約に抵触する可能性があります。自己責任でのご使用をお願い致します。

まとめ

PayPayでは無条件に複数端末で使用できることがわかりました(2019年8月現在の仕様)。

通常会員であれば10%還元のところ、優遇会員では20%等、倍の優遇が設けられている現在では、メリットが多い運用です。
是非試されてみてください。

そのほかの○○Payで同様の検証をしています。よろしければ下記からご閲覧ください。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました