スポンサーリンク

[J-Coin Pay編]1つのアカウントを複数端末で使えるのかを検証

キャッシュレス

本ページでは複数のスマホを用意し、各コード支払いアプリで同じアカウントを使用できるのかを検証します。

前提条件・検証方法などはLINEPay編をご参照ください。

今回はみずほ銀行が提供するコード決済サービス「J-Coin Pay」を検証します。

スポンサーリンク

J-Coin Payは複数端末で使えるか

メイン端末(画像左)にJ-Coin Payをインストールおよびログインした状態で、新しく用意した端末(画像右)で同じアカウントでログインをしてみます。

さっそく新しい端末でJ-Coin Payにログインをしてみます。
「はじめる」をタップして…

規約に「同意する」をタップ。

SMS認証があるので、メイン端末の電話番号を入力します。

メイン端末にSMSが届くので、それを見て新しい端末に数字4桁を入力して「次へ」をタップ。

アカウントに設定されている「パスワード」「氏名」「生年月日」「口座番号」の入力が求められます。
入力が終わったら下部の「ログイン」をタップすると…

無事新しい端末(画像右)にてログインが完了しました。
しかしメイン端末(画像左)が「長期間ログインされていません」とのメッセージが。パスワードを入力してみると…

「他の端末に移行しました」と表示されました。
ということでJ-Coin Payは同時に複数端末で使うことができないサービスであることがわかりました。ちょっと残念…。

ちなみに他端末でログインされると下のようなSMSが届きます。
不正ログインの検知に役立ちますね。

また上の画像はJ-Coin Payユーザ(口座登録済み)の検証結果ですが、J-Coin Liteユーザ(口座未登録)でも同様の結果でした。

スポンサーリンク

J-Coin Payを複数端末で使用する場合のメリットは?

J-Coin Payを複数端末で使用するメリットは主に「チャージ残高の管理」が挙げられます。

J-Coin Payは残高をチャージして利用するタイプのQRコード決済サービスです。

そのため無闇に複数のJ-Coin Payアカウントにチャージしたくない場合には、それだけでも複数端末で使用するメリットと言えます。

注意点

その他にも「夫婦で使いたいけどJ-Coin Payアカウントを増やしたくない」など、様々なメリットが考えられます。

しかし、本人以外の使用ケースについては、利用規約に抵触する可能性があります。
自己責任でのご使用をお願い致します。

スポンサーリンク

おわりに

J-Coin Payでは同時に複数端末で利用が出来ないサービスであることがわかりました。
しかし利用の度にログインを繰り返せば、複数端末で使用できるようです(2021年1月現在の仕様)。

ただ実用的か、と言われるとイマイチですね。

J-Coin Payは紐付け対応銀行が少ないことから、複数端末で利用できると嬉しかったのですが…少々残念です。

なおJ-Coin Payは現在2021年1月31日までの期間限定で冬の3大感謝祭を開催しています。
どれもかなりお得なキャンペーンなので要チェックです。

https://j-coin.jp/kanshasai/cp/pdf/20201228_winter_thanksgiving.pdf

なおこれからJ-Coin Payを登録してみようかな、という人は下記の紹介コード

TPeSTT

を入力いただければお互いに500円が貰えます。
良かったら使ってやってください(紹介が5名までなので達したら消します)。

そのほかの○○Payで同様の検証をしています。よろしければ下記からご閲覧ください。

Pocket
LINEで送る

コメント

  1. 離れて住む家族への送金する場合、手数料無料でいつでも簡単に手元でできるメリットが大きいと感じて、家族で利用しています。また、口座に戻せるので、支払いしなくてもポイントをそのまま換金できますね。
    今なら、家族に紹介、送ってトータル最大1400ポイントゲットできるのかな。
    さらに、毎日1回支払って50ポイントとは。

    残念ながら、利用口座がチャージ停止状態なので、キャンペーンに参加できません。

    • タロウタロウ より:

      読んで頂きありがとうございます。

      対応口座の少なさに加えて一部では利用停止なのが残念ですよね…。
      特典についてはおっしゃる通り2台分で1400円相当ですね。大盤振る舞いです。
      さらにみずほ銀行で配っている500円プレゼントチラシをゲットしたら2台分で+1000円になります。

      是非またお立ち寄りくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました