PayPayマネーとマネーライトの違い。残高の種類がややこしい問題。

キャッシュレス

登録ユーザ数が1500万人を突破したPayPay(ペイペイ)。
キャッシュレス還元の後押しもあり、まさに絶好調です。

PayPayを全面に押し出したPayPayフリマやPayPayモールというサービスも展開し、まだまだ話題が尽きません。

また、2019年10月1日からは「PayPayマネー」という出金が可能な新たなPayPay残高が登場しました。

本ページではそれぞれのPayPay残高の違いと、その特性についてまとめています。

PayPay残高の種類は全4種類

2019年10月24日現在、PayPay残高の種類は全4種類です。

上記を踏まえ、特筆すべき点は下記になります。

種類は大別すると「マネー系」と「ボーナス系」の2つ

PayPay残高は赤枠の「マネー系」と、青枠の「ボーナス系」の2種類に大別できます。

「マネー系」の特性

「マネー系」は下記の特性を持ちます。

  • 有効期限は無期限です。
  • 残高を送ったり、わりかん機能に使用できます。
  • 「PayPayマネー」は出金可能で、「PayPayマネーライト」は出金不可です。

「ボーナス系」の特性

「ボーナス系」は下記の特性を持ちます。

  • 残高を送る、わりかん機能、出金は使用できません。
  • 「PayPayボーナス」は無期限で、「PayPayボーナスライト」は60日間の有効期限があります。

「ライト」は制限がかる、というイメージ

どちらも「ライト」という文字が付くと何らかの制限がかかります。

「マネー系」は出金が出来るか出来ないか、
「ボーナス系」は有効期限があるかないか、の違いになります。

PayPayマネーとクレジットカードの現金化

余談になりますが・・

「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」の違いは、先述した通り「出金出来るか出来ないか」です。

PayPayがこの2つを明確に区別しているのは、入手元(チャージ元)が異なるからです。

この手の現金の性質に近いサービスが新設されるとき、真っ先に模索されるのが「クレジットカード利用枠の現金化」への抜け道です。
サービス提供会社は、この抜け道を塞がなければなりません。

「PayPayマネーライト」の入手元を見てみると、「Yahoo! JAPANカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いからのチャージ」となっています。
「Yahoo! JAPANカード」はもちろん、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」もクレジットカード決済ができるため、どちらも「クレジットカードからのチャージ」となります。

つまり「PayPayマネーライト」が出金できてしまうと、「クレジットカードの現金化」が成立してしまうため、「PayPayマネー」とは明確に区別する必要があるのですね。

※クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約違反となっています。

PayPay残高の種類を確認したい

最後に保有しているPayPay残高の種類を確認する方法です。

まずはPayPayを起動し、残高部分をタップします。

残高の少し下にある「内訳を見る」をタップします。

4種類の残高内訳が確認できます。

おわりに

2019年10月24日時点で4種類あるPayPay残高ですが、4種類になったのは2019年10月1日からと、まだまだ日が浅いです。

もともと「PayPayライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」の3種類でしたからね。

PayPay自体が若いサービスということもあり、これからも名称の変更や、仕様の変更がある可能性も否めません。
まさにブロガー泣かせです。

また、出金可能な「PayPayマネー」を保有できるのは「本人確認済」のPayPayアカウントのみなのですが、「本人未確認アカウントにPayPayマネーを送ったらどうなるのかな?」という疑問を検証してみました。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました