スポンサーリンク

【作ってみた】楽天カード2枚目を作るメリットと疑問点まとめ。e-NAVIの登録は?利用可能枠は?別口座にできる?

キャッシュレス

日本国内で1番使われているクレジットカードの楽天カード。取扱高は11兆円を超え、カード会員は2100万人以上の化け物級クレジットカードです。

最近は楽天ゴールドカードの改悪をはじめ、明るいニュースが無かった楽天カードですが、久しぶりに良いニュースが飛び込んできました。
なんと2021年6月1日から「2枚目の楽天カードが発行できるようになった」とのこと。

本ページでは2枚目の楽天カードを発行するメリット・デメリットや、実際に2枚目の楽天カードを申し込んでみた感想などをまとめています。

スポンサーリンク

楽天カードの2枚持ちが可能に

今までは原則1人1枚まで作成できた楽天カードですが、2021年6月1日からは1人最大2枚まで保有できるようになりました。

2枚目に持てるカードはノーマルな楽天カードをはじめ、楽天PINKカード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードなどが申し込めます。

ただし次のパターンでは2枚の保有ができません。

  • 楽天PINKカードを2枚はダメ
  • 年会費有料の楽天カードを2枚はダメ
  • 以下の組み合わせはダメ
    • 楽天銀行カードと楽天カード
    • 楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カード
    • 楽天カードアカデミーと楽天カード
スポンサーリンク

2枚持ちするメリット

楽天カードを2枚持つメリットは次の通りです。

  • ノーマルカードと有料カードの2枚持ちが出来る
  • 別の国際ブランドが持てる(1枚目はVISA、2枚目はMastercardなど)
  • 利用シーンによって使い分けができる(1枚目は食費などの単発出費、2枚目はサブスクなどの継続出費など)
  • 引き落とし口座を分けられる(1枚目と2枚目を別々の引き落とし口座にすることが出来ます)

また「お得度」の面からみると、別の国際ブランドが申し込めるのが大きなメリットです。
例えば還元率の底上げに活躍するauPayプリペイドカードはMastercardでのチャージが優遇されています。
同じようにVISAでしかチャージできない電子マネーがあったり、JCBのみが参加できるキャンペーンがあるなど、複数の国際ブランドを持つことで支払い方法の幅が広がります。

スポンサーリンク

2枚持ちするデメリット

楽天カードを2枚持ちするデメリットはあまりありません。

強いて挙げるならばカードの管理をしなければならない、という程度です。

ポイントの貯まり方はどうなる?

1枚目も2枚目も、同じ楽天アカウントに楽天ポイントが貯まります。

別アカウントにポイントを貯めることは出来ませんし、アカウント内で各カードでの獲得ポイントが分別されているわけでもありません。

家族カードとの違いは?

ここまで読んで

2枚目のクレジットカードって家族カードと同じじゃないの?何が違うの?

と思われる方も多いはず。

「2枚目のクレジットカード」と「家族カード」の違いは大きく2点あります。

明細が分けて表示される

家族カードは同じ利用明細として表示されるのに対し、1枚目と2枚目のクレジットカードは全く別の利用明細として管理されます。

例えばこれは1枚目の楽天カード(VISA)の利用明細です。49,500円使っているのがわかります。

e-NAVIの利用明細より

次に2枚目の楽天カード(Mastercard)の利用明細を開いていてみると…
「対象期間には、ご利用の履歴がありません」と表示されます。

このように全く別のカードとして利用明細が管理できるのが家族カードとの大きな違いです。

引き落とし口座を別に出来る

もう1つの違いは「引き落とし口座を別に設定できる」点です。

家族カードは本会員カードと同じ口座から引き落としがされますが、1枚目と2枚目の楽天カードでは別々の引き落とし口座が設定できます(詳しい設定方法は後ほど)。

本人以外が使うのであれば家族カードを

当たり前ですが本会員カードは本人のみが利用できます。

「1枚目クレジットカードを夫、2枚目クレジットカードを妻が利用する」という状況は明確な規約違反です。

このような使い方をするときは「本会員カードを夫、家族カードを妻が利用する」という使い方をしましょう。

実際に申し込んでみた

2枚目の楽天カードを実際に申し込んでみました。

私は1枚目にノーマル楽天カードの「VISA」を申し込んでいたので、2枚目にはノーマル楽天カードの「Mastercard」を申し込んでみることに。

申込み手順

まずはこちらから楽天カードの申し込みページを開きます。

2枚目の楽天カード申し込みなので「楽天会員の方」を押し、1枚目のクレジットカードが紐づく楽天アカウントでログインをします。

次にカードの追加タブでお好みのカードを選択します。私はノーマル楽天カードを選択しました。

現在持っているカードと、新しく発行するカードが表示されます。親切ですね。問題なければ次の画面へ進みます。

次にブランドとカードのデザインを選択します。
私はパッと見で1枚目と2枚目の区別を付けたかったので、「Mastercard」の「バルセロナエンブレムデザイン」を選択しました。

色々な規約に同意したら「お申し込みを完了する」を押します。

以上で申し込みが完了です。楽天アカウントに紐づく住所・氏名・職業情報からカード発行手続きが行われるため、入力作業がありませんでした。
なので勤務先などが変わっている人は発行手続き前に予め情報の変更をすることをオススメします。

まずはe-NAVIへ登録

申込は6/2、カードの到着は6/7でした(北海道在住)。2枚目でも楽天カードの爆速審査・発送は健在のようです。

カードが到着したらまずはe-NAVIへ登録しましょう(本記事作成時点ではe-NAVIへは自動追加ではなく手動追加となっています)。
e-NAVIを開いて「カードの追加登録」を押して…

追加するカード情報(届いた2枚目のカード)を入力します。

入力が終わったら「確認画面へ」を押して…

「追加する」を押します。

以上でe-NAVIへの追加が完了です、お疲れ様でした。

これでトップ画面がVISAとMastercardの切り替えが出来るようになりました。

引き落とし口座を変えることが出来る

2枚目のクレジットカードの引き落とし口座は申し込み時点では1枚目と同じものが指定されていますが、e-NAVIに登録後は別の口座を指定することが出来ます。

引き落とし口座変更をしたいカードを選択した状態で…

「お客様情報の紹介・変更」の「お支払い口座の照会・変更」を選択します。

上部に記載があるカード名が変更したいものかを確認して…

お好みの方法で引き落とし口座を変更しましょう。

新規入会の2,000ポイントはもらえない

2枚目の楽天カードに「新規入会で2,000Pプレゼント」の紙が同封されていましたが、こちらは2枚目は適用対象外とのことです(電話で確認済み)。
カード発行の工程上、1枚目・2枚目を区別せずに同じ紙を入れているだけなのでご注意ください。

2枚目作成&利用で1,000ポイントはもらえる

本記事作成時点では「2枚目の楽天カード作成&利用でもれなく1,000ポイントもらえるキャンペーン」が開催されています。終了日時の明記はないので、しばらくは継続するものと思われます(2021年6月9日時点)。

カード利用はカード申込日の翌月末までに1円以上使えばいいため、コンビニで何か買うなどして忘れないうちに早めに達成しちゃいましょう。
私はAmazonギフト券を100円分購入して達成しました。

投資信託の積み立て限度額は増えない

楽天カードの有用な使い道の1つに、楽天証券での積み立て投資があります。
月5万円までの上限はありますがクレジットカード決済で投資信託が買えるもので、通常の買い物と同様に1%の楽天ポイントが還元される優れものです。

2枚目のカードを申し込むことで上限が「月5万円」から「月10万円」にならないかなと少しだけ期待しましたが…残念ながら無理でした。
積立口座一覧画面ではクレジットカードが1つしか選択できません。ここに2枚目のカードを指定することも出来ますが、結局は月5万円の上限となります。

総利用可能額は増えない

公式Q&Aでは1枚目と2枚目のクレジットカードの利用枠は次のように取り扱うと書かれています。

ご利用可能枠は、各カードごとに異なります。各カードのご利用可能枠については楽天e-NAVI「ご利用可能額の照会」よりご確認ください。「お客様の総ご利用可能額」に記載の金額がお客様単位でのご利用可能額となり、「カードごとのご利用可能額について」に記載のご利用可能額が、カード単位のご利用可能額となります。

https://support.rakuten-card.jp/faq/show/112732?site_domain=guest

ちょっとわかりにくいのでe-NAVIで見れる利用可能枠画面を開いてみます。なお1枚目・2枚目共に利用可能枠が100万円です。

ポイントはMastercardでは「ご利用残高」が0円なのに「ご利用可能額」が減っている点です。
これはVisaのほうで利用している「49,500円」が反映されています。

公式Q&Aを読んだときは「それぞれのカードに利用枠が設定されているなら、最大200万円(100万円+100万円)まで使える」と解釈していたのですが、どうやらこれは違うようで…

正しくは「ご利用可能額は2枚のカードのうちの高いほうが表示され、それぞれのカードの利用枠内で使える」が正解です。

例えば「1枚目:100万円」「2枚目:10万円」が利用枠のカードを持っている場合

  • ご利用可能額は「100万円」
  • 1枚目で100万円枠を使い切れば2枚目は決済ができなくなる
  • 2枚目で10万円枠を使い切れば1枚目は90万円まで決済できる

となります。
利用可能枠を増やす目的で2枚目のカードを検討している人はご注意ください。

ポイントサイト経由で特典はもらえる?

最後にお得にクレジットカード作成するのに欠かせないポイントサイトについて触れておきます。

楽天カードはポイントサイト経由で申し込むとタイミングにもよりますが数千~数万ポイントが獲得できる大人気案件です。

ただ2枚目の楽天カードを申し込むと、どうやら特典が得られないようです。
私はモッピー経由で2枚目の楽天カードを申し込みましたが、数日待っても通帳に記載されることはありませんでした。適用条件が「新規カード発行」になっているからだと思われます。

ただモッピーではNGでしたが、もしかしたら他サイトだといけるかも…という可能性はあります。
モッピー以外ではハピタスが楽天カードの特典が高めでオススメです。もし特典をゲットできたら教えていただけると助かります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


貰えるかわからない特典のためにポイントサイトを経由するのが面倒な方は、素直に公式サイトから申し込むことをオススメします。

おわりに

実際に2枚目の楽天カードを申し込んでみましたが、同じ楽天アカウント内で気軽にもう1枚カードを追加できるは管理の楽さが際立ちますね。

カードの発行理由は人それぞれだと思いますが、主に

  • 国際ブランドを追加したい
  • カードを使い分けたい(引き落とし口座の使い分け)

の2点が多いと思われます。

特に無駄にクレジットカードを増やしてカード管理が面倒になりそうな人は、2枚の楽天カードを1アカウントで管理できるのでオススメです。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
キャッシュレスクレジットカード楽天
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました