ヤフオクの最低落札価格が終了。終了後の扱いにご注意を。

ヤフオクの謎オプションと言われていた「最低落札価格」ですが、ついに提供が終了します。

また、最低落札価格の終了に合わせて、他のいくつかの有料オプションも終了します。

本ページでは最低落札価格についての説明や、終了時の注意事項について解説します。

最低落札価格とは?

最低落札価格とは下記の通りです。

最低落札価格が設定されているオークションは、最低落札価格未満では落札できません。設定価格は非公開です。

https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/353/a_id/40664/~/%E6%9C%80%E4%BD%8E%E8%90%BD%E6%9C%AD%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%81%A8%E3%81%AF

ヤフオクの有料オプション(一部カテゴリで無料)として長らく実装されていたのですが、批判の声がよく聞こえることで有名なオプションです。

・「オークションなのに最低落札価格とか意味不明」
・「ヤフオクの最低落札価格の意味がいまだに分からない」
・「開始価格を最低落札価格にしたらよくない?」

どの意見も「確かに・・」と少し納得してしまいます。

最低落札価格のメリット

お金を払ってまで設定する「最低落札価格」ですが、以下のメリットが想定されます。

  • 1円スタート[最低落札価格10,000円]とすることで、多くの人の目にとまる

逆にこれ以外のメリットは無いんじゃないかな・・と個人的には思います。

終了するオプション

最低落札価格の他に、いくつかのオプションが終了します。

  • 最低落札価格
  • アフィリエイト
  • 太字テキスト
  • 背景⾊
  • ⽬⽴ちアイコン
  • 贈答品アイコン
  • みんなのチャリティ

いつから終了?

実際にオプションが設定できるなくなるのは「2019年9月30日(月)11:00ごろ」とアナウンスをされています。

またアプリについては下記のようにアナウンスされています。

iOS アプリ、Android アプリに関しては、終了日以降にも終了対象のオプションが設定できるように見える場合がございますが、設定はできません。

https://auctions.yahoo.co.jp/topic/notice/function/post_2557/

対象ユーザは?

「個人出品」と「ストア出品」のどちらも終了の対象となります。

なので名実ともに、ヤフオクから最低落札価格が無くなる事となります。

オプション終了後はここに注意!

最低落札価格が引き継がれるケースと、引き継がれないケースがあるのでご注意ください。

すでに出品中の場合

既に最低落札価格が設定されている場合には、オプション終了日時を迎えても、引き続き機能します。

自動再出品の場合

自動再出品の場合には、最低落札価格が引き継がれます。

手動再出品の場合

最低落札価格は機能しません。
外部の出品ツールを使用している場合、エラーが表示されない可能性があるため注意が必要です。

おわりに

ヤフオクの謎オプション扱いをされていた「最低落札価格」。

賛否、というより否定的な意見が多いオプションで有名でしたが、増税時期に合わせて(?)ついに提供を終了します。

また、自動再出品時(最大3回)には引き続き利用ができますが、それ以外の出品(再出品含む)には各種オプションの設定ができませんのでご注意ください。

ヤフオクは2019年10月からPayPayフリマのリリースも控えており、大変革を迎えています。

これからのヤフオクに要注目です。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です