なか卯でゼンショー株主優待券を使ってみた。使い方・注文の仕方は?

株主優待

「豊富な種類の丼」と「京風うどん」をウリにしている「なか卯」。

なか卯を運営しているのは「すき家」「はま寿司」「ココス」など誰もが1度は聞いたことのあるブランドを展開している「ゼンショーHD」です。

そんなゼンショーHDは株主優待券を発行していることで有名です。

ゼンショーの株主優待券は紙媒体のものになります。

なか卯は大部分の店舗が券売機制なのですが、紙の株主優待券を使えるのか、またどのように使えばいいのか検証してみました。

なか卯で株主優待は使えるの?

結論から言えば、券売機制のなか卯でもゼンショーの株主優待券は利用可能です。

今まで4店舗で計10回以上利用しましたが、問題なく利用できました。

ただ若干面倒です…。

株主優待利用時の注文の仕方

株主優待利用時は券売機を利用しません。

券売機をスルーして、まずは着席しましょう。

ここで、店舗によっては「券売機で食券をお求めください」のように案内されることがありますが「株主優待券を使いたいので直接頼みます」と店員さんに伝えてください。

頼むものが決まっていない場合は、店員さんに「メニューをください」というと持ってきても貰えます。
(私が行った店舗はテーブルに備え付けのメニューは存在しませんでした)

メニューが決まったら店員さんを呼んで注文しましょう。

このときクーポン類があれば一緒に提示しましょう。

支払いは前払いになりますので、注文が終わったと同時に支払いをします。

株主位優待券を主体に、端数は現金で支払います。

領収証はこんな感じ

これが実際に利用したときの領収証です。

1,490円の支払いに対し、株主優待券を3枚(1,500円分)消費して支払いました。

ゼンショーの株主優待はお釣りが出ないので端数の10円は諦めました。

なか卯で株主優待を利用するのは若干面倒です

なか卯で株主優待を利用すると、圧倒的に店員さんとやり取りが多くなります。

  • 着席時(券売機へ案内される場合がある)
  • 注文時
  • 会計時

そもそも来客の大多数は券売機を利用するため、「株主優待を利用しての注文受付」に慣れていない店員さんがほとんどです。

店員さんによっては少し戸惑うような挙動になるため、なんか申し訳ないな…という気持ちになります。

おわりに

券売機制のなか卯でも株主優待券は利用可能です。

ですが上記理由により、利用するのに若干二の足を踏んでしまいます…。

もちろんゼンショーの株主優待は同じ牛丼チェーンの「すき家」でも利用可能です。

すき家は半セルフレジの導入が進んでいますが、支払い方法は店員さんが柔軟に対応してくれるため、株主優待をノンストレスで利用することが出来ます。

ですがたまに「京風うどん」や「海鮮系の丼」に惹かれてなか卯に行きたくなるんですよね…。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
株主優待 食事
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました