スポンサーリンク

【まだ作らない】Visa LINE Payプリペイドカードのメリット・デメリット。還元率は?ポイントは使えるの?

LINE

本ページに掲載しているLINEのキャラクター画像は事前に許可を得た上で掲載しております。

2020年12月22日、LINEが新しいプリペイドカードの提供を開始しました。
その名も「Visa LINE Payプリペイドカード」です。

本ページではVisa LINE Payプリペイドカードの概要、メリット・デメリット、積極的に使うべきカードなのか、などをまとめています。

スポンサーリンク

Visa LINE Payプリペイドカードとは

Visa LINE Payプリペイドカードは事前チャージ型のバーチャルプリペイドカードです。

バーチャルカードなので物理カードが発行されないタイプのプリペイドカードになります。

発行はLINEアプリ内で簡単に行えます。
プリペイドカードなので年齢制限や審査もありません。

LINE Pay残高をチャージすることで、「Visa加盟店のオンラインショッピング」と「iD加盟店(ApplePayまたはGooglePay経由)」で利用できます。

スポンサーリンク

Visa LINE Payプリペイドカードの基本性能

Visa LINE Payプリペイドカードの概要は次の通りです。

ブランド

Visaブランドのプリペイドカードです。

形態

バーチャルカードのみ。
物理カードの発行は出来ません。

発行方法

LINEアプリ内から発行できます(手順は後述)。

利用資格

日本の電話番号が登録されたLINEアカウントを持っていれば年齢・収入など関係なく発行可能(プリペイドなので審査なし)。

利用方法

次の2つで利用可能です。

  • Visa加盟店のネットショッピング(バーチャルカードのみのため)
  • iD加盟店(Apple PayまたはGoogle Pay経由)

実店舗で利用するにはApple PayまたはGoogle Payへの紐付けが必要です。
※Google Payは現在準備中

残高

LINE Pay残高に連動します。

LINEポイント利用

現時点でLINEポイントは利用できません。
LINEポイントはLINE証券を経由して「LINEポイント→LINE Pay残高」と交換することで消費可能です。

還元率

利用によるポイント還元はありません(還元率0%)。

利用上限

アカウントタイプにより利用上限が異なります。

  • LINE Moneyアカウント → 1回:100万円 1ヶ月:上限なし
  • LINE Cashアカウント → 1回:10万円 1ヶ月:10万円

発行制限

1LINEアカウントに対し1枚のみ発行可能です。

スポンサーリンク

似たような名前のカードたち

少し話が脱線しますが、LINEが発行するカードは似たような名前のカードが多いです。
混乱している人は一度整理しておきましょう。

本記事作成時点でLINEが発行しているカードは次の4種類です。

  • Visa LINE Payクレジットカード(2021/4まで3%還元のクレジットカード)
  • LINE Pay カード(JCBブランドのプリペイドカード、新規発行停止中)
  • LINEプリペイドカード(LINE STOREでスタンプなどが買えるカード)
  • Visa LINE Payプリペイドカード(本記事のカード)

「LINEのプリペイドカード」と一口に言っても、
「JCBのやつ(LINE Pay カード)」と
「VISAのやつ(Visa LINE Payプリペイドカード)」と
「スタンプが買えるやつ(LINEプリペイドカード)」
の3つが候補に挙がるので、誰かに説明したり質問するときには注意が必要です。

LINE Payカード(JCB)との違いは?

LINE Payカード(JCB)は2016年頃にLINEが発行したJCBブランドのプリペイドカードです。

LINE Payカード(JCB)はVisa LINE Payプリペイドカードの提供開始に伴い、新規発行が停止されました。
既に発行済みの人は今のところ引き続き利用できます。

LINE Payカード(JCB)とVisa LINE Payプリペイドカードの違いは大きく3点あります。

ブランドの違い

LINE PayカードはJCBブランドのプリペイドカードに対し、Visa LINE Payプリペイドカードはその名の通りVISAブランドのプリペイドカードです。

またLINE PayカードはApplePayまたはGooglePayに紐づけるとQUICPay決済で利用できますが、Visa LINE PayプリペイドカードはiD決済での利用となります。

物理カードの違い

LINE Payカードは物理カードとバーチャルカードの両方が発行可能でした。
そのため「実店舗のJCB加盟店で利用できる」というメリットがありました。

その反面、Visa LINE Payプリペイドカードはバーチャルカードのみ発行可能です。
物理カードがないため、Visa加盟店はオンラインショップしか利用できません。
実店舗で利用するにはApplePayまたはGooglePayに紐づけてのiD決済のみとなります。

ポイント利用の違い

LINE PayカードはLINEポイントを直接利用できるプリペイドカードです。
Visa LINE PayプリペイドカードはLINE残高の消費はできますが、現時点ではLINEポイントの消費はできません。

LINEポイント→LINE Pay残高への交換はLINE証券を経由しないと出来ないため、LINEポイントを直接消費できるLINE Payカードが新規発行停止になったのは一部の利用者には大きなダメージとなります。

実際に発行してみた

実際にVisa LINE Payプリペイドカードを作成してみました。

まずはLINEアプリのウォレットタブを開き、赤枠部分をタップします。

認証を突破して…

LINE Pay画面を表示します。
そのあと中段部分にある「プリペイドカード」をタップ。

「Visa LINE Payプリペイドカードを発行」をタップします。

「バーチャルカードを発行」をタップして…

「確認」をタップします。

規約を読んだらチェックを付けて、下部の「同意します」をタップ。

再度認証を突破したら…

プリペイドカードの発行が完了です。
さくさく進めば数十秒で発行が終わりますね、簡単すぎます。

Visa LINE Payプリペイドカードのメリット

現時点でのVisa LINE Payプリペイドカードを利用するメリットは次の1つだけです。

  • LINE Pay残高がVisa加盟店(オンラインのみ)やiD加盟店で利用できる

LINEポイントを消費したい場合にはLINE証券を経由してLINE Pay残高へ交換しましょう。

また既にLINE Payカードを持っている人にとってはVisa LINE Payプリペイドカードを発行するメリットはありません。

Visa LINE Payプリペイドカードのデメリット

現時点でのVisa LINE Payプリペイドカードを利用するデメリットは次の通りです。

  • 利用によるポイント還元がない(還元率が0%)
  • LINEポイントが消費できない

しつこいようですがLINEポイントが直接消費できないのが大きなデメリットです。

まだ作らなくていい?

本記事作成時点での判断となりますが「現時点のVisa LINE Payプリペイドカードの性能であれば発行するメリットは皆無」です。

なぜならちょっと言葉は悪いですが「還元率が0%のくせにLINEポイントの消費が出来ないから」に尽きますね。

LINEポイントを消費するにはLINE証券を経由してLINE Pay残高へ交換できますが、決済しても還元率は0%です。

それなりにLINEポイントを保有している&LINE証券を持っている人は、LINEポイントを現金として出金した方がお得です。
なぜならVisa LINE Payプリペイドカードで決済する分を、他の高還元カードで決済したほうが出金手数料を考えてもプラスになるからです。

LINEポイントが使えるようになるまで待つ

Visa LINE Payプリペイドカードの発行をオススメするのは「LINEポイントが直接使えるようになってから」です。

LINE Payカード(JCB)でそのノウハウは確立しているため、実現はそう遠いことではないと推測します。

キャンペーン狙いもあり

Visa LINE Payプリペイドカードの発行タイミングでもう1つ狙い目なのがキャンペーンです。

例えば2021年1月7日時点では「Visa LINE Payプリペイドカード×Apple Pay」のお得なキャンペーンがスタートしました(既に終了しています)。

私はAndroid勢なので参加はできませんが、このようなお得なキャンペーン時に発行するのは十分アリだと考えます。

おわりに

還元率0%かつLINEポイントが利用できないことで、イマイチ反応が悪いVisa LINE Payプリペイドカード。

今のままではLINE Payカード(JCB)の下位互換的な位置付けなので、LINE Payカード(JCB)発行済みユーザとの間に大きな格差が生まれています。

Visa LINE Payクレカの3%還元が2020年4月末で終わってしまうので、早急にLINEポイントの利用ができるようになると嬉しいですね。

これからの動向に注目です。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました