2020年以降のLINEポイントの使い道はコレ!!Amazonギフトやmajicaギフトに交換可能?お得な使い方まとめ。

Amazon

かねてからアナウンスがあった通り、2019年の年末にLINEポイントの改悪が実行されました。

今までは多彩なポイントに交換可能だったのですが、改悪後はLINE関連のサービスでのみ利用可能となりました。

改悪の内容については詳しくは別記事で取り上げています。

本記事では改悪後の2020年に、どのようにLINEポイントを利用するとお得なのか、LINEギフトを中心にまとめてみました。

LINEポイントが使えるサービス

2020年1月7日現在、LINEポイントは下記のサービスで利用可能です。

LINEモバイル

LINEポイントをLINEモバイルの利用料に充当することが可能です。

LINEポイントを現金同様の価値として扱えるため、おすすめの使い道の一つです。

ただし、当たり前ですがLINEモバイル利用者のみが使える方法です。

LINEギフト

購入する物によってはオススメです。

詳しくは後述しますね。

LINE証券

こちらもLINEポイントを現金同様の価値として扱えるため、おすすめの使い道の一つです。

ただしLINE証券自体が「手数料体系がわかりにくい」「投資先が限られている」などあまりいい評判を聞きません。

しかし「LINEポイントを現金化したい」「LINE Pay残高へ移動したい」という人には第一選択肢となります。
詳しくは別記事で解説していますので、よろしければ合わせてご確認ください。

LINEデリマ

LINEの出前サービスでも利用可能です。

ですが、そもそも出前が割高であることからあまりオススメはしません。

出前の予定が事前にあり、LINEポイントが余っていたら使う、という程度でしょうか。

ちなみに改悪前は「LINEポイント利用分の77%ポイントバック」等、大盤振る舞いのキャンペーンを開催していました。

改悪後も同様のキャンペーンが開催されるのであれば、おすすめの使い道となります。

LINEポケオ

LINEのテイクアウトサービスのLINEポケオでも利用可能です。

「LINEポイント利用分の70%ポイントバック」等、大盤振る舞いのキャンペーン時には有用な使い道となります。

LINEスタンプ

2LINEポイント = 1コインとしてLINEスタンプが購入可能です。

定期的にスタンプを購入している人で、LINEポイントが余っていれば使う、という程度でしょうか。

重要なのは「スタンプを買うから余っているLINEポイントを使う」という考え方です。

「LINEポイントが余っているからスタンプを買う」とは、似ているようで全然違う考え方。
マネー偏差値的には絶対NGです。

LINE MUSIC

LINEミュージックの利用クーポンに交換可能です。

  • 500ポイント:30日間、20時間分
  • 960ポイント:30日間、時間無制限

こちらも普段LINEミュージックを利用している人で、LINEポイントが余っていれば利用先の1つに検討しても良いと思います。

LINE Pay

一番のオススメは生活必需品をLINE Payのポイント支払いで購入することです。

詳細は後述しますね。

LINEギフトは様々な商品に交換が可能!

LINEギフトは「ギフト」と言いつつも、自分用に商品交換することが可能です。

2020年1月7日現在、LINEギフトは多彩な交換先を網羅しています。

  • スターバックス
  • ローソン
  • Amazon
  • ドン・キホーテ
  • ミスタードーナツ
  • ケンタッキー
  • サーティーワン
  • モスバーガー
  • ゴディバ
  • 一蘭
  • ファミリーマート
  • コカコーラ
  • サンマルクカフェ
  • スープストック
  • アフタヌーンティー
  • カラダファクトリー
  • 上島珈琲店
  • ミニストップ
  • ピーチジョン
  • 日比谷花壇
  • フライングタイガー コペンハーゲン

この中でも生活必需品を買える「Amazon」「ドン・キホーテ」をピックアップします。

LINEポイントはAmazonギフト券に交換可能

2019年12月27日まではLINEポイントの交換先としてAmazonギフト券がありましたが、改悪後でもLINEギフトの交換先として生き残っています。

ただし交換レートが10%ダウンとなっており、「他にLINEポイントの利用先がない」「ポイントの有効期限が近い」等の場合に交換をオススメします。

※2020/2/21追記
LINE Payカードを経由してポイントを消費できるようになりました。等価でAmazonギフト券が購入できます。

LINEポイントはmajicaギフト券に交換可能

LINEポイントは。「MEGAドン・キホーテ」「ドイト」「長崎屋」で利用可能なmajicaギフトカードにも交換可能です。

しかもAmazonギフトと違って等価交換なところがありがたいです。

特にMEGAドンキは食料品も安いので普段使いしている人も多いはず。

MEGAドンキで生活必需品を買い出ししている人にとっては1番オススメしたい交換先です。

※現在majicaギフトリニューアルのため交換停止中です(2020/8/13時点)。

majicaギフト券はmajicaアプリで統合するとさらに使いやすくなるし、何より有効期限が伸びるメリットがありますよ!
詳しくはこちらの記事で。

普段自分が利用している店舗・サービスで利用する

こう言ってしまえば身も蓋もありませんが、自身のライフスタイルでよく利用する店舗・サービスでLINEポイントを利用するのが1番です。

例えば、ローソンでご飯をよく買っているのであれば、「ローソンお買い物券」と交換したり、ミスタードーナツでよく食事をするのであれば、「ミスド ギフトチケット」と交換する、など。

重要なのはLINEポイントは色んな使い道がある。スタンプが買えるだけではない。と認識することです。

LINE Payコード支払いができるなら、それに越したことはない

2019年末の改悪後、LINEポイントはLINE Payにチャージすることは出来なくなりました。

今まではLINE Payにチャージできていたため、LINE Payカードが使える店舗、つまりJCB加盟店すべてがLINEポイントの消費先でした。
これが出来なくなったのは常用していた人にとっては大打撃です。

ただ、改悪後もLINE Payコード支払い時にLINEポイントを消費することが可能です。
ポイント利用する場合にはコード支払い時に赤枠部分にチェック必須です。

LINE Payコード支払いに対応している店舗はセブンイレブン・ローソン等の主要コンビニをはじめ、ドラッグストア、家電量販店など250ブランドを数えます。

お近くのよく行く店舗でLINE Payコード支払いが対応している場合には、迷わずそこで利用することをオススメします。

2020/2/12〜よりポイントが使いやすくなりました

2020/2/12より、かんたんな設定でLINE Payカードおよびクイックペイ支払いでLINEポイントが消化できるようになりました。

詳しくは別記事にまとめていますのでよろしければご覧ください。

LINEポイントをざくざく貯めるなら?

LINEポイントをざくざく貯めたいならVisa LINE Payクレジットカードが断然オススメです。
2021年4月までの期間限定ですが、驚異の3%還元を得られます。

おわりに

改悪前までは高レートでマイルに交換できたり、お試し引換券が獲得できるpontaポイントに交換できるなど、重宝されていたLINEポイントですが、改悪によりただのポイントに成り下がってしまいました。非常に残念…。

改悪後は1ポイントを1円以上の価値に高めることは難しいながらも、様々な用途が残っていて安心しました。

特にLINE Payカードでポイントを消化できる仕組みは有難いです。

またLINEポイントが数万単位で貯まるような人はLINE証券での現金化をオススメします。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
Amazon LINE コード支払い
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました