ソフトバンクのプリペイド シンプルスタイルSIMをガラケー・スマホなどで利用できるのかを検証。

携帯・スマホ

月額料金がかからず、使い方によっては大変便利なプリペイド携帯。

プリペイド携帯の需要は少しずつ減っていますが、まだまだ現役で使われていますし、新規に契約も出来ます(2020年1月19日現在)。

私もソフトバンクのプリペイド携帯を複数契約しているのですが、維持費がかからないので本当に助かっています。

本ページではそんなプリペイド携帯のSIMをガラケーやガラホ、はたまたスマホに挿入したら使えるの?という疑問を検証してみました。

検証に使用するSIM

検証に使用するのは「ソフトバンク」のプリペイドブランド「シンプルスタイル」で契約したSIMカードです。

契約時の機種は「Simply(602SI)」という4Gガラケーです。

この機種に付属していたシンプルスタイルのSIMを、ガラケー・ガラホ・スマホに挿入して、電話がかけられるのか?という点を検証していきます。

ソフトバンクの3Gガラケー(105SH)

まずはソフトバンクの3Gガラケーである「105SH」で検証してみます。

Simply(602SI)に付属しているSIMは「nanoSIM」で、シンプル105SHは標準SIM対応のガラケーです。

なので「nano」→「標準」にサイズを変更するSIMサイズ変換アダプタなるものが必須です。

Amazon等で200円〜300円くらいで購入できますので、1つ用意しておくと何かと便利です。

このアダプタにSIMをセットして、本体に挿入します。

電源をつけてみると…3Gの電波をキャッチしていることがわかります。

早速を電話をかけてみますが、電波をキャッチしているので大丈夫でしょう。
…無事発信ができました。

機種にもよるのかと思いますが、ソフトバンクの3Gガラケーでも、4GガラケーのシンプルスタイルSIMは利用できるようです。

ソフトバンクの4Gガラホ(601SH)

次にソフトバンクの4Gガラホ「601SH」で検証してみます。
ちなみにSIMロックは未解除です。

「601SH」はnanoSIM対応の機種なので、アダプタを使わずにそのままSIMを挿入。

起動してみると、4Gの電波をキャッチしています。

電波の状況によっては3Gをキャッチすることもあるようです。

早速を電話をかけてみますが、こちらも電波をキャッチしているので大丈夫でしょう。
…無事発信ができました。

機種にもよるのかと思いますが、ソフトバンクの4Gガラホでも、4GガラケーのシンプルスタイルSIMは利用できるようです。

ドコモのSIMロック解除済み 4Gガラホ(P-01J)

次にドコモの4Gガラホ「P-01J」で検証してみます。
SIMロックは解除してあります。未解除端末はさすがに利用できないことはわかりきっていますからね。

「P-01J」はnanoSIM対応の機種なので、アダプタを使わずにそのままSIMを挿入。

起動してみると、どの周波帯かはわかりませんが、電波をキャッチしています。

早速を電話をかけてみますが、こちらも電波をキャッチしているので大丈夫でしょう。
…無事発信ができました。

機種にもよるのかと思いますが、ドコモの4Gガラホでも、4GガラケーのシンプルスタイルSIMは利用できるようです。

ドコモのガラホはインターネットから無料でSIMロック解除できるので端末の流用ができるのはありがたいですね。

ソフトバンクの4Gスマホ(701SO)

ここからはスマホでの検証です。

ソフトバンクの4Gスマホ「701SO」で検証してみます。
ちなみにSIMロックは未解除です。

「701SO」はnanoSIM対応の機種なので、アダプタを使わずにそのままSIMを挿入。

起動してみると…SIMロック解除コードを求められました。

このままでは電話をかけることは出来ないですね、SIMロック解除済みのソフトバンクスマホが手元になかったので、701SOの検証、もといソフトバンクスマホの検証はこれで終わりです。

機種にもよるのかと思いますが、ソフトバンクの4GスマホはSIMロック解除が必須であることがわかりました。

SIMロック解除をしても利用できるかは…後述します。

ドコモのSIMロック解除済み 4Gスマホ(SH-04H)

最後にドコモの4Gスマホ「SH-04H」で検証してみます。
SIMロックはもちろん解除済み。

「SH-04H」はnanoSIM対応の機種なので、アダプタを使わずにそのままSIMを挿入。

起動してみると、どの周波帯かはわかりませんが、電波をキャッチしています。

早速を電話をかけてみますが、電波をキャッチしているので大丈夫でしょう。
…無事発信ができました。

機種にもよるのかと思いますが、ドコモの4Gスマホでも、4GガラケーのシンプルスタイルSIMは利用できるようです。

ドコモのSIMロック解除済み端末で通話ができるのであれば、前の検証の701SOではSIMロック解除を求められましたが、SIMロック解除済みの701SOだったら通話は可能であると推測できます。

おわりに

また同じソフトバンクの端末でも「ガラホ」はSIMロック未解除でも使えて、「スマホ」はSIMロック未解除だと使えないという結果は少し意外でした。
これは多分、検証に使用したSIMが「ガラケーのプリペイドSIM」であることが原因かと推測します。
「スマホのプリペイドSIM」を利用していたら逆の結果になっていたと思われます。

ですが、思ったよりシンプルスタイルのプリペイドSIMは意外と汎用性が高く、様々な機種で動作することが確認できました。

特にスマホで利用する場合には、データ通信はWI-Fi接続が必須となりますが、「月額料金がかからない通話もアプリも使える端末」に早変わりです。

着信専用だったら月額料金どころか、無料で利用できるので利用の幅が広がりますね。

この手の記事は「こんな端末に入れたら動作するの?」等のコメントを頂くことが多いです。
手元に端末があれば積極的に検証してみたいと思いますが、そんなに幅広い端末を保持しておりませんのでお手やわからにお願いします…。

ちなみにSIMサイズはSIMサイズ一覧サイトというものが存在します。私は「SIMSIZER」というサイトを利用しています。
URL:http://www.simsizer.fourleafclover.cher-ish.net/

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
携帯・スマホ
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました