【紛失・故障】ゆうちょPayで機種変更ができない場合の2つの対処法。

コード支払い

ゆうちょ銀行が提供するバーコード決済サービスのゆうちょPay。

ゆうちょPayでは残高が口座と直結しているせいなのか「機種変更機能」を提供しています。
他のバーコード決済サービスでは実装されていない機能です。

この機種変更機能では「機種変更コード」を発行できるのですが、端末を紛失した場合にはゆうちょPayのアカウントが引き継げず…という状況になります。

本ページでは端末の紛失・故障によりゆうちょPayアプリで機種変更コードが発行できない場合の対処法をまとめています。

ゆうちょPayの機種変更の仕組み

先日ゆうちょPayに関して「1つのアカウントを複数端末で使えるのか」という検証を行いました。

この記事の中でゆうちょPayを複数端末で利用することは出来ず、機種変更の手続きをしなければならないことがわかりました。

PayPay・LINE Pay・d払いなどはアカウントでログインしたら使えるのに対し、明確な「機種変更」という操作をするのがゆうちょPayの特徴でもあります。

大まかな機種変更の流れは…

  • 古い端末でゆうちょPayアプリから機種変更コードを発行
  • 新しい端末でログインID・パスワード・機種変更コードでログイン

とすることでアカウントの引継ぎが完了する仕組みです。

機種変更コードの発行ができないとき

ゆうちょPayの機種変更手続きでは古い端末で行う「機種変更コードの発行」という操作が欠かせません。

しかし次の場合には機種変更コードの発行が実質不可能となります。

  • 端末を紛失した場合
  • 端末が故障した場合(充電ができなくなった、起動しなくなったなど)

このような場合には少し特別な手続きを踏む必要があります(後述)。

端末を紛失した場合にまずやるべきこと

少し話が脱線しますが、ゆうちょPayがインストールされた端末を紛失した場合は「アカウントの停止手続き」を必ず行いましょう。
不正利用されてしまったらかなり面倒です。

アカウントの停止手続きには2つの方法があります。

電話でのアカウント停止

ゆうちょPayのサポートデスクに電話することでアカウントの停止ができます。

土日祝日も稼働しているフリーダイヤル(携帯からもOK)です。

Webでのアカウント停止

Webからもアカウントの停止が可能です。

ゆうちょ銀行のゆうちょPay専用HPに「ゆうちょPayの利用停止手続きはこちら」というリンクがあります。

このページから「ログインID」「生年月日」「取引暗証番号」の3つを入力することでアカウントが停止(決済を出来なくする)できます。
URL:https://yuchopay.jp-bank.japanpost.jp/cweb/suspend

対処法1.郵送で機種変更コードを発行

話を「ゆうちょPayを利用している端末を紛失・故障したときの機種変更手続き」に戻します。

対処法は2つあります。1つ目は機種変更コードを郵送で送ってもらう方法です。

まずはゆうちょPayサポートデスクに電話をして「端末を紛失したので機種変更コードの郵送をお願いしたい」と伝えます。

すると郵送手続きに必要な情報を聞かれるので答えましょう。

なお機種変更コードはアカウントに紐づくゆうちょ口座の登録住所に送られます。

登録住所が古い場合には口座の住所変更を行ってから手続きをしましょう。

メリット

郵送で機種変更コードを発行するメリットは次の通りです。

  • ゆうちょPayのポイントが失効しない
  • アカウントの新規登録が必要ないので入力工程が少ない

ゆうちょPayのポイントがたくさん貯まっていた人は郵送手続き一択になります。

デメリット

郵送で機種変更コードを発行するデメリットは次の通りです。

  • 機種変更コードの発行に時間がかかる

郵送時間も含めると概ね1週間ちょっとかかるようです。
もう1つの対処法は2〜3日で済むため、すぐにでもゆうちょPayを利用したい人には不向きな方法かもしれません。

対処法2.削除後に新規登録

もう1つの対処法はゆうちょPayのアカウントを削除したあとに、再度新規登録する方法です。

アカウントの削除をするにも、ゆうちょPayサポートデスクに電話をする必要があります。
「端末を紛失したのでアカウントの削除をお願いします」と伝えましょう。

メリット

アカウントを削除したあとに新規登録するメリットは次の通りです。

  • ゆうちょPayを再利用できるまでの時間が短い

ゆうちょPayアカウントの削除は申請から2〜3日で完了するようです(営業日換算)。
すぐにでもゆうちょPayを使いたい人はこちらの方法をオススメします。

デメリット

アカウントを削除したあとに新規登録するデメリットは次の通りです。

  • ゆうちょPayのポイントが失効する
  • 新規登録の作業が若干面倒(口座情報や個人情報の入力など)

マイナポイントの特典など、ゆうちょPayのポイントが貯まっている人はアカウントの削除はオススメしません。ポイントも一緒に消えてしまいます。

ポイントがたくさんある人は上で紹介した「機種変更コードの郵送」を選択しましょう。

おわりに

ゆうちょPayを利用していた場合、端末が紛失・故障すると若干面倒な手続きをしなければいけません。

手続きの方法は2つあり、それぞれメリットとデメリットがありますので要チェックです。

ゆうちょPayはPayPayやd払いなど、他の決済サービスに比べて派手なキャンペーンは開催していませんが、郵便局で切手が5%オフになる(〜2021年3月31日まで)など、堅実なキャンペーンを開催しているため人によっては是非オススメしたい決済サービスです。

以上、ゆうちょPayの端末紛失時・故障時の機種変更はどうするの問題についてでした。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました