Kyash(キャッシュ)リアルカードが到着!メリット・デメリットは?付与対象外・注意点・セキュリティは?

Kyash

既存Kyashカード(Kyash Card Lite)の改悪発表からしばらく経ち、ようやく新Kyashカードが到着しました。

それがこちら。シンプルなデザインでかっこいいです。

本ページではKyashってよく聞くけどなんなの?何がお得なの?利用するときに気を付けることってあるの?という疑問を解消します。

Kyashの基本情報

Kyash(キャッシュ)の概要は次の通りです。

そもそもKyashってなに?

Kyashはチャージ式のプリペイドカードです。

チャージ方法は下記の4種類が提供されています。

  • クレジットカード
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • ペイジー

チャージ式のプリペイドカードであるKyashですが、事前に残高をチャージして利用している人は少数だと思われます。

多くの人はクレジットカードを紐付けて「自動チャージ」をしています。
こうすることで残高を気にすることなく、まるでクレジットカードのように利用することが可能です。

Kyashは何がお得なの?

Kyashが多くの人に使われている理由が「ポイント還元」です。

Kyashの種類により0.5%〜1%のポイント付与がされます。

つまりクレジットカード+Kyashのポイント二重取りが出来るわけです。

最高還元率である1%のKyashに…

  • 楽天カードを登録した場合:還元率2%(1% + 1%)
  • リクルートカードを登録した場合:還元率2.2%(1.2% + 1%)
  • リクルートカードプラスを登録した場合:還元率3%(2% + 1%)

という破格の還元率が実現できます。

ポイントは1ポイント = 1円でKyash残高としてチャージできます。

Kyashの種類と還元率

Kyashの種類と還元率は下記の通りです。

  • Kyash Card:1%還元
  • Kyash Card Lite(旧 Kyash Card):0.5%還元(2020/5/1〜)
  • Kyash Card Virtual:0.5%

本ページで重点を置いて説明するのは1%還元の「Kyash Card」です。

デザイン

Kyash Cardのデザインはネイビー・シルバー・ピンクの3種類です。
いずれもシンプルでかっこいいデザインですね。

還元上限額

Kyashにはポイント還元上限が設定されています。

3種類のKyashがありますが、3種類とも月12万円までの決済を対象にポイントが付与されます。

  • Kyash Card:1,200ポイント/月
  • Kyash Card Lite:600ポイント/月
  • Kyash Card Virtual:600ポイント/月

発行手数料

Kyashカードは発行手数料がかかります。

  • Kyash Card:900円(5年ごと)
  • Kyash Card Lite:300円(5年ごと)
  • Kyash Card Virtual:無料

発行方法

KyashはいずれのカードもKyashアプリをインストールして発行申請をします。

申請方法は公式HPで詳しく解説されていますので、そちらをご参照ください。

URL:https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360001129108

使い方

Kyashの使い方は下記の2種類です。

  • 実店舗決済(Kyash Card、Kyash Card Liteのみ)
  • オンライン決済

KyashカードはVISAブランドなので、VISA加盟店で利用できます。

ポイントの付与対象外商品

最大で1%還元があるKyashですが、ポイントが付与されない支払いが多くあります。
公式で発表されているのは下記の通りです。

  • 売上未確定のままのお取引
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Apple Pay/Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局でのお支払い(実店舗・オンライン)
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

換金性が高いもの・交通系・郵便系・税金関係はことごとくポイント付与の対象外です。

Kyashのメリット

Kyashのメリットは複数ありますが、主に下記の3点が挙げられます。

ポイントの二重取りができる

しつこいようですがKyashの1番のウリがポイントが貯まることです。

私はKyashカードにアクシスカードプラスという2%還元のカードを登録することで、いつでも3%還元を実現しています。

KyashはVISA加盟店で利用できるので、多くの店舗で3%オフは魅力的です。

GooglePay・ApplePayが使える

2020/4〜、QUICPay(GooglePay・ApplePay)でもポイントが付与されるようになりました。

Kyashを財布から出さずとも、スマホ1台で決済が完結するのはスマートですね。

送金・請求ができる

Kyashの隠れたメリットに送金・請求機能があります。

ちょっとしたお金のやりとり・割り勘などに気軽に利用できます。

もちろん手数料は無料です。

Kyashのデメリットと注意点

ポイント二重取りが気軽にできるKyashですが、もちろんデメリットや注意点も存在します。

ポイント付与対象外の決済がある

繰り返しになりますが、換金性が高いもの・交通系・郵便系・税金関係はことごとくポイント付与の対象外です。

ポイント還元の上限金額が低い

ポイント還元は月12万円分の支払いまでです。
ポイント換算で月間1,200ポイントが上限となります。

つまりKyashを利用することで得られるポイントは年間14,400円相当です。

個人的にはもうちょっと付与上限が上がると嬉しいですね…。

クレジットカードの明細がわからなくなる

Kyashで決済をすると、紐づいているクレジットカードの明細が「Kyash」もしくは「キャッシュ」という明細になります。こんな感じ。

Kyashアプリの利用履歴から何に使ったのかを確認したらいいのですが、ぱっと見でわからないのは大きなデメリットです。

登録できるカードが限られる

クレジットチャージに登録できるブランドは「VisaまたはMastercard」の二択です。

JCBやAMEXは対応していないのでご注意を。

セキュリティ面が不安

Kyashでは2019年末頃からオンライン決済の不正利用報告が挙がっています。
原因は不明ですが、Kyashはデータ漏洩を強く否定しています。

そのためKyashの設定でセキュリティを自分で高めることをオススメします(後述)

※ 2020/11/18 追記
2020年11月17日より3Dセキュアに対応しました!これでかなりセキュリティ面に安心感が出ました。

セキュリティは自分で対策を!

Kyashアプリでは「カード設定」という項目から下記を設定することができます。

  • 決済限度額 / 1回
  • 決済限度額 / 月
  • オンライン決済ON/OFF
  • 海外実店舗決済ON/OFF
  • カードロックON/OFF

私はこんな感じに設定しています。

私の場合はKyashを小額決済限定で利用しているため1回の決済額を「1,000円」と、かなり小額に設定しています。

また月の限度額を15万円とすることで、万が一の不正利用に備えています。

そのほか「オンライン決済」と「海外実店舗決済」については、利用予定がなければ「OFF」にしておきましょう。

そしてカードの紛失や身に覚えのない決済通知が届いた場合には速やかに「カードロック」をONにしましょう。
カード利用を一時的に停止することができます。

※ 2020/9/8 追記
2020年9月7日より不正利用補償制度が開始しました!

おわりに

ポイント二重取りが気軽にできて話題のKyash。

新カードはデザインもさることながら、QUICPay・VISAタッチ決済に対応するなど機能的にも魅力的です。

ですがKyashにクレジットカードを登録することで、不正利用の危険性が上がることも確かです。

Kyashアプリのどこを操作したら決済額を変更できるのか、カードを停止できるのか、事前に十分に確認しておく必要がありそうです。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
Kyash キャッシュレス クレジットカード
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました