楽天モバイルUN-LIMIT(アンリミット)のSIMが到着。APN設定は?iPhone/Android/ガラケーでは使える?

携帯・スマホ

楽天モバイルは2020/4/8〜正式にMNOサービス(格安SIMではない回線でのキャリア提供)を開始しました。
以前はサポータープログラムという一部のみへのサービス提供だったのですが、今回は申込者全員へのサービス提供となります。

私も申込開始直後に申請をし、先日ようやくSIMが到着しました。

本ページではこの楽天SIMを複数の端末に挿入してみて、きちんと動作するのか否かを検証してみます。

楽天モバイルのSIMが到着

楽天モバイルのSIMが到着しましたので早速開封。
SIMは最近主流になっている自分で好きなサイズで取り出せるマルチSIMというやつですね。

いろんな端末で使いたい場合にはとりあえすnanoSIMで切り出しましょう。
あとからnanoSIMをmicroSIMや標準SIMに変換するアダプタを買えばOKです。

楽天モバイルMNOのAPN

楽天モバイル(MNO)のAPN設定は下記の通りです。

  • APN名:任意で大丈夫です(極端な話「あ」とかでもOK)
  • APN:1番重要な情報です。一字一句間違えないように。
  • MCC:デフォルトが440になっている端末がほとんど
  • MNC:デフォルトが11になっている端末がほとんど
  • APNタイプ〜PDPタイプ:入力しなくても動作する端末もありますが、入力推奨

検証環境

本ページの検証環境は下記の通りです。

  • 非楽天回線エリア
  • auパートナーエリア内
  • すべての端末がSIMロック解除済みもしくはSIMフリー
  • SIM挿入&APN設定を行う以外の作業はしません

中には楽天回線のバンドは掴むけどauのバンドは掴まない、というケースもあるかもしれませんので、必ずしも下記の検証結果になるとは言えませんのでご注意を。

なおSIM挿入&APN設定を行う以外の作業はしません。
小難しい設定をすると使えるようになる、という情報はあちこちに落ちていますが本ページでは行いませんので物足りない方はごめんなさい。

iPhoneに挿れてみる(iPhone6s)

まずは楽天SIMをiPhoneに挿れてみようと思ったのですが、手元にはiPhone6sしかなく…。
しょうがなくこれで検証。

一応公式発表では「iPhone X以前のモデルでは動作しない」と発表されています。

これは動作する望みは薄いな…と感じつつも、iPhone6sにSIMを挿入。

APN設定を行いますが…

電波を掴む様子はありません。SIMロック解除済み端末なのでSIMの電話番号は認識できていましたが、通話およびデータ通信をすることは出来ませんでした。

一部の強者はiPhone6sでも楽天モバイルの通信に成功しているようでした。

また2020年4月13日時点では「iPhone8以降は使える」という情報がありますが、モデル(国内版・海外版)によって設定が異なったり、SMSが使えなかったりと玄人好みな様子…。

個人的には楽天モバイルでiPhoneを使うならオススメしませんが、どうしても使うならXR以降をオススメします。

Androidに挿れてみる(SH-04H)

次にSIMロック解除済みのAndroid、docomoのSH-04Hというシャープの端末にSIMを挿入してみました。

挿入しただけでは電波は掴まず…

SIMロック解除済みなので電話番号の認識はされています。

APN設定をしてみますが…

結局電波を掴むことはありませんでした。
パートナーキャリアであるauバンドを掴めない端末っぽいですね。残念…。

Androidに挿れてみる(SHV34)

次に上で検証した「SH-04H」のau版、SHV34にSIMを挿入してみました。

SH-04Hと同じくAPN設定をすると…

アンテナが立ちました。
これでSH-04Hがauの電波を掴まない端末である裏付けが取れました。

しかし通話のテストをしてみると「モバイルネットワークが利用できません。」と表示されるエラーが発生して通話は出来ず。

たぶんここをいじるとうまくいきそうだな…、とAPNのベアラーを設定してみようとしても、端末の不具合なのか選択後に決定ボタンが押せず…。
SHV34は現時点ではデータ通信だけ利用できる、ということで落ち着きました。残念。

Androidに挿れてみる(SOV36)

次に本命であるAndroid、auのSOV36にSIMを挿入してみます。
もちろんSIMロック解除済みです。
auでは2020/4/6〜無料SIMロック解除ができるようになったのでauのSIMフリー端末は手に入りやすくなりました。

まずはSIMを挿入して…

電話番号は認識されていることを確認。

APN設定を追加したら…

初めて電波を掴みました。

ブラウザでデータ通信テストをしましたが問題なさそうです。

SHV34でダメだった電話もOK。SOV36のdocomo版 SO-01Kだともしかしたらauバンドをキャッチしない可能性がありますね。
とりあえずSOV36では楽天モバイルSIMは問題なく使えそう。

ガラケー(ガラホ)に挿れてみる(P-01J)

次にdocomoのガラホ、P-01Jで検証してみます。
今までの検証結果から望みは薄いですが…

まずはSIMを挿入して…

この時点では圏外だけれどもSIMは認識している様子。

APN設定をしてみても…

結局は圏外でした。SIMロック解除済みのauガラホがあればアンテナは立つと思われます。たぶんですが…。

モバイルルーターに挿れてみる(GL-04P)

最後にイーモバイルのモバイルルータ、GL04Pで検証してみますが結論だけ…。
auパートナーエリアの電波は掴みませんでした。

ですがTwitter上で楽天エリアなら通信できたとの報告が挙がっていました。
私が住んでいる場所が楽天エリアに対応したら色々と再検証ですね…。

APN設定や対応端末を気にするのが面倒な場合

以上で紹介してきたようなAPN設定や、この端末は使えるのか?というのを気にするのが面倒な人は、楽天モバイルで端末を購入しましょう。

SIMを挿入するだけですぐに使えます。

買うタイミングにもよりますが、50%ポイントバックなど破格で端末が放出されていることがありますよ。

Galaxy A7 楽天モバイル対応 simフリースマートフォン

おわりに

とりあえず手元にある端末で動作確認をしてみましたが、楽天エリア範囲外での検証だったのでauバンド(B18)を掴むか否か、という検証になってしまいました。

ただネット上の情報を見る限り、楽天・au両方のバンドにも対応しているのにも関わらずアンテナが立たない、と言った情報も至る所で見かけます。
今のところ謎が多い回線です…。

繰り返しになりますが、楽天モバイルで購入した端末であればSIMを挿入しただけで利用できますので、不安な方はそちらで端末を購入することをオススメします。

1年間無料というアドバンテージは大きいので、もう少し楽天モバイルSIMで遊んでみようかと思います。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました