スポンサーリンク

【あといくら!?】三井住友ナンバーレスゴールドの100万円までの残額を自分で調べる方法。調べ方まとめ。

キャッシュレス

2021年7月に新規発行が開始された三井住友ナンバーレスゴールドカード(以下NLG)。

  • 年間100万円使えば永年年会費無料 +1万ポイントのボーナス!
  • 主要コンビニとマックでいつでも5%オフ!
  • SBI証券のクレカ投信も優遇!

などの破格な特典が大人気です。

私もそんな特典に惹かれて早速作ってみたのですが、実際に使っていると

タロウ
タロウ

これ100万円まであといくらって、どこで調べればいいんだろう…

という疑問が…。

本ページではNLGの年100万円利用まであといくら?を調べる方法をまとめています。

スポンサーリンク

年間100万円利用で年会費無料+ボーナスが貰える

NLGをお得に利用するには「年間100万円利用」が肝になります。
年間100万円を利用すると

  • 翌年度以降の年会費が永年無料
  • ボーナスポイント1万P付与

の2大特典があるからです。

年間100万円利用未満だと0.5%の還元率しかありませんが、100万円利用だとボーナスポイントを合わせると1.5%還元と強力なクレジットカードに成り上ります。
また選んだお店で+0.5%やココイコ!などの特典も合わせると、2%還元以上も実現できます。

そのためNLG保有者は年会費無料&ボーナスPのためにも、初年度に100万円を利用しようと躍起になっているわけです。

スポンサーリンク

積立などはカウントの対象外

NLGは100万円を決済する必要がありますが、全てのカード利用分が年間100万円の利用にカウントされるわけではありません。100万円のカウント対象外の決済があります。

代表的な対象外な支払いは以下の通りです。

  • 年会費のお支払い
  • キャッシングご利用分
  • 手数料のお支払い
  • 保険料のお支払い
  • 三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
  • PiTaPaご利用分
  • 電子マネーへのチャージ(suica、nanaco、Edy等)
  • 三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージ

参考:FAQ:三井住友カード ゴールド(NL)の特典条件である年間100万円のご利用には、どのようなものが含まれますか?

例えばSBI証券で月5万円のクレカ積立をしていると年間60万円の利用となりますが、残念ながらこれも100万円の利用カウントの対象外となります。

ただSBI証券のクレカ積立は非常に有用です。詳しくはこちらの記事でまとめていますので、よろしければ合わせてご確認ください。

このように対象外の利用分があるため、単純に「今年度の請求額が100万円超 = 100万円利用の達成」とならないのがNLGの厄介なところです。

これを踏まえて、年100万円の利用まで残りいくらなのかを調べる方法をまとめてみます。

スポンサーリンク

自分でサッと調べる方法

残念ながら本記事作成時点(2021年10月中旬)では、年間100万円の利用状況を自分でサッと調べる方法はありません。

ただ三井住友カードのコールセンターに確認したところ

コールセンターの人
コールセンターの人

年間100万円利用の状況に関するお問い合わせが非常に多いため、会員様ご自身で達成状況を確認できる機能を追加予定です。

との返答を頂きました。

なので近い将来、VpassのWebページやVpassアプリで達成状況が確認できるようになるようです。楽しみですね。

実装が確認され次第、本記事も更新したいと思います。

Vpassで調べる

というわけでは現時点では自分で達成状況を把握するためにはVpassの利用明細を見るしかありません。

パソコンでVpassの利用明細を見てみると、右列の「備考」に◎が付いているものがポイント付与対象( = 100万円カウント対象)となります。
蛇足ですが、私の場合はSBI証券の積立とトヨタウォレットへのチャージが対象外になっていました。トヨタウォレットはKyashを通じてチャージしておけば対象だったので大失敗です…。

なので月の請求額から◎の利用分を差し引けばいいのですが、個人的にオススメしたいのがchromeのアドインのColumnCopyです。
これはページ上の表をコピーしてくれる優れものです。表をまるっとコピーして…

これを「ベタっとExcelに貼りつけ ➡ ◎でフィルタをかける ➡ お支払い金額の合計をみる」という工程で結構簡単に達成状況を調べることが出来ます。

ColumnCopyは汎用性がかなり高いので、オススメのchromeアドインの1つです。

もちろんスマホのVpassアプリでも確認ができるのですが、1つ1つの明細を開いてチェックする必要があります。

対象外決済がほとんどない人は問題ないのですが、私のように対象外利用が多い人は一覧で見ることはできないのでパソコンからの閲覧をオススメします。

電話で問い合わせる

自分で調べるのが面倒な人はコールセンターに問い合わせると集計をしてくれます。
NLGはゴールド会員専用デスクがお問い合わせ先となります。

電話がつながったら「三井住友ナンバーレスゴールドの年間100万円利用までの達成状況が知りたい」と伝えれば、本人確認を実施したあと、折り返しで電話がかかってくるように手配をしてくれます。

毎月の達成状況を自分で把握したい人は上で紹介したVpassで調べる方法をオススメしますが、それ以外の人は電話問い合わせが簡単で確実ですね。

NLGの発行はポイントサイト経由で

これから三井住友ナンバーレスゴールドカードの発行を検討している人は、ポイントサイトを経由して発行をしましょう。

例えばハピタスというサイトでは本記事作成時点で6,600円相当のポイントが貰えます。

公式サイトから申し込むとこの特典は受けられませんので、必ずポイントサイトを経由して申込をしましょう。

まとめ

年間100万円利用をサッと確認したいところですが、現時点では自分ですぐに確認できる機能はありません。

ただ要望が非常に多いようなので、これから実装されるとのこと。非常に楽しみですね。
実装されるまではVpassを活用するか、電話で確認をしましょう。

なお同じような機能を持つエポスカードゴールドでは一目で達成状況が確認できる機能が備わっています。
エポスゴールドとの違いは別記事でまとめていますので、こちらもぜひご覧ください。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
キャッシュレスクレジットカード
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました