機種変更したらLINEの年齢確認は引き継ぐのかを検証。格安SIMに変えるときに気を付けること。

LINE

今や生活に欠かせないコミュニケーションツールになっているLINEですが、ちょっとやっかいな仕組みが「年齢確認」です。

未成年を保護する仕組みとして必要なのはわかりますが、年齢確認の方法が少しイマイチ。

本ページでは年齢確認とは?年齢確認は機種変更をしたときに引き継ぐの?を検証しています。

LINEの年齢確認とは

LINEアカウントには年齢確認機能が設けられています。
年齢確認はLINEアプリの「ホーム」→「設定」→「年齢確認」から確認・認証できます。

年齢確認は18歳未満のユーザが安易に見知らぬ人と連絡が取れないようにするための機能制限です。
年齢確認をすることで以下の機能が利用できます。

  • 他者のID検索ができる
  • 他者が自分のIDを検索できる
  • LINEミーティングが利用できる

LINEの年齢確認ができるのは3大キャリアとLINEモバイルのみ

18歳未満を守るための仕組みとして、年齢確認による機能制限は必要です。
しかし年齢確認ができるのは以下の回線を契約している人に限られます。

  • docomo
  • au
  • Softbank
  • LINEモバイル

本記事作成時点では楽天モバイルやLINEモバイル以外の格安SIMは年齢確認が突破できない仕組みです。

18歳以上の大人でも上記のSIMを利用しないと年齢確認ができず = ID検索が利用できないというイマイチ仕様です。

年齢確認の突破方法は別記事で解説しているのでよろしければ合わせてご確認ください。

機種変更をしたら年齢確認は引き継ぐ?

前置きが長くなりましたがここからが本題です。

LINEの機種変更をしたら年齢確認の状態は引き継ぐのか?という疑問を検証します。

今回は左のスマホから、右のスマホに機種変更をしてみます。

なお赤いスマホに入っているLINEは年齢確認済みのものです。
これが右のスマホでLINEにログインしたあとも引き継がれているかを確認します。

以降の操作は機種変更後のスマホ(右のスマホ)での操作となります。
まずはLINEをインストールし、「ログイン」をタップします。
ここで下の「新規登録」を選ぶと、機種変更前同じ電話番号で登録したとしても年齢確認はクリアされますのでご注意ください。

今回は「電話番号でログイン」を選択します。

電話番号を入力し「→」をタップ。

SMS認証を突破します。

自分のアカウント名が表示されていることを確認し「はい、私のアカウントです」をタップ。

アカウントのパスワードを入力し…

あとは道なりに進んでいけばOK。
今回はトーク履歴は復元しないを選択しました。

これでLINEの移行が完了しました。問題は年齢認証が引き継がれているかどうかです。

ホーム画面の設定(歯車アイコン)を開いて…

「年齢確認」をタップします。

「ID検索可」、つまり年齢確認済みであることが確認できました。
つまり機種変更をしても年齢確認の状態は引き継がれることがわかりました。

格安SIM移行のハードルが下がる

機種変更時に年齢確認が引き継がれることで、格安SIMへ移行したい人には大きなメリットがあります。

3大キャリア(docomo、au、Softbank)からLINEモバイル以外の格安SIMへ移行したい場合、3大キャリア契約時に年齢確認をしておくことによって、格安SIM移行後もID検索が利用できるというのは有難いです。

もし格安SIMへの移行を考えていて、まだ年齢確認済みにしていない場合にはID検索の利用予定がなくても、念のため年齢確認をしておくことをオススメします。

おわりに

LINEのちょっと厄介な機能である年齢確認。
必要な機能ではありますが、楽天モバイルや格安SIMで利用できないのはイマイチな仕様です。

ですが年齢確認は機種変更でも引き継がれるのは有難いです。
現在3大キャリアをお使いの方は早めに年齢確認を済ませておくことをオススメします。

なお当サイトではLINEのサブアカ作成や年齢確認についていくつか記事を作成しています。興味のある方は是非合わせてご確認ください。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました