【3.5%還元も?】Kyash(キャッシュ)が3Dセキュアに対応。d払い・楽天Payなどへの紐付けが可能に。

Kyash

2020年11月17日、Kyashに待ちに待った機能が実装されました。
3Dセキュア機能の搭載です。

本ページでは3Dセキュアってなに?という基本的な内容から、3Dセキュアが搭載されたことによるメリットをまとめています。

そもそもKyashってなに?という人は別記事でまとめていますのでよろしければ合わせてご確認ください。

タロウ
タロウ

Kyashは手持ちのクレジットカードに紐づけるだけで+1%還元される優れものです。
本記事ではd払いを推奨していますが、「いつも使ってるカード + Kyash」だけでも十分にお得なので作成必須です。

3Dセキュアってなに?

3Dセキュアはオンラインショッピングにおける本人認証サービスです。
決済時に事前に設定したパスワードやパーソナルメッセージを入力・確認することで不正利用の防止につながります。

Kyashでは不正利用の報告が多く、3Dセキュアの実装を望む声が多かったものの長らく対応がされていませんでした。

しかし2020年11月17日、ようやく3Dセキュアに対応したことを発表。

先日の不正補償制度に続き、不正利用対策が手厚くなっています。

Kyashの3Dセキュア対応によるメリット

Kyashが3Dセキュア対応をしたことによるメリットは大きく3つあります。

セキュリティが強固に

言わずもがな3Dセキュアは不正利用防止・なりすまし防止に繋がります。

不正利用報告が多かったKyash。ユーザにとっては待ちに待った機能となります。

ほぼ全てのサイトでカード決済が可能に

一部のオンラインショップでは「3Dセキュア対応カードのみ決済可能」としているサイトがあります。
電化製品を始め、高額商品を扱うサイトに多い傾向があります。

今まではKyashでこれらのサイトを利用出来なかったのですが、2020年11月17日以降は利用可能になりました。

他サービスへの紐付けが可能に

スマホの普及により様々な決済サービスが生まれている現代。

その中にはクレジットカードを紐づけるものも複数ありますが、一部の決済サービスでは「3Dセキュア対応カードのみ紐付け可能」としているものがあります。

3Dセキュア対応以降はこれらのサービスにKyashが紐付けられるようになりました。

「3Dセキュア対応カードのみ紐付け可能」としている決済サービスは多くありますが、本記事では「PayPay」「楽天Pay」「d払い」をピックアップしてみます。

PayPayで上限額がアップ

PayPayは残高での決済はもちろん、クレジットカードを紐付けて決済が可能です。

PayPayでは元々3Dセキュアに非対応のクレジットカードでも紐付けできましたが、上限額にかなり厳しい制限があります。

Kyashが3Dセキュアに対応したことにより、上限額が大きくアップできるようになりました。

しかしPayPayでは他社クレカがキャンペーン対象外になることが多いのでご注意を。

楽天Payへの紐付けが可能に

楽天Payではポイントやキャッシュ残高での決済はもちろん、クレジットカードを紐付けて決済が可能です。

楽天Payは3Dセキュア対応のカードしか紐付けできなかったため、楽天PayにKyashが紐付け可能になりました。

ただし楽天Payのクレジットカード決済は楽天カード以外は還元対象外になるので注意が必要です。

d払いへの紐付けが可能に

Kyash紐付けの本命はd払いです。

d払いは楽天Payと同じく3Dセキュア対応のカードしか紐付けできなかったため、d払いにKyashが紐付け可能になりました。

高還元率が実現

d払いでは他社クレカであっても0.5%還元が得られるサービスです。
他社に比べて大盤振る舞いなため、個人的には改悪される可能性が高いと思っています。

しかし本記事作成時点では0.5%還元は健在。利用しない手はありません。

私はメインカードにアクシスカードプラスを使っているのですが、このカードの最大還元率は2%です。

普段はこのカードをKyashに紐付けて利用しているのですが、さらにKyashをd払いに紐づけると3重取りが可能になります。

  • アクシスカードプラス:2%
  • Kyash:1%
  • d払い:0.5%

合わせて3.5%の高還元になります。

月12万円(Kyashの還元上限)までの制限はありますが、d払いが利用できる店舗で常に3.5%還元は破壊力があります。

ネットのd払いでさらに高還元

d払いは実店舗では0.5%還元ですが、ネット決済だと1%還元という破格の特典があります。

そのため、ネットでd払いを利用できるお店であれば人によってはいつでも4%還元が実現できます。

  • アクシスカードプラス:2%
  • Kyash:1%
  • d払い:1%

ただしネット決済のd払いはサイトによって取り扱いが異なりますので注意が必要です。
代表的なのが以下の例です。

  • Amazonの場合:d払いはドコモユーザのみ利用可能
  • メルカリの場合:手数料が 100円/回 発生

d曜日でさらにさらにお得

d払いでは毎週金曜日・土曜日に「毎週おトクなd曜日」というキャンペーンを開催しています(本記事作成時点)。

このキャンペーンは最低+2%還元が得られる強力なものです。

このキャンペーンを絡めればネットのd払い決済で6%以上を目指せます。

  • アクシスカードプラス:2%
  • Kyash:1%
  • d払い:1%
  • d払い(d曜日特典):2%以上

d曜日は実店舗のコード決済は対象外なのでご注意ください。

これからKyashを作るなら

「Kyash」と一口に言っても3種類あり、どうせ作るなら900円の発行手数料がかかりますが「Kyash Card」をオススメします。

オススメの理由は還元上限です。3種類とも月12万円までの決済を対象にポイントが付与されますが、還元率が異なります。

  • Kyash Card:1,200ポイント/月(1%還元)
  • Kyash Card Lite:600ポイント/月(0.5%還元)
  • Kyash Card Virtual:600ポイント/月(0.5%還元)

カードの種類や違いについて、詳しくは下記記事にて解説していますので合わせてご確認ください。

またKyashではカード作成時に還元が行われるキャンペーンを実施していることがあります。
本記事作成時点では「カード到着後にスマホ紐付けで1000円相当のポイントが還元」というキャンペーンが開催していました(2020年11月30日まで)。

またポイントサイトに掲載されていることもあります。

本記事作成時点ではワラウというポイントサイトで300円相当が還元されていました。

2020/11/18時点の案件

「Kyash」でポイントサイトを検索するときはパソコンからだとヒットしないことがありますので、スマホから検索することをオススメします。

⬇️ワラウの登録はこちら⬇️

ポイ活ならワラウ

おわりに

ユーザ待望の3Dセキュアが実装されたKyash。

Kyash Cardのリニューアルで華々しく決済サービスのセンターに居座るかと思いきや、現時点ではVisa LINE Payクレジットカードの3%還元で霞んでいる状況です(3%還元は2021年4月末までの期間限定)。

「2021年5月移行はKyashの出番だな」と思っている人が多い中、2%以上還元のカードを持っている人はメイン決済に返り咲く可能性が生まれました。

特にd払いネット決済に対応しているサイトでは、d曜日との組み合わせで無類の強さを発揮します。

2020年は不正利用補償・クレカチャージなど大型ニュースが多いKyash。これからの動向に注目です。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました