【手数料が違う】LINEPay残高やLINEポイントを現金化する4つの出金方法。

LINE

今や日常的に利用するようになったコード決済サービス。

コミュニケーションツール最大手のLINEでも「LINEPay」を提供していますが、このサービスを使うために必要な「LINEPay残高」と「LINEポイント」を現金化したい!と感じることも少なくないはず。

本ページでは「LINEPay残高」と「LINEポイント」を現金化する手順と、それぞれの手数料と上限についてまとめています。

LINEPay残高とLINEポイントの現金化

LINEPayで現金化できる残高は「LINEPay残高」と「LINEポイント」の2種類があります。

画像①部分がLINEPay残高で、②部分がLINEポイントです。

LINEPay残高はかんたんな操作で現金化できますが、LINEポイントを現金化するにはLINE証券が必須です。

詳しくは別記事にまとめていますので、興味がある方は合わせてご確認ください。

出金方法は4つある

LINEPay残高とLINEポイントを現金化する方法は全部で4つあります。

  1. LINE証券からの出金
  2. LINEPay残高から口座への出金
  3. LINEPay残高からセブン銀行ATMへの出金
  4. LINEPay残高から口座への送金

どれも似たような名前でちょっとややこしいですが、手数料が1番安いのは4番の「LINEPay残高から口座への送金」です。

詳しくは後述しますが、ほとんどの人はこの手順だけ抑えておけばOKです。

1.LINE証券からの出金

まずはLINE証券を使った現金化方法です。
LINE証券口座に入金している残高を口座に出金する方法です。

なおLINEポイントを現金化したい場合には必ずLINE証券を経由する必要があります。

  • LINEポイント→LINE証券→出金

または

  • LINEポイント→LINE証券→LINEPay残高→出金

高還元のVISA LINE Payクレジットカードをたくさん利用して、LINEポイントがたくさん貯まっている人はLINE証券が必須です。

本記事作成時では最高3株分がもらえるキャンペーンを実施しています。

⬇️⬇️⬇️詳細はこちらから⬇️⬇️⬇️

手数料

手数料は200円(税込み220円)です。

出金上限

出金額の上限はありません(無制限)。

手順

LINE証券からの出金方法は次の通りです。

まずはLINEアプリのウォレットページでLINE証券を開きます。

次にLINE証券画面の右下「・・・」メニューをタップして

「出金」を選択します。

上部の出金先を「銀行口座に出金」を選択し、出金額を入力しましょう。
手数料220円がかかりますが、上限なく出金ができます。

2.LINEPay残高から口座への出金

次はLINEPay残高から銀行口座に出金する方法です。

手数料

手数料は200円(税込み220円)です。

出金上限

出金額の上限は最大で100万円/日です。
アカウント状況により限度額が異なります。

限度額はLINEアプリから確認できます。
LINEアプリのウォレット画面からLINEPay画面を開き…

右上の歯車アイコンをタップします。

「アカウントタイプ・利用限度額」をタップして…

「現在の利用限度額」の「銀行出金限度額」で上限が確認できます。

本人確認をすると最大100万円/日まで出金が可能です。

手順

LINEPay残高からの出金方法は次の通りです。

まずはLINEアプリのウォレットページでLINEPay画面を開きます。

次に右上の歯車アイコンを選択します。

設定画面を少し下にスクロールして…

「出金」というメニューをタップします。

次に出金先の口座を選択します。口座を登録していない場合はその下の「新規口座の登録」をタップしましょう。

3.LINEPay残高からセブン銀行ATMへの出金

次にLINEPay残高をセブン銀行ATMで出金する方法です。

ATMさえ稼働していれば24時間365日現金が受け取れるため、人によっては非常に便利な方法です。

また他の方法で銀行口座に出金したあとに、別途手数料を払ってATMから現金を引き出すのであれば、直接セブン銀行ATM出金を選択したほうが合計の手数料が安く済む場合もあります。

手数料

手数料は200円(税込み220円)です。

出金上限

出金額の上限は最大で10万円/日です。
アカウント状況により限度額が異なります。

手順

LINEPay残高からセブン銀行ATMへの出金方法は次の通りです。

まずはLINEアプリのウォレットページでLINEPay画面を開きます。

次に右上の歯車アイコンを選択します。

少し下にスクロールして…

「出金」をタップします。

次に「セブン銀行ATM」を選択。

セブン銀行ATMでの出金方法は「LINEPayカード」または「QRコード」を利用したものがありますが、今回はQRコードで出金をしてみます。
説明をざっくり読んだら下部の「次へ」をタップします。

セブン銀行ATM画面の「スマートフォンでの取引」をタップして…

ATMに表示されているQRコードをスマホで読み取ります。

スマホに「企業番号」と「認証番号」が表示されたことを確認して、

ATM画面の「次へ」をタップします。

次にスマホに表示されている「企業番号」をATMへ入力します。

画面に手数料等の注意事項が表示されるので、問題なければ「確認」を押します。

次にスマホに表示されている「認証番号」を入力して…

出金する金額を入力しあす。

取引内容に問題がないことを確認して操作を完了させます。

以上で出金が完了です、お疲れ様でした。
手数料220円がかかるものの、LINEPay残高がすぐに現金化できるのはとても便利ですね。

4.LINEPay残高から口座への送金

最後はLINEPay残高から銀行口座へ「送金」する方法です。
「出金」ではなく「送金」です。

こちらはすべての出金方法の中で手数料が最安となります。

手数料

手数料は160円(税込み176円)です。

出金上限

出金額の上限は最大で100万円/日です。
アカウント状況により限度額が異なります。

手順

LINEPay残高から銀行口座への送金方法は次の通りです。

まずはLINEアプリのウォレットページで「送金」を選択します。

パスワードを入力して…

「口座に振込」の「送金」をタップします。

送金方法は「口座番号」と「SMS・Eメール」の2通りありますが、今回は「口座番号」でやってみます。

口座名義・金融機関・預金種目・口座番号など必要な情報を入力したら「次へ」をタップします。

あとは送金金額を入力するだけです。
「出金」と同じ口座への振り込みなのに手数料が176円と「送金」のほうが安いです。不思議ですね。

まとめ

それぞれの出金方法をまとめてみます(表はタップで拡大できます)。

抑えておくべきポイントは

  • LINEポイントを現金化したいならLINE証券が必須
  • LINEPay残高から口座に振り込みたいのなら「出金」ではなく「送金」を選ぶべし
  • 即現金を手にしたい場合や、出金先口座のATM引出手数料を払う予定なら「セブン銀行ATMへの出金」を選ぶべし

の3点です。

LINEポイントはPayPayへの交換が始まりましたが、まだまだ現金化需要が大きいポイントです。
最安で現金化したいのであれば「LINEポイント→LINE証券→LINEPay残高へ出金→LINEPay残高から口座への送金」で「手数料が176円」です。

LINEPayはヤフーとの経営統合によりPayPayに吸収されることが濃厚です(本記事作成時点)。
LINEPay残高やLINEポイントの出口を考えている人の参考になれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

コメント

  1. つぐみ より:

    こんにちは!
    ラインポイントの使い方をいろいろ教えていただき参考になりました。
    ありがとうございます。

    PayPay早速登録して使ってみました。紹介コード使わせていただきました。ありがとうございます!

    それでPayPayのポイントなのですがラインポイントを交換した分で買ったときは0.5還元されていましたが、それプラスヤフーカードでチャージした分で買ったときはついていませんでした。ポイントの付き方がよくわかりません。
    ラインポイントを交換したときもらえる500円分のポイントも付加予定ポイントのところに乗ってないしよくわからないことばかりです。
    使っているうちにわかってくるのかな〜と思っていますが還元率が低いのでメインでは使わないと思います。

    もしよければタロウ様は支払い方法は何にされてますか?
    ヤフーカードでチャージしてもカードの方の還元はなさそうなので、別のカードを紐付けようかと思いますが、その場合PayPayのポイントはつかないようですし、それならそのカードをそのまま使っても同じかな〜と思っています。

    • タロウタロウ より:

      お読みいただきありがとうございます。

      紹介コードのご使用ありがとうございます。
      ヤフーカードのPayPayチャージは2020年初め頃にポイントが付かなくなりました。

      私はPayPayへ銀行口座チャージを利用していましたが、これから残高が必要なときはLINEポイントからの交換を利用する予定です。
      そもそもおっしゃる通りPayPayは基本の還元率が低いので、ヤフーショッピングやPayPayモールでの買い物や、お得なキャンペーンのときしか利用しません。
      ダイソーなど、「PayPayには対応しているけれどもクレカ払いに対応していない」店舗の場合は、PayPayにLINEクレカを紐づけると4月までは3%、5月からは2%還元が得られるようです(PayPayの還元率はなし)。

      是非またお立ち寄りくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました