スポンサーリンク

【比較】GO・Uber Texi・DiDiタクシーの違い 配車されやすいのは?クーポン・キャンペーンがお得なのは?オススメは?

作業効率・時短

私は最近、タクシーを使うときに配車アプリを利用しています。配車アプリは1度使ったらやみつきになる便利さです。

メインで使っているのはGOというアプリですが、最近はUberやDiDiも併用しています。どちらもかなり有名な配車アプリです。

大変便利にそれぞれのアプリを使っているのですが、3つのアプリを併用していると、それぞれの違いや特徴が見えてきました。

タロウ
タロウ

本ページではそれぞれのアプリを

  • 運営会社の違い
  • 配車されやすさの違い
  • キャンセルのされやすさの違い
  • クーポンの違い

の4点で比較しています。

いずれのアプリもいい所があるので、どの配車アプリを使うか迷っている人は必見です。

スポンサーリンク

運営会社の違い

GO・Uber・DiDiは別のサービスなので当たり前ですが、それぞれ運営会社が異なります。

GO

GOは「JapanTaxi」と「MOV」というアプリが合体したサービスです。
それぞれの配車アプリの運営会社は元々、

  • JapanTaxi → JapanTaxi株式会社(日本交通ホールディングス系)
  • MOV → 株式会社DeNA

が提供していました。

しかし2020年始めころに二社で事業統合の話がまとまり、「JapanTaxi株式会社」は「株式会社Mobility Technologies(モビリティテクノロジーズ)」へ社名変更。
株式会社Mobility Technologiesは日本交通とDeNAの共同出資で、MOVもこちらに帰属する形となりました。

どちらも日本の会社が出資していますので、GOは配車サービスの中で数少ない純国産のアプリとなります。

Uberタクシー

Uberは2010年にアメリカで設立されたUber Technologiesが運営するサービスです。

日本では2013年にUber Japan株式会社が設立されましたが、Uberタクシーよりも、2016年にサービスを開始したUber Eatsのほうが広まっています。

DiDiタクシー

DiDiは2012年に設立された中華人民共和国の北京に本社がある滴滴出行(ディディチューシン)という会社が運営するサービスです。

日本では2018年にDiDiとソフトバンクの共同出資で「DiDiモビリティジャパン」が設立されました。

サービス開始が2018年と、配車サービスとしては後発ながらも次々とエリアを拡大し、本記事作成時点(2022年4月9日)では約30の都道府県で利用可能です。

スポンサーリンク

配車されやすさの違い

私は北海道の札幌でGO・Uber・DiDiの3社を利用しているのですが、配車のされやすさ(タクシーのつかまりやすさ)が異なります。

配車のされやすさは

  1. GO
  2. DiDi
  3. Uber

という順位です。やはりタクシー台数が1番多いGOがすぐに配車されることが多い印象です。

この順位は都道府県によって異なると思いますが、複数人にアンケートを取ったところ東京でも同様の順位となりました。

特に札幌ではUberは2021年11月にスタートしたばかりのためか、街中を除いてはタクシーの台数が少なめです。

またいずれの都道府県でも悪天候時や出勤時間帯はタクシーが捕まりにくいのは共通です。

スポンサーリンク

キャンセルのされやすさの違い

いずれの配車サービスでも、配車後に運転手側からキャンセルをされることがあります。
GOの場合はこんな画面が表示されます。

GOのキャンセル事情については別ページで詳しくまとめています。よろしければ合わせてご覧ください。

特に急いでいるときにキャンセルをされると

せっかく配車されたのにー!!

とイライラが募ることも…

この「配車後にキャンセルされる」という現象はGO・Uber・DiDiの全てで共通する事なのですが、各サービスでその頻度が異なります。

個人的な感覚になりますが、キャンセルのされやすさ

  • GO
  • DiDi
  • Uber

という順位です。Uberはまだ20回程度しか使っていませんが、1回もキャンセルされたことはありません。

タロウ
タロウ

GOはキャンセルされやすいと言っても10回に1回あるかないか、という程度で、多くの運転手さんは迎えに来てくれます。

このキャンセル率の順位は各サービスの表示方法が影響していると思われます。
各サービスの配車確定後に表示される情報は以下の通りです。

  • GO:タクシー会社名・車両番号
  • DiDi:名前(一部伏字)個人評価・タクシー会社名・車両番号
  • Uber:名前顔写真個人評価・タクシー会社名・車両番号

1番キャンセルされにくいUberは運転手さんの顔写真・名前・評価などが配車後に見えることから、運転手さん側もかなりキャンセルがしにくい画面構成になっています。

DiDiも顔写真は無いものの、名前・評価が表示される仕組みです。

一方GOはタクシー会社と車両番号は表示されるものの、運転手さんに関する個人情報は一切掲載されません。
そのため運転手さん側としても「迎車場所まで遠いいし、乗車距離も短いし…キャンセルしちゃおうかな」と、気軽にキャンセルしやすい環境が他アプリに比べると整っているのが原因と思われます。

※追記:2022年6月にDiDiタクシーでドライバーブロック機能が実装されました。

お客様に安心してDiDiを使っていただくために、ドライバーのサービスで嫌な体験をした場合、そのドライバーをブロックすることができます。ドライバーをブロックした場合、今後お客様の注文は該当のドライバーに配信されません。※ブロックの解除はできません

ドライバーブロック機能 メール本文より
タロウ
タロウ

これによりDiDiはより一層ドライバー側のキャンセルが発生しにくくなりそうです。

クーポンの違い

最後はクーポンの違いについてです。
いずれも新規ユーザー獲得のため大盤振る舞いなクーポンを配布しています。

GO

本記事作成時点では2種類のクーポンが配布されています。

  • 新規登録クーポン【500円】(500円 × 1枚)
  • お友達紹介クーポン【2,000円】(1,000円 × 2枚)

普通に登録すると新規登録クーポンの500円分しか貰えませんが、お友達がGOを利用していれば紹介コードをアプリに登録することで、お互いに2000円分のクーポンがゲットできます。

アプリを登録するだけで最大2,500円分のクーポンが貰えるのは太っ腹ですよね。

もしGOを使っているお友達が身近にいらっしゃらなければ、私の紹介コード

mf-wuk6ae

を使ってやってください。

紹介コードの入力場所は、新規登録時の「クーポンコード」欄のほか、

既に登録済みの場合は「メニュー」→「友達紹介」の

「もらった紹介コードを登録」から登録ができます(GOの乗車履歴がない場合に限ります)。

Uberタクシー

Uberでも友達紹介クーポンが配布されています。実際にUberから届いたメールは次の通りです。

***様のお友達が、下記の紹介専用プロモーションコードを使用して、東京・名古屋・大阪・京都・福岡・広島・青森・横浜・沖縄・那覇・仙台・郡山・高知・札幌で Uber Taxi をはじめてご利用されると、乗車料金が 2,000 円割引、その後 2 回が半額(割引上限: 1,000 円まで)となります。(本日より 2022 年 09 月 30 日まで)

プロモーションコード:JPGG3o92kt

Uberからのメールより抜粋

内容をまとめると

  • 2022年9月30日までに
  • プロモーションコード:「JPGG3o92kt」を入力して
  • 東京・名古屋・大阪・京都・福岡・広島・青森・横浜・沖縄・那覇・仙台・郡山・高知・札幌で
  • Uberタクシーを初めて利用すると
  • 初回乗車2,000円オフ
  • その後2回の乗車が50%オフ(上限1000円OFF)

となります。初回乗車が2,000円オフなのは魅力的ですよね。

もしお友だちがUberを利用している場合には、その人に「友達紹介のプロモーションコード教えて!」と言えば教えてくれるかもしれません。

もし身近にUberタクシーを使っている人がいなければ、私のプロモーションコード

JPGG3o92kt

を使って頂けると嬉しいです。

DiDiタクシー

本記事作成時点のDiDiタクシーでは2つのキャンペーンを実施しています。

  • 初乗り10回無料キャンペーン
  • 友達紹介キャンペーン

特に強力なのが「初乗り10回無料キャンペーン」です。
名前の通り、初乗り料金が無料になるクーポンが配布されるキャンペーンで、あまりのお得さにある程度ユーザーが獲得できた地域では早期終了をしているほどです。

私は北海道に住んでいるので無事に10回初乗り無料クーポンが貰えました。
札幌の場合は初乗り料金が670円、つまり10枚で6,700円相当。かなり太っ腹です。

クーポン利用時のデジタル領収書
タロウ
タロウ

対象地域は少ないですが、自身の住んでいる地域が対象であればキャンペーンが終了する前のご利用をオススメします!

また10回初乗り無料クーポンに比べるとインパクトが小さいですが、友達紹介クーポンも次の通りに配布されています。

  • 東京以外の場合:500円クーポン1枚
  • 東京の場合:3,000円クーポン(DiDi Special※)1枚

※DiDi Specialはアルファードなどの大型車が配車されやすい、東京限定のサービスです

もしお友だちがDiDiタクシーを利用している場合には、その人に「友達紹介のプロモーションコード教えて!」と言えば教えてくれるかもしれません。

もし身近にDiDiタクシーを使っている人がいなければ、私のプロモーションコード

DVDJ4Y3E

を使って頂けると嬉しいです。

タロウ
タロウ

ちなみに各社のクーポン利用は

  • GO:配車時にクーポン選択
  • Uber:自動適用(割引額が大きなクーポンから消費)
  • DiDi:自動適用(割引額が大きなクーポンから消費)

となります。
GOは短距離の場合はクーポンを使わないなどの自由さがありますが、Uber・DiDiは勝手にクーポンを使ってくれるのでクーポンの選択し忘れを防げるなど、一長一短です。

オススメはどれ?

以上4つの違いを踏まえると、配車アプリはGOが1番オススメです。

国産アプリに頑張って欲しいという思いはもちろんありますが、1番はやはりタクシーの多さ(配車のされやすさ)です。人にオススメするには1番重要なところです。

なので親戚や友人に

配車アプリで1番オススメなのはなに?

と聞かれたら、間違いなく

タロウ
タロウ

GOが1番オススメだよ!

と答えると思います。

ただしGOはキャンセルのされやすさは改善の余地が十分にありますので、これからに強く期待したいと思います。

また管理が面倒ではない人はGO・Uber・DiDiの全てのアプリを併用するのもオススメです。
その理由は「タクシーがなかなか捕まらないときがあるから」です。

特に朝の通勤ラッシュ時や、急な悪天候時など、タクシー需要が高まるときは本当に配車されません…

しかし3つのアプリを同時に配車手配をすることで、タクシーがつかまる確率がグッとアップします。
もちろん1つでタクシーが捕まれば、あとの2つは配車手配をキャンセルしましょう。

いずれの配車アプリも「ピンを立てて迎えに来てもらう」というのは共通ですが、それぞれに特徴があります。
まずは新規ユーザーの特権である「お得なクーポン」を使い倒して、どのアプリが1番自分に合っているか試してみると良いかも知れません。

おわりに

主要配車サービス3社の違いをザックリとまとめてみました。
もちろん細かい違いはもっとありますが、個人的には上記の4つが特に気になりました。

個人的な推しアプリはGOですが、それぞれのアプリに良い所がありますので、まずは1度使ってみることをオススメします。

また当サイトではGOなどの配車アプリに関する記事を複数掲載しています。是非合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました