【購入者編】匿名配送を匿名で返品したい!メルカリ/ラクマ/ペイペイフリマで住所・名前を教えずに返送する方法2選。

フリマアプリ

メルカリ・ラクマ等のフリマサイトを使用していると、トラブルに遭遇することはまあまあの頻度の発生してしまいます。

買う物や買う人にもよりますが、基本は個人間取引なのでお店よりだらしなかったり、検品が行き届いていないことが多いのです。

そのような商品を匿名配送で購入した場合に困るのが「返品・返送」です。

話し合いの結果、返品・返送することになったとしても相手に「住所」「名前」を教えたくない…
返品交渉時に言い争いをしちゃったから「住所」「名前」を教えたくない…

そんな場合に「住所」「名前」をなるべく教えずに返送する方法を2つご紹介します。

※本ページは購入者目線による返品手順です。出品者目線での返品手順は下記ページを参考にしてください。

匿名配送の商品を購入してもらう

1番おすすめの方法は、あなた(購入者)が商品を出品してそれを買ってもらう方法です。

もちろん商品の配送方法は「匿名配送」に設定してください。

これでお互いに住所を教えずに商品を返送することが可能です。

フリマサイトと発送方法によって最低出品額は異なりますが、メルカリなら配送方法問わず300円〜出品可能です。

ちなみに…

メルカリは配送方法問わず300円〜出品可能ですが、超過した配送料はメルカリが負担しています。
安価な発送(ネコポス・ゆうパケット)ならいいのですが、300円を超える発送方法を頻繁に利用していると警告やアカウント停止措置等が取られることがあるようなのでご注意ください。

返品にかかる送料はどうする?

返品にかかる送料をどちらが負担するかは、話し合うしか方法はありません。

例えばメルカリで匿名配送を利用して返送する場合ですが、下記のような選択肢が考えられます。

・出品者が返送料を負担する場合

  • 300円で商品を購入して貰って終わり(300円 – 手数料 – 配送料が余る場合には、余り分の切手等を同封してあげたほうが親切ですね)。

・購入者が返送料を負担する場合

  • 返送商品の中に300円相当のもの(切手等)を同封する。

どのように処理するかは「過失がどちらにあるか」と「交渉次第」です。

悪い評価がつく場合があります

上記方法で返送をする場合、本来のお取引は事務局キャンセルとなり評価が付きません(メルカリの場合)が、返送に利用した出品は受け取り連絡後にお互いに評価を残す必要があります。

話し合いが円満に進んで返送した場合には良い評価を受ける可能性が高いですが、トラブル等でこじれた場合には悪い評価を受ける可能性があります。

「事前にお互い良い評価で終わりましょう」、などと交渉すると良いかもしれません。

購入専用アカウントの場合、出品者登録する必要があります

あなたのアカウントが今まで購入しかしたことがない場合、商品を出品する必要があるため「本人認証」が必要ですのでご注意ください。

住所や名前を曖昧にして返送する

こちらの方法はあまりお勧めしませんが、商品を出品する手間がありません。

ただし出品者より返送先の住所・名前を聞けるのが前提となります。

返送物に自分の住所・名前を「曖昧」に記入します。
ポスト投函の場合には全く書かなくても届けてはくれますが、万が一の場合差出人に返送されませんのであまりオススメはしません。

例えば名前が「佐藤太郎」で住所が「〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1(皇居の住所です)」の場合、

  • 差出人:サトウ
  • 差出住所:〒100-8111 東京都千代田区千代田1

というような形で差出することで個人や住所の特定が出来なくなります。

電話番号の記載をオススメします

あまり無いかもしれませんが、万が一相手の住所に配送ができない場合には差出人に返送されます。

その場合に住所が曖昧だと宛先不明で紛失扱いにされてしまいますので、連絡先の電話番号を記入することをお勧めします。

しかし、せっかく名前と住所を教えていないのに普段使いの電話番号を記入するのは愚の骨頂です。

記入するのは050から始まるIP電話番号にしましょう。
「SMARTalk」等のIP電話アプリで無料で電話番号を取得できるので、そちらで番号を取得するのが良いでしょう。

送料の負担は話し合いましょう

返送にかかる送料は話し合いにより決めるしかありません。

返品するものにもよりますが、小物の場合には下記の発送方法をおすすめします。

  • 購入者が負担する場合(元払い):クリックポスト・レターパックライト・レターパックプラス等の追跡ができる方法
  • 出品者が負担する場合(着払い):ゆうパケット(着払い)

小さい商品の着払いはゆうパケット一択です。
郵便局の窓口からしか発送できませんが、これほど安価に着払いができる方法は他にありません。

下記料金に+21円(着払い手数料)がかかります。

安価な返送方法を提示することで、より有利に交渉を進めることが出来ます。

返金は事務局に仲裁に入ってもらいましょう

商品の返送が終わったら、事務局にキャンセル依頼をしてください(メルカリの場合、各フリマサイトのやり方に従いましょう)。

自動的に決済が取り消されます(返金処理)。

口座情報を教えての返金をしなくて済みますし、トラブルがあった場合には評価をお互いに付ける必要が無くなります。

おわりに

フリマアプリは個人間取引が主体ということもあり、対ストアのように円満にトラブルが解決しないことが多いです。

せっかく匿名配送で名前・住所を秘匿しているのに、返送時にそれを明かすのには若干の抵抗がありますよね。トラブルが言い争いに発展した場合は尚更です。

繰り返しになりますが、オススメの返送方法は「あなた(購入者)が匿名配送の商品を出品する方法」です。

特にメルカリの場合には大型商品でも300円で返送できる(あまり頻繁に行うことは推奨しません)ため、お勧めです。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました