クリックポストがまた値上げ!ついに198円に…。小型商品の代わりの発送方法は?

日本郵便

日本郵便が提供しているサービス、クリックポストがまた値上げです。

クリックポストは厚さ3cmまでの荷物を安価に送れることで人気を博していますが、値上げのペースが他と一線を画しています。

本ページではクリックポストの値上げの概要と、代わりになる発送方法がないかを探してみました。

クリックポスト 料金改定の歴史

クリックポストは2014年にサービスを開始していますが、この6年の間に3回の値上げを行っています(2020年2月10日時点)。

  • 【164円】:2014年6月 – サービス提供開始
  • 【185円】:2018年9月 – 郵便料金見直しによる値上げ
  • 【188円】:2019年10月 – 消費税10%による値上げ
  • 【198円】:2020年4月 – 人件費高騰・サービス安定提供による値上げ[NEW!!]

サービス提供開始からみると34円の値上げ幅となり、値上げ率は20%超となります。

レターパックプラスは同じ期間で20円の値上げに止まっており、値上げ率は4%。

クリックポストの値上げが突出していることがわかります。

代わりの発送方法を探る

クリックポストの値上げペースが異常なので他の発送方法を検討してみます。

大手3社(日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便)の提供サービスで代わりになるサービスを探してみました。

スマートレター(日本郵便)

【料金:全国一律 180円(税込)】

スマートレターは信書も送れる封筒タイプの発送方法です。

値段は180円とお安いのですが、厚さが2cm・大きさがA5サイズとクリックポストより小さい規格となります。
配送はクリックポストと同じポスト投函となります。

また追跡サービスがないのと、日祝の配送がありません。

小さい商品を安さ重視で送りたい場合には第一選択肢となる発送方法になります。

レターパックライト(日本郵便)

【料金:全国一律 370円(税込)】

レターパックライトはA4サイズが送れる封筒タイプの発送方法です。

厚さと大きさはクリックポスト同様ですが、重さは4kgまでとレターパックライトに軍配が挙がります(クリックポストは1kg)。

ただし値段が370円と、クリックポストの倍近くなります。

ただし配送速度が準速達扱いとなるため、購入者の満足度は高い発送方法となります。

ゆうパケット(日本郵便)

【料金:全国一律 250円〜360円(税込)】

ゆうパケットは厚さで料金が変わるラベルタイプの発送方法です。

厚さが3cmになるとレターパックライトと変わらない料金となってしまいますが、1cm〜2cmだと商品によっては検討の価値があります。

発送速度は[レターパックライト > クリックポスト = ゆうパケット ]という順番に早いため、厚さ3cmのものを発送するのであればレターパックライトをオススメします。

ゆうメール(日本郵便)

【料金:全国一律 180円〜360円(税込)】

ゆうメールは重さで料金が変わる発送方法です。

送る商品によってはかなり安価に送れる方法ではあるのですが、送れる物がかなり限定的になります。

これらのもの以外は送ることができません。
また追跡サービスもありませんのでご注意ください。

クロネコDM便(ヤマト運輸)

【料金:全国一律 〜167円(税込)】

クロネコDM便は名前の通りヤマト運輸が提供するダイレクトメールの発送サービスです。

この発送方法を利用するにはヤマト運輸との契約が必要となり、年間発送個数によって料金が異なります(上限は167円)。

また売買商品(オークションやフリマサイトの利用商品)を送るのは不可となっており、DM便に特化したサービスとなります。

ネコポス(ヤマト運輸)

【料金:全国一律 〜385円(税込)】

ネコポスはヤマト運輸が提供する小型荷物配送サービスです。

この発送方法を利用するにはヤマト運輸との契約が必要となり、年間発送個数によって料金が異なります(上限は385円)。

年間500個以上は300円未満になる可能性が高いとの情報がありますが、営業所によって対応が変わりますので交渉次第ですね。

個人は契約ができず、個人事業主および法人のみが利用可能です。

クリックポストに比べれば配送が早く、契約内容によってはオススメの発送方法の1つです。

飛脚メール便(佐川急便)

【料金:全国一律 168円〜325円(税込)】

飛脚メール便は佐川急便が提供する従量制の小型荷物専用のサービスです。

厚さ2cm以内という制限はありますが、300g以内は168円で送れる魅力的なサービスです。

この発送方法を利用するには佐川急便との契約が必要となり、年間発送個数によっては更なる割引を受けることが可能です。

飛脚ゆうメール便(佐川急便)

【料金:全国一律 115円〜456円(税込)】

飛脚ゆうメール便は佐川急便と日本郵便が連携して提供しているサービスです。

佐川急便に荷物を預け、それを日本郵便が配送するというサービスになっています。

実質はゆうメールと同じサービスになるため、送れるものがかなり限定的です。

この発送方法を利用するには佐川急便との契約が必要となり、年間発送個数によっては更なる割引を受けることが可能です。

表にまとめてみる

上記の発送方法を表でまとめてみます。

※タップして拡大可能です
※クロネコDM便は除外しています
※ゆうメールは送れるものが限定的です
※2020年2月10日時点の料金です(値上げが確実なものは値上げ後の運賃)

送るモノや何を優先するのか(追跡が欲しいのか、速度が欲しいのか等)により最適な方法は異なりますが、個人の場合には日本郵便が提供している発送方法から選ぶしかありません。

オークション・フリマサイトでは独自の発送サービスを

ヤフオク・メルカリ・ラクマ・PayPayフリマ等では各配送業者との提携によりお得な発送サービスを提供していますので、それを利用することを強くオススメします。

ヤフオクなら「ゆうパケット(お手軽版)」「ゆうパック(お手軽版)」「ヤフネコ!パック」です。

メルカリなら「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」です。

これらの発送方法は安価な上、追跡あり・補償あり・何より匿名配送あり、と個人で利用できる発送サービスでは有り得ない特約が付いています。

おわりに

人件費の高騰により2020年4月〜値上げ予定のクリックポスト。

ネット上では「当初の164円という価格設定に相当無理があったんじゃないの?」「クリックポストだけじわじわ値上げ…」「それでもクリックポストがコスパ最強」「レターパックライトに移行を検討するか」等、様々な意見が飛び交っています。

個人的にはまだまだクリックポストにはお世話になるつもりですが、インク代も馬鹿にならないので他の発送サービスも検討している最中です。
どこかに見積もりでもお願いしようかな…。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました