2019年12月期 アークランドサービスHD(8179)の株主優待が到着。いつ届く?優待利回りは?改悪の可能性は?

株主優待

おいしいかつ丼やトンカツがお安く食べられる「かつや」を運営しているアークランドサービスHD(3085)。

最近ではラーメンコロッケやコーンフレークかつなど、奇をてらうメニューでも話題になりましたね。

そんなアークランドサービスHDの優待ですが、2020年3月28日に2019年12月期分の優待が届きました。

アークランドサービスHD 株主優待の基本情報

株主優待の基本情報は下記の通りです。

権利確定月

6月と12月、年2回です。

優待内容

100株以上1,100円分のお食事券
200株以上2,200円分のお食事券
1,000株以上11,000円分のお食事券

アークランドサービスHDの株主優待は紙形式です。

優待利回り

株価を1,400円と仮定した場合の優待利回りです。

100株1.27%
200株1.27%
1,000株1.27%

外食系優待は保有株数によって優待利回りが変わる銘柄が多いですが、アークランドサービスHDはそれに該当しません。

いずれの保有数でも優待利回りは変わりありませんが、200株を超える株数を持つなら1,000株保有を目指しましょう。

利用単位

優待は1枚550円相当です。
300円でも500円でもなく、550円です。ちょっと計算し辛いですね。

端数は現金のほか、クレジットカード・電子マネー等が利用できます。

利用制限

アークランドサービスHDの優待券は利用制限がありません。
1会計で何枚でも利用可能です。

ただし株主優待利用時は他の各種割引券との併用はできません。
が、従業員さんも理解しておらず利用できたことがあります…。

出前・宅配での利用

アークランドサービスHDには「てんや」等の出前が利用できる店舗があります。

アークランドサービスHDに確認したところ「出前が可能な店舗では、事前に電話でお伝えいただければ株主優待券が利用できる」とのことです。

しかし注文元が店舗ではなく出前館等の場合には、そこまでオペレーションの周知が進んでいないため、優待が利用できない可能性が大きいとの返答でした。なんだかはっきりしないお返事…。

お持ち帰り(テイクアウト)での利用

株主優待券は店内飲食のほか、お持ち帰りでも利用可能です。

お釣り

お釣りはでません。

先述した通り端数は他の支払い方法と併用可能です。

利用可能店舗

アークランドサービスHDが展開しているかつやのほか、下記店舗で利用可能です。

  • かつや
  • からやま
  • 江戸前天丼はま田
  • Cento per Cento
  • 肉めし岡むら屋
  • 野菜を食べるごちそうとん汁
  • 野菜を食べるカレーcamp

具体的な利用可能店舗は公式サイトの店舗検索を見ると一目瞭然です(PDF形式です)。
URL:http://www.arclandservice.co.jp/ir/%E5%BA%97%E8%88%97%E4%B8%80%E8%A6%A7.pdf

また株主優待券に同封されている利用可能店舗一覧でも確認可能ですが、新店・閉店を確実に知るにはWebサイトをチェックすることをオススメします。

優待到着時期

6月期分9月中旬に到着
12月期分3月下旬に到着

数年保有している実績から、9月中旬到着分は13日〜16日頃に、3月下旬到着分は26日〜29日頃に到着するイメージです。

有効期限

株主優待の有効期限は到着月の半年後の月末までです。
外食系優待の中では短めな有効期限です。

なお新型肺炎が流行している現在では、1つ前の株主優待の有効期限延長措置が取られました。良心的な対応ですね。

利用方法

優待券の利用方法は至って単純で、使いたい枚数だけ会計時に店員さんに渡すだけです。

商品引換は出来ない

他の外食系優待によくあるような「商品引換制度」は利用できません。

アークランドサービスHDは豊富な店舗数もウリの1つですので、利用先にはあまり困らない印象です。

株主優待改悪の可能性は?

外食系優待で常にささやかれる「優待内容改悪」の噂ですが、アークランドサービスHDの優待改悪の可能性は低いと考えています。

アークランドサービスHDの売上高・客単価は右肩上がりで成長しており、業績は堅調です。

しかし本記事を作成している2020年3月現在は、新型肺炎の真っ只中です。
一時2000円を超えていた株価も1400円を下回るほどに下落しています。

ただアークランドサービスHDの財務状況は良好そのものです。
まだコロナショックが始まってからの売上速報は出ていませんが、個人的には株価が下がりすぎなのでは?と思っています。

新型肺炎の影響でただでさえ株価が下がっているのに、このタイミングで株主優待を改悪するのは考えにくい、と個人的には思っています。

オススメの証券会社

私はSBI証券・カブドットコム・松井証券など有名どころの証券会社口座を開設していますが、普段売買に利用しているのは「ライブスター証券」です。

理由は売買手数料の安さ。これに特化しています。

正直ツールや注文の操作は他の証券会社のほうがやり易いです。
なので銘柄の検索・情報収集はSBI証券で、売買はライブスター証券で、という使い方をしています。

株式の売買手数料は約定金額などに埋もれやすい金額ではありますが、積もり積もればかなりの金額になる要素です。

是非業界トップクラスの売買手数料の安さを体験してみてください。

おわりに

最大で年間22,000円相当の優待がゲットできるアークランドサービスHD。

しかし利回り(優待+ 配当)はコロナショックで株価が下がった現在でも、良くて3%前後とあまり優秀ではありません。

これからの株価の伸びに期待ですね。

なおコロナショックの現在では「出前」と「テイクアウト」が注目されています。

アークランドサービスHDにおける外食事業の中核を担うかつやでは「出前」と「テイクアウト」の両方に力を入れています。
特に最近は出前館やdデリバリー・ウーバーイーツ等のサービスを利用しての販路拡大をしており、「出前」「テイクアウト」に対応していないお店よりも売上の落ち込み方は緩やかなものと思われます。不幸中の幸いですね。

かつやのカツ丼は元より、惣菜の揚げ物テイクアウトも大好きな我が家。
株価が下がっても、しばらく現物ホールドで愛用させて頂きます。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
株主優待
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました