クリレスHDの「ごまそば遊鶴」で株主優待券を使ってみた。クーポン・割引券は?

様々な業態の店舗を運営することから、「外食業界の百面相」の異名を持つ、クリレスHD(クリエイト・レストランツ・ホールディングス)。

外食業界では株主優待が非常に盛んなのですが、クリレスHDもご多分に漏れず、株主優待制度を設けています。

https://www.createrestaurants.com/ir/3004.html

既に大変多くの店舗で株主優待を利用できるのですが、2019年6月より、新たに優待が使用できるブランドが増えたというアナウンスがありました。
北海道にチェーン展開する蕎麦屋「ごまそば遊鶴」です。

今回、遊鶴で株主優待を使用する機会がありました。
せっかく(?)なので記事にしてみました。

ごまそば遊鶴ってどんなお店?

ごまそば遊鶴は2019年9月現在、北海道内(札幌市内と千歳)に10店舗を展開する蕎麦屋さんです。

無添加のごまそばをウリにしており、2014年までは「鶴喜(ツルキ)」という屋号で運営していました。
イオンをジャスコと呼び続ける人がいるように、遊鶴を鶴喜と呼ぶ人が一定数いるのは、屋号の変更があったからなのですね。

そして2018年12月にクリレスHDの完全子会社となり、現在に至ります。
遊鶴の公式サイト

驚くべき点は、買収から約半年ほどで株主優待が使用できるようになったところ。
クリレスHDの優待は紙製なので導入がしやすいのですが、それにしても仕事が早くて驚きました。

ランチタイムにお邪魔しました

開店直後にお邪魔したのにも関わらず、サラリーマンからお年寄りまで、お客さんがチラホラ。

遊鶴では月〜土の11:00〜15:00まで、ランチタイムを実施しており、ランチメニューの注文が可能です。

そのなかでも「日替り590円そば」というメニューがランチタイムの人気を支えています。
(値段、内容は2019年9月時点のものです)

http://www.yuzuru.hokkaido.jp/info/2016/10/2016100380.html

税込590円という安さで、本格的なごまそばを味わえる素晴らしい価格設定です。
また、+260円でミニ丼をセットで注文できます。

そのほか、「唐揚弁当」という「ご飯」「冷たいお蕎麦」「温かいお蕎麦」という全てを堪能出来るような珍しいメニューもありました。

http://www.yuzuru.hokkaido.jp/menu/

私はお蕎麦とカツ丼を食べたい気分だったので、「かつめし天そば」というメニューを頂きました。ボリューム満点で大変美味でした。
(写真を撮るのをすっかり失念しておりました・・申し訳ございません)

いざお会計

小上がりで大変あずましく(北海道弁)、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

お会計が税込3480円だったので、20円のお釣りが出ない事を承知の上、500円の株主優待を7枚でお会計をしました。

残額が-20円となるレジ打ちに四苦八苦しておりましたが、なんとか無事お会計が完了。困らせてしまい申し訳なかったです。

ごまそば遊鶴のクーポン・割引券は?

ごまそば遊鶴ではホットペッパーやぐるなび等のサイトではクーポンの発行はおこなっていません。

その代わりに、メルマガ会員を募集しており、2019年9月現在では新規登録で250円のクーポンを発券しています。

http://www.yuzuru.hokkaido.jp/mailmagazine/

メルマガ会員登録後も、随時クーポン情報が送られてきますので、登録の価値ありです。

登録はこちらから。

まとめ

クリレスHDの株主優待券が使えるようになった「ごまそば遊鶴」。
大変美味しく頂きました、ごちそうさまでした。

クリレスHDは他にも、2019年8月から、都内のうどん・そば点「銀座木屋」の6店舗で株主優待を使用できるようにするなど、積極的な利用店舗拡充に努めています。

また2019年9月初めには北関東で居酒屋等を運営する「いっちょう」の連結子会社化を発表しており、買収も積極的に行っています。

株主優待民としてはメリットでしかなく、買収はするけれども、ちっとも店舗を拡充しない外食チェーンさんは是非是非見習って欲しいところです。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です