スポンサーリンク

【2022年1月17日~】ゆうちょATMが有料に?イーネットも?無料で使うには?変更内容と対策まとめ。

日本郵便・ゆうちょ

2021年7月2日、ゆうちょ銀行が一部サービスの料金改定を発表しました。

その内容は値上げや手数料の新設で、項目は多岐に渡ります。
中にはゆうちょ銀行の代名詞でもある「ATM手数料無料」の崩壊も含まれています…。

本ページではゆうちょ銀行ATMの手数料改定の概要と、今まで通り無料で使うための対策をまとめています。

スポンサーリンク

郵便局が複数の料金改定を発表

ゆうちょ銀行は2021年7月2日に、「一部商品・サービスの料金新設・改定について」を発表しました。
公式URL:https://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2021/news_id001686.html

料金改定の内容は下記の通りです(リンク先はPDFです)。

【払込みサービス・硬貨取り扱い等の料金新設・改定】

【ATM関連料金の新設・改定】

このページではすべての改定については触れませんが、多くの人に影響がある「ATM周りの手数料改定」について詳しく説明します。

なおいずれの改定も適用は2022年1月17日~です。

スポンサーリンク

郵便局・ゆうちょ銀行内のATMは引き続き無料に

今回ゆうちょ銀行では大幅な料金改悪を発表しましたが、郵便局・ゆうちょ銀行内のATMは今まで通り無料です。安心してください。

ただし上記以外のATMや、硬貨を預け入れ・払い戻しをすると手数料がかかったりと、手数料が発生する場面が出てきます。

以下では

  • ゆうちょ銀行ATMの硬貨取扱いが有料に
  • 一部ゆうちょATMが有料に
  • イーネットも有料に
  • ローソン銀行ATMは値上げ

というATM周りの4つの改定について解説します。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行ATMの硬貨取扱いが有料に

ゆうちょATM1つ目の改定は「硬貨の取扱い手数料の導入」です。

ゆうちょ銀行では一部ATMで硬貨の預け入れ・払い戻しが無料で出来ましたが、改定後は枚数によって手数料が変わるようになります。

【預け入れ手数料】

【払い戻し(引き出し)手数料】

いずれも1枚から手数料が発生するので、改定後は「ゆうちょATMで硬貨を取り扱うと損をする」と覚えておきましょう。

対策としては窓口を利用する方法などがあります。解説すると少し長くなるので、詳しくは別記事でまとめています。

一部ゆうちょATMが有料に

郵便局・ゆうちょ銀行内のATMは今まで通り無料ですが、これ以外のゆうちょATMでは日曜日・祝日に利用すると手数料が発生するようになります。

具体的には

  • 駅(JRや地下鉄構内など)
  • ショッピングセンター(イオン・ショッピングモールなど)
  • ファミリーマート

に設置しているゆうちょATMが対象です。

今までは全時間帯においてATM手数料が無料でしたが、日曜日・祝日に110円(税込み)の手数料が発生します。平日・土曜日は今まで通り無料なのが救いですね。

ちなみにファミリーマートに置いてあるゆうちょATMは緑色のものです。
ゆうちょキャッシュカードなら「いつでも無料」というわかりやすさでファンが多いATMですが、これからは日曜日には使わないようにしましょう。

イーネットも有料に

旧サンクス(現ファミリーマート)に多く設置されているイーネットATMですが、こちらは全時間帯で手数料が発生する大改悪となります。

今までは日曜日・祝日以外は手数料が無料でしたが、改定後は220円の手数料が発生。また日曜日・祝日の手数料も値上げされます。

近くのコンビニにイーネットATMがあり、ゆうちょキャッシュカードで利用していた人には大打撃です。

ローソン銀行ATMは値上げ

ローソン銀行ATMのゆうちょキャッシュカード利用は元々有料でしたが、2022年1月17日以降は手数料が値上げされます。

今まで平日・土曜日に

たった110円だから気にしない気にしない~

と思い使っていた人は倍の220円になります。積もれば大きな出費となりますのでご注意ください。

無料で使うには?対策まとめ

以上の内容を踏まえ、これからもゆうちょATM(ゆうちょキャッシュカード)を無料で使うには次の3点に気を付ける必要があります。

硬貨はATMで取り扱わない

2022年1月17日以降、ゆうちょATMで硬貨を取り扱うことはご法度です。1枚から110円~の手数料が発生します。
なのでゆうちょATMでは1,000円単位のお金を取り扱うようにしましょう。

コンビニでは使わない

設置数が多いコンビニATMは大変便利ですが、手数料が発生する場面が多いので使わないのが無難です。

どうしても使うのであれば、「ファミリーマートの緑のATM(イーネットATMはダメ)」で「平日&土曜日」だと無料です。これが頭に入っている状態で使うのをオススメします。

日曜・祝日は避ける

改定後は日曜・祝日にゆうちょキャッシュカードを使わないクセを付けましょう。
郵便局・ゆうちょ銀行以外では有料(110円~)になるからです。

どうしても日曜日に現金が入用になった場合には、郵便局・ゆうちょ銀行内のATMを使いましょう。

まとめ

ゆうちょ銀行はATM手数料が無料でわかりやすいのがウリだったのですが、2022年1月17日以降はこれが崩壊します。

特に日曜日は出先でお金をおろすシーンが多く、「ショッピングモール内のゆうちょATMを使ったら手数料がかかった…」という人が続出しそうですね。

ゆうちょATM(ゆうちょキャッシュカード)は

  • 硬貨はATMで取り扱わない
  • コンビニでは使わない
  • 日曜・祝日は避ける

の3つを頭に入れておくと、無駄な手数料を払わずに済みそうです。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
日本郵便・ゆうちょ節約
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました