スポンサーリンク

【全種類制覇】すき家のSUKIMIX(すきミックス)を食べてみた感想。美味しい?すきパスは使える?店内飲食できる?

商品レビュー

牛丼最大手のすき家から新しい牛丼が発売されました。
その名も「SUKIMIX(すきミックス)」です。

名前にもある通り、スプーンで混ぜながら(ミックス)食べる新感覚の牛丼とのことです。

本ページではSUKIMIX4種類を全部食べてみた感想と、店内飲食も出来るの?すきパスは使えるの?と言った疑問を解決します。

スポンサーリンク

スプーンで混ぜる新感覚、SUKIMIXが新発売

2021年4月21日にすき家から新商品が販売されました。
すき家は毎月のように新商品(期間限定商品)を発売していますが、今回の新商品は一味違います。

新商品は「SUKIMIX」という名前で、すき家自身が「すき家の牛丼が進化した」として売り出している商品です。

SUKIMIXは4種類あり、その日の気分によって食べ分けることが出来ます。

また画像のようにおかずがセパレートになっていて、混ぜて食べても・別々に食べても・最後だけ混ぜてもOK!感染症対策により新生活様式が広がる中で、持ち運びやすく、しかもスマートに食べられるお弁当になっています。

入れ物もかわいいので、すき家の牛丼を会社の机でがっつくのに抵抗がある人でも気軽に食べられそうですね。

現在は「和のとろろ牛丼弁当」と「オムソーセージ牛丼弁当」が終売し、「鮭オクラ牛丼弁当」が新発売されています。

スポンサーリンク

実際に全種類食べてみた

4種類すべてテイクアウトで購入して食べてみました。

エビチリ牛丼弁当

まずはエビチリ牛丼弁当から。並盛を注文しました。

パッと見は汁が多くて商品画像のような具材のゴロっと感は感じられませんでしたが、ごはんにかけると存在感がありました。

エビも意外と大きいです。ヤングコーンも入っていました。

セパレートのおかず部分はどうやって外すんだろう?と思っていましたが、端に持つ部分がありました。

おかず部分の下は牛丼の具がない状態でした。調理マニュアルが「セパレートを置く→牛丼の具を盛り付ける」という順番になっているものと思われます。

エビチリと牛丼の組み合わせは初めて食べましたが、個人的には4種類のSUKIMIXの中で1番好みでした。
「ピリ辛」と表記がありましたが、辛すぎず、辛い物が苦手な人以外はおいしく食べれるレベルの辛さだと思います。

ビビンバ牛丼弁当

次はビビンバ弁当。こちらも並盛を注文しました。
ビビンバ丼はすき家の一部店舗限定で販売している商品でしたが、SUKIMIXとして全店舗で食べられるようになりました。

ビビンバ丼はコチュジャンが付属しています。

中身はこんな感じ。ナムルは味付けが結構しっかりしていました。単品で食べるのはしょっぱいので、混ぜて食べる想定の味付けです。
キムチはキムチ牛丼に乗っているものと同じものです。辛すぎず旨味が強いキムチでした。

私はおかず部分にコチュジャンを乗せて、この中でかき混ぜてから牛丼に載せて頂きました。

すき家公式では温玉トッピングをオススメしていましたが、確かに生卵 or 温玉はあったほうが美味しいです。このままでも全然美味しく頂けましたが、次回からは卵付きにしようと思います。

また個人的には「コチュジャン」ではなく、ネギ玉牛丼にかかっている「コチュジャンだれ」のほうが合うし、混ぜる手間も少ないので良いのかなと感じました。

和のとろろ牛丼弁当

次は和のとろろ弁当です。
SNSなどの反応を見てみると1番評判が良さそうでした。

和のとろろ弁当は「のり・だししょうゆ・わさび」のトッピングが付いています。

おかずはこんな感じです。色が混ざっててわかりませんでしたが、梅干しも入っていました。

おかず部分にすべてのトッピングを入れて混ぜてごはんにかけて頂きました。
だししょうゆの多さで味の濃さが調節できるのが有難いですね。
美味しかったのですが、とろろの味があまり感じられなかったのがちょっと残念。
ですがスルスル食べれるので、夏のあまり食欲がないときでも美味しく食べられそうです。

オムソーセージ牛丼弁当

最後はオムソーセージ牛丼弁当です。
4種類の中で1番カロリーが高く、並盛でも1000キロカロリー近いです。

オムソーセージ弁当にはケチャップが付属しています。

中身はこんな感じ。

ソーセージがオムレツに埋もれていましたが…

取り出すと結構大きい!厚みもそこそこあるので食べ応えはありそうです。

食べかけで申し訳ないのですが…
ケチャップは無くてもいいかな、と付けずに食べていたのですが、ケチャップを付けたほうが美味しく頂けました。
またオムレツはチーズ感が強く美味しかったです。カロリーが高い理由がわかります。

スポンサーリンク

店内飲食でも食べられる?

SUKIMIXはお弁当での形を推していますが、店内飲食でも食べられます。

熱狂的なファンが一定数いるビビンバ牛丼が全店舗で食べられるようになるのは嬉しいですね。

すきパス対象商品?

SUKIMIXはすきパス対象商品です。なので1食あたり70円値引きされます。
実際にコールセンターにも問い合わせましたが

すき家の人
すき家の人

SUKIMIXは全種類「牛丼」というカテゴリーなので、割引対象になります。

との返答でした。

実際にすきパスを使ってSUKIMIXを買いましたが、3食分・210円が割引されていますね(すきパスは1会計3食まで70円引き)。

すき家のすきパスはお得なんですが、対象外の商品が意外と多いのが難点です。詳しくはこちらで解説しているので合わせてご確認ください。

またすき家アプリのモバイルオーダーでも70円引きされることを確認しています。

総評

我が家では

  • 1位:エビチリ
  • 2位:オムソーセージ
  • 3位:ビビンバ
  • 4位:和のとろろ

の順で好評でした。
ビビンバは卵を入れると味がガラッと変わりそうなので、卵トッピングで1位~2位になるかもしれません。

一応順位付けをしましたが、2位~4位は僅差です。食べるタイミングや時期によって全然変わりそうです。

また全体的に価格が気になりました。
SUKIMIXは並盛で580円なので、すきパスを使ってもワンコインを切らない価格です。

牛丼がすきパス利用後「280円」、ねぎ玉牛丼がすきパス利用後「410円」なのを考えるとちょっとお高いかな?という気がします。

ミニサイズにするとすきパス利用後は450円になるためお手頃感が強いですが、人によっては物足りないかもしれないですね…
あまり食べない人でしたらミニサイズが値段・カロリー共に丁度いい気がします。

おわりに

すき家から魅力的な新商品「SUKIMIX」が発売されました。

美味しさ・種類・食べやすさなどもさることながら、個人的には「すきパス対象の常時発売メニューが増えた」という点が非常に嬉しいです。

しかし気になるのがそのお値段。
牛丼等に比べるとちょっと割高なので、ヘビーリピートするかと言われると、たぶんしないかな…。

しかし味はいずれも美味しく、普通の牛丼やねぎ玉牛丼に飽きたらまた食べたいと思えるものばかりでした。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
商品レビュー食事
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました