【お得?】すき家のねぎ玉牛丼は青ネギ + コチュジャンだれのトッピングで作れるかを検証。

節約

みなさんのすき家で頼む定番メニューはなんですか?
「普通の牛丼」「3種のチーズ牛丼」「高菜明太マヨ牛丼」など不動の人気メニューがありますが、私はやっぱり「ねぎ玉牛丼」がイチオシです。

最近はテイクアウトですき家をよく利用しているのですが、

タロウ
タロウ

ねぎ玉牛丼って「牛丼並 + 青ネギ + コチュジャンだれ」を頼んで、たまごは家のを使えば安く済むんじゃ…

というセコいことを思いつきました。
すでに知ってる人には今更感があるかと思いますが、私にとっては晴天の霹靂。

ということで早速試してみることに。

すき家のねぎ玉牛丼がおいしすぎる問題

すき家にあまり行かない人に是非オススメしたいのがねぎ玉牛丼。
食べたことのない人は1度食べてみてください。ハマる人にはドハマりします。

画像にある通りピリ辛のコチュジャンだれが良い感じ。卵が混じることでユッケっぽいとい表現する人もいます。

「みんなのランキング」というサイト様では他のメニューを抑え、ねぎ玉牛丼が堂々の1位にランクイン。

投票の内訳を見ると男性にファンが多いようです。

サイドメニュー(トッピング)で作れば安く食べられる?

以前はすき家の店内で食事をすることが多かったのですが、最近はテイクアウトばかり。

なので「どうせテイクアウトするなら家にある卵を使えば安く食べられるんじゃ…?」という疑問を持つように。

それぞれの牛丼の値段は

  • ねぎ玉牛丼(並):480円
  • 牛丼(並):350円

です。ねぎ玉トッピングのお値段は130円ということになります。

各種サイドメニュー(トッピング)の値段は

  • 青ネギ:60円
  • たまご:60円
  • コチュジャンだれ:20円

です。
つまり青ネギ(60円) + コチュジャンだれ(20円) + 家にある特売たまご(仮に10円とする)を使えば合計90円。

普通に頼むより40円安くなる…?

というケチくさいことを思ってしまったので、早速検証してみることに。

実際にやってみた

思い立ったが吉日、ということで早速すき家に行ってきました。

コチュジャンだれのトッピングは初めて頼んだので不安でしたが、ちゃんとねぎ玉牛丼にかかっているしゃばしゃばのピリ辛ソースで一安心。

まずは牛丼の真ん中を開けて…

ネギをどば〜っていれます。心なしかねぎ玉牛丼に最初からかかっているネギより多い気もします。気のせいかも。

上にコチュジャンだれを満遍なくかけて…

真ん中にたまごを乗せたら出来上がり!

見た目・味、共にいつも食べているねぎ玉牛丼そのままで大満足!ごちそうさまでした!

意外とメリットがある

奥さんに白い目で見られながらも上のような検証をしてみましたが、次のようなメリットがありました。

  • コチュジャンだれの量を調節できる(しょっぱいと感じる人にはいいかも)
  • 調理の手間はかかるが温玉にもできる(普通は+20円かかる)
  • たまご乗せ放題

とくに自分は薄味派なのでコチュジャンだれをちょっと少なめに出来るのは有り難かったです。

おわりに

誰得な検証でしたが、本記事はステイホーム推奨の真っ只中。
家の食材を使ったトッピングという荒技はテイクアウトの特権なので、是非活用してみたはいかがでしょうか。
キムチ牛丼なんてお手軽にお安く再現できますしね。

ちなみに今回は青ネギトッピングも注文しましたが、家にネギがあったら更にお安く済みそうです!

なおすき家をよく利用する人はすきパスのフル活用がオススメです。すきパス買ったことないな〜という人は是非使ってみてください。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
節約 食事
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました