ソーダストリームはどこで買うのがお得?ネット購入と店頭購入のメリット・デメリット。

ソーダストリーム

自宅で簡単に炭酸水を作れることで大人気の「ソーダストリーム」。

ソーダストリームは導入時に本体+ガスシリンダー(スターターキット)を購入する必要があり、本体のモデルにより値段は異なりますが、1万円〜3万円の初期コストがかかります。
さらに、ガスシリンダーは消耗品のため、ランニングコストが発生します(1本2千円+税程度)。

そこで、本ページではソーダストリームをどこで購入したらお得なのか、ガスシリンダーはどこで交換するのがお得なのか、調べてみました。

購入方法は「ネット」または「店頭」の2種類

ソーダストリーム本体および、ガスシリンダー等の付属品の購入は、主に「インターネットでの購入」か「店頭での購入」の二択になります。

「インターネットでの購入」か「店頭での購入」はそれぞれメリット・デメリットがあります。

インターネットで購入した場合

インターネットでの代表的な取り扱いは下記の通りです。

  • 公式サイト
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • au wowma
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダウェブコム
    etc…

インターネットでの購入は「公式サイト」と「ECサイト」に大別されます。
それぞれメリット・デメリットがあります。

公式サイトで購入するメリット

公式サイトで購入するメリットは下記の通りです。

  1. 「公式サイト」という安心感がある。
  2. 公式サイト限定の付属品がオマケされる場合がある。
  3. ガスシリンダー交換の場合、「お得便」が利用できる。

2019年9月現在では、公式サイトでスターターキットを買うと500mlボトルが付くようです。

ガスシリンダー交換の「お得便」は、ガスシリンダー交換の権利をまとめて購入できるというもの(他ECサイトでの取り扱いはありません)。
公式サイトも他ECサイトもそうなのですが、5,000円以上注文で「送料無料」という条件がつくため、「お得便」はまさにお得なのです。

公式サイトで購入するデメリット

公式サイトで購入するデメリットは下記の通りです。

  1. ECサイト購入のようにポイントがつかない。
  2. 支払い方法が限られている。

後述しますが、例えばYahoo!ショッピングで購入した場合、通常の買い物と同様、PayPay残高とTポイントが付与されます。
公式サイトで購入するとポイントの付与がないため、その分割高となります。

また、公式サイトで購入する場合には「クレジットカード決済」「代引き」「銀行振込」の3種類から支払い方法を洗濯します。
Yahoo!ショッピングで購入した場合、上記支払い方法に加え、「PayPay残高支払い」や「Tポイント」を支払いに充てることが出来ます。

ECサイトで購入するメリット

ECサイトで購入するメリットは下記の通りです。

  1. 各ECサイト固有のポイント付与される。
  2. 多様な支払い方法を選べる。

ECサイトで購入する1番のメリットは、ポイントが付与されること。
例えばYahoo!ショッピングでスターターキットを購入した場合・・・
(Yahooプレミアム会員+Enjoyパックの特典を受けています)

会員特典にもよりますが、優遇されている場合には10%のポイント還元(990pt)を受けることが出来ます。
またヨドバシカメラの場合には、会員の状態に限らず、10%の還元が受けられます。

また「ハピタス」というポイントサイトを経由すると、更なるポイント還元が受けられます。

2019年9月現在では、この「ハピタス」を経由してビックカメラで購入すると、もともとの10%還元に加え、2.7%の還元を受けることが出来ます。

ハピタスについての詳細はこちらをご確認ください。

ECサイトで購入するデメリット

ECサイトで購入するデメリットは下記の通りです。

  1. 公式サイト限定の特典が得られない。

「公式サイト限定ボトル」や「お得便」などの公式特典を受けることは出来ません。

逆に、これらが必要でなければ、ECサイトでの購入を強くオススメします。

店頭で購入した場合

ソーダストリームは本体のみならず、ガスシリンダーや各種アクセサリーを、いろんな店舗での取り扱いがあります。

店頭での代表的な取り扱いは下記の通りです。

  • ヨドバシカメラ系列
  • ビックカメラ系列
  • ヤマダ電機
  • イオン
  • ケーズデンキ
    etc…

店頭で購入するメリット

店頭で購入するメリットは下記の通りです。

  1. 配達時間がないため「すぐ使える」。
  2. 各店舗のポイントが付与される。
  3. 店舗や決済方法のキャンペーンが適用される場合がある。
  4. 店舗によっては商品券や株主優待が使える。

例えばヤマダ電機をでソーダストリームを購入したとします。

ヤマダでの商品購入はお客様ポイントが付与されます。
ソーダストリームも例外ではありません。
支払い方法にもよりますが、8%〜10%のポイントが見込めます。

また、ヤマダ電機ではPayPayやLINE Payのコード支払いが利用できます。
これらのコード支払いキャンペーンが開催されていたら便乗することが可能です。

さらに、ヤマダ電機ではLINEのポイントサービス「ショッピングGO」が利用できます。
「ショッピングGO」は支払い方法問わず利用ができるので、ただ提示するだけでポイントの重複取りが可能です。
たまに顎が外れるくらいお得なキャンペーンが開催されますので、要チェックです。

ショッピングGOの使い方はこちらをご参考ください。

さらにさらに、ヤマダ電機では商品券や株主優待券が利用できます。
特に株主優待券はヤフオクで10%〜15%オフで入手できるので、オススメです。

上記の方法を用いて、キャンペーンがうまく重なれば半額程度で買えることも夢ではありません。

店頭で購入するデメリット

店頭で購入する場合、大きなデメリットはありません。
強いて言うならが、店舗に行く必要があるくらいでしょうか。

近くに取扱店がある場合には、キャンペーンをうまく使いこなして購入しましょう。

一番おすすめの購入方法は?

ネット購入でも、店頭購入でも、お得なキャンペーンが開催されている場所・時期に購入するのが、一番賢い方法です。

ただ、2019年9月現在はQRコード決済(バーコード支払い)の覇権争いで、20%オフ等のキャンペーンが連発しています。
そのため、うまくキャンペーン開催時期に合わせて、店頭で購入するとお得です。

皮算用となりますが、割引率のシミュレーションを。

1.Yahoo!ショッピングで5のつく日キャンペーンでネット購入した場合

  • プレミアム会員&キャリアスマホ優遇(10%) + ハピタス経由(1.5%[19/9現在]) + Yahoo!カード決済(2%) + 5のつく日キャンペーン(4%)= 約17.5%

2.ビックカメラの店頭でd払い20%キャンペーン中に購入した場合

  • d払い決済(20%) + ビックカメラポイント(8%)+ LINEショッピングGO(0.5%) = 約28.5%

いずれもその時・その場所で開催されているキャンペーンにより、割引率が大きく変わり、この方法がお得!と断言することは難しいです。
しかし、ハピタス経由でのお買い物や、LINEショッピングGOに関しては、常にポイントの二重取りが狙るため、意識していると賢くお買い物が可能です。

また、ネット購入でも店舗購入でも「期間限定ポイント」の消費が可能です。
例えば・・

  • 楽天Pay = 楽天期間限定ポイントの消費
  • Yahoo!ショッピング = 期間限定Tポイント または PayPayライトの消費
  • d払い = 期間限定dポイントの消費

期限が近いポイントがあれば、それを消費するにECサイトで購入するのも一つの手です。

まとめ

イニシャルコスト(初期費用)とランニングコスト(維持費用)がかかるソーダストリーム。

この方法で購入するとお得!と断言することは難しいですが、「公式サイトにて[銀行振込]または[代引き]で購入」という方法よりは、お得な方法をいくつかご紹介させて頂きました。

やはり「今お得なキャンペーンの波に乗る!」というのが賢いお買い物方法ですね。

ちなみに私が使っているソーダストリームは「ジェネシスv2」という古い型。
2019年9月現在販売されている上級モデルは3万円越えなので、キャンペーンの波に乗って新調しようかな・・。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました