docomoの中古SIMロック解除の44678エラーが大幅に減少した模様。

携帯・スマホ

docomoでは2019年2月より、docomoのポータルサイト「My docomo」にて無料のSIMロック解除を提供しています。

この無料のSIMロック解除を利用するにあたり、同じ端末(型番)でもSIMロック解除が出来る端末と、出来ない端末がありました。

この中古SIMロック解除がマイナーチェンジを行い、今までSIMロック解除が出来なかった端末でも解除コードが発行できるようになりました。

指定された端末では、SIMロック解除のお手続きは出来ません。(44678)

2019年11月中旬以前は、SIMロック解除対象機種(2015年5月以降の発売)にも関わらず、このようなメッセージが表示される場合がありました。

通称「44678エラー」です。

この場合にはわざわざdocomoショップに足を運ばなければならず、また必ずしもSIMロック解除コードが発行できるわけではないため、かなりの手間が発生していました(詳しくは冒頭で紹介している「docomoの中古スマホSIMロック解除に失敗、SIMロック解除対象機種なのにエラーが出る理由」をご確認ください)。

44678エラーが解消された?

My docomoでSIMロック解除コードの発行が必要な場面があり、いつものようにSIMロック解除コードの発行をしていました。

すると・・・

赤枠表示部分の「※表示している機種名は実際の機種とは異なる場合があります。」という表示が追加されていました。

確かに入力したIMEIは「SO-01J」の「シルバー」で、画面に表示されているのは「ブラック」です。

なんか仕様が変わったのかな?という疑問の元、ダメ元で過去に「44678エラー」が発生した端末のSIMロック解除コードを発行してみると…

なんと発行ができた!これはありがたい…。

仕事で使用していた「SH-04H 4兄弟」がすべて「44678エラー」端末だったのですが、4台すべてSIMロック解除コードが発行できました。

44678エラーが発生するのはどんな端末?

今までの経験上、44678エラーが発生するのはdocomoショップ非経由で購入された「購入日が特定できない端末」が大半です。

例えば法人の一括買い上げ品だったり、リース上がり品だったり。

これらがB to B市場を通じ、ヤフオクやメルカリに流れ、個人の手元に渡ったときに「44678エラー」が発生する、というのが大まかな流れです。

決して不良品なわけでも、利用制限端末でもないのですが、出元がちょっと特殊な端末なのです。

auとSoftbankのSIMロック解除は?

auとSoftbankはdocomoのような無料でSIMロック解除コードを発行できる仕組みを用意していません。

店頭受付で、かつ手数料(3,000円+税)を支払う方法しかないのです。

詳しくは別記事で説明していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

おわりに

この記事で言いたいことは下記の2つです。

  • 過去に44678エラーでSIMロック解除を諦めていた人は、再度発行手続きをしてみてください。解除コードが発行できる可能性が非常に高いです。
  • auとSoftbankはdocomoを見習って、Web無料SIMロック解除の仕組みを確立してほしい。

My docomoを利用したSIMロック解除コードを利用している大半の人は、おそらく中古白ロム端末の購入者です。

そもそも、中古端末のSIMロック解除コード発行の仕組み自体が、中古市場活性化が目的泣く泣く開放されたものですしね。

全て推測でしかありませんが、B to Cで流れた端末を入手する人が多く、想定より「44678エラー」への問い合わせが多かった。
そのため解除コード発行の条件を緩和した、という流れなのでしょう。

条件の緩和はエンドユーザにとってはメリットしかなく、さらなる中古端末市場の活性化に期待しています。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました