スポンサーリンク

【5インチ以下】小型のXperiaが欲しい!コンパクトモデルのおすすめ3選。2022年最新。

携帯・スマホ

日本ではスマートフォンと言えばiPhoneという風潮がありますが、私はAndriod派です。
さらにAndroidの中でもソニーが販売しているXperiaシリーズ、しかもコンパクトモデルをずっと使っています。

コンパクトモデルを使っている理由としては

  • 自分の手が小さめなので操作しやすい
  • ポケットにすっぽり入る
  • 重くない

などの理由があるのですが、最近はコンパクトなXperiaが発売されずに困っています…

タロウ
タロウ

本ページでは液晶サイズが5インチ以下のXperiaに焦点を絞り、オススメ機種をまとめています。

スポンサーリンク

コンパクトなXperiaは中々ない

最近はスマートフォン全体のトレンドが「大画面」です。
なのでXperiaもそれにならって大画面モデルが主流となっています。

この流れはまだ続くと見られており、コンパクト派の人にとっては非常に肩身が狭い状況です。

実際にメジャーなメーカーから2021年に発売されたスマートフォンを調べてみても、5インチ以下の端末は4機種ほど。
残りは全て5インチ超で、6インチ越えのスマートフォンもかなり多い状況です。

肝心のXperiaも2020年〜2021年に5インチ以下のスマートフォンを発売した実績がなく、2019年が最後となっています。

このようにXperiaのコンパクトスマートフォンは選択肢が非常に少ないのですが、全くないというわけではありません。

スポンサーリンク

5インチ以下のおすすめ機種3選

2022年現在、数少ない5インチ以下のXperiaスマートフォンでまだまだ現役で使えそうなのは次の3機種です。

Xperia Ace(SO-02L)

発売日:2019年6月1日、液晶5インチ、RAM:4GB、ROM:64GB メーカーHPはこちら

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥31,680(2022/10/01 19:43:48時点 Amazon調べ-詳細)

Xperia Aceは2019年発売のモデルですが、Xperiaで最後に発売された5インチ以下のスマートフォンです(2022年1月22日時点)。

本機種は主にdocomo(SO-02L)・楽天モバイル・IIJmio・mineoが販売元となっており、本記事時点ではmineoでしか新品を入手することは出来ません(他は販売終了)。
またブラックは在庫切れだったので、ホワイトも現品限りだと思われます。

価格は一括で27,720円、分割(24カ月)で1,155円/月です。
機種を購入するにはmineo回線を契約する必要がありますが、既に契約済みの人は端末だけを追加購入することも出来ます。

mineoはdocomo・au・Softbankの3回線から選べ、1GB880円〜と非常にコスパがいい格安SIMです。端末目当てだけではなく、通常使用にもおすすめな通信会社です。

mineo(マイネオ)

新しく回線契約をしたくない場合は、中古市場で新品または中古の白ロムスマホを探すしかありません。

本記事作成時点の中古相場は1.5万円〜2万円ほどのようです。

Xperia XZ2 Compact(SO-05K)

発売日:2018年6月22日、液晶5インチ、RAM:4GB、ROM:64GB メーカーHPはこちら

Xperia XZ2 Compactは2018年発売のモデルで、主にdocomoが販売元のSO-05Kという型番で流通しています。
背面のアーチを初めとした、ぽってりとしたボディが特徴です。

現在はdocomoで販売が終了しているため、中古市場で新品または中古の白ロムスマホを探すしかありません。

本記事作成時点の中古相場は1万円〜1.7万円ほどのようです。

Xperia XZ1 Compact(SO-02K)

発売日:2017年11月17日、液晶4.6インチ、RAM:4GB、ROM:32GB メーカーHPはこちら

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥34,980(2022/10/01 19:43:49時点 Amazon調べ-詳細)

Xperia XZ1 Compactは2017年発売のモデルで、主にdocomoが販売元のSO-02Kという型番で流通しています。
液晶サイズは4.6インチで、この液晶サイズのXperiaはこの機種以降は発売していません。

現在はdocomoで販売が終了しているため、中古市場で新品または中古の白ロムスマホを探すしかありません。

本記事作成時点の中古相場は1万円〜1.5万円ほどのようです。

スポンサーリンク

いずれもハイスペックモデルではなく、最新バージョンに対応していない

上記で紹介した4機種はいずれも5インチ以下のコンパクトモデルの中ではおすすめなのですが、いずれもハイスペックモデルではありません。

1番新しいXperia Aceでも解像度が高いゲームをするには若干スペック不足です。
もちろん電話をしたりLINEやYoutubeを楽しむ程度には利用できますが、負荷がかかりすぎる使い方をするには向きません。

またいずれの機種も本記事作成時点の最新OSであるAndroid11には非対応です。
Xperia AceもAndroid10までのサポートとなります。

古いOSは脆弱性が発見されても完全にサポートされるわけではありませんので、セキュリティにすごく気を使われている人はXperiaのコンパクトモデルはおすすめ出来ません。

タロウ
タロウ

最新モデルで5インチ以下が発売されればいいのですが…最近の傾向を見ていると期待は薄そうです。

おわりに

最近のスマホの主要トレンドはなんと言っても大画面です。
特に6インチを超えるモデルが多く、ソニーモバイルのXperiaも2020年・2021年は5インチモデルの販売はありません。

コンパクト派には厳しい時期ではありますが、ハイスペックを求めなければXperia Aceを初めとした機種がまだまだ現役で使えます。

ただスペック面・セキュリティ面の両方でそろそろ厳しくなりそうなので、2022年には是非コンパクトモデルの新製品発表があることを祈るばかりです。

Pocket
LINEで送る

タロウ
タロウ

読めばいつか得するかも…?な当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

格安SIMが普及している昨今ですが、数あるプランの中で今1番お得と言われているのがLINEMOです。

LINEMOでは2023年1月末までの期間限定で、最大8カ月無料という大盤振る舞いなキャンペーンを行っています。

LINEMO

キャンペーン内容をざっくりと説明すると

  • 新規またはMNP(番号乗り換え)で
  • ミニプラン3GB/990円を契約した人が対象。
  • 毎月990円相当のPayPayポイントを
  • 8カ月プレゼント(実質8カ月無料
  • その後の解約違約金はなし(いつ解約しても無料)

という素晴らしいキャンペーン内容です。
ソフトバンク系からのMNPは対象外ですので、それだけご注意を。

キャンペーンページより抜粋
タロウ
タロウ

MNPだけではなく、新規でも8カ月無料はかなり強いです!

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
携帯・スマホ
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました