【実体験】auのXperiaがSIMロック解除できない!?「更新に失敗しました」の原因と対策まとめ。

au

先日縁あって中古のSOV33を白と黒1台ずつ、計2台を安く入手することができました。

SOV33はauの端末ですが、他社のSIMを使いたかったため早速SIMロック解除をしようと思いましたが、なにやら「更新に失敗しました」というメッセージが…。

本ページではauのXperia端末のSIMロック解除についてまとめています。

auのSIMロック解除事情

auでは2019年9月から、ヤフオク・メルカリ・ゲオ等で購入した自分が契約していない中古端末のSIMロック解除を開始しました。
このSIMロック解除はauショップで受け付けており、SIMロック解除手数料として3000円 + 消費税が発生します。

また2020年4月からはauのポータルサイト「My au」にて無料のSIMロック解除を提供しています。
詳しくは別記事でまとめていますので、よろしければ合わせてご確認ください。

今回入手したSOV33の2台もMy auからSIMロック解除を申請したのですが、白のSOV33がSIMロック解除に失敗してしまいました。

SIMロック解除をしようと試みたが…

Mu auから無料SIMロック解除を申請後、早速SIMロック解除をしてみることに。

設定画面から「端末情報」→「SIMのステータス」→「SIMカードステータス」を表示します。どちらも「許可されていません」と表示されているので…

更新すると左側がSIMロック解除に成功、右側が「更新に失敗しました」というエラーメッセージが表示されます。

ソフトバンクのSIMを挿入していたのですが、左側はソフトバンクの電波をキャッチしています。
右側は失敗しているため、SIMカードの電話番号さえ読み取っていません。

更新に失敗する理由はなんのか、1つずつ手違いがなかったか確認してみます。

確認1.SIMロック解除申請をしているか

まずはSIMロック解除申請が本当に行われているかを確認しましょう。

My auのSIMロック解除申請画面でIMEIを入力し、下の画像のように「SIMロック解除を受付済みの端末です。」と表示されればOKです。

SIMロック解除の申請直後は「更新に失敗しました」というメッセージが出ることが多いですが、体感では数分でSIMロック解除を行えます。

確認2.他社のSIMカードを挿入しているか

auのSIMロック解除はdocomoやSoftbankと違い、「SIMロック解除コード」というものが存在しません。

「SIMカードステータス」画面にてSIMロック解除条件を更新するには端末に「他社のSIMカード」を挿入している必要があります。

確認3.Wi-Fiに接続しているか

auのSIMロック解除はWi-Fi接続環境下でのみ行えます。

Wi-Fi接続していない・Wi-Fiが非常に不安定な場合には更新に失敗することもありますので改めてご確認ください。

確認4.ビルド番号の要件を満たしているか(SOV33、SOV34等)

auの一部端末ではSIMロック解除を行うために「ある一定のビルト番号」を満たしている必要があります。
今回SIMロック解除を行おうとしたSOV33が正にこれが理由でした。

auのSIMロック解除対象端末一覧を見てみると、SOV34とSOV33に(注)の文字が。

内容を見てみると…

「ある一定のビルト番号のアップデートしてなければSIMロック解除に対応しない」という注意書きがありました。

今回SIMロック解除に成功した黒のSOV33はこのビルド番号を満たしていました。
逆に失敗した白のSOV33はビルド番号の条件を満たしていませんでした。
私の場合はこれが更新に失敗した理由であることが判明しました。

ソフトウェアアップデートができない!

ビルド番号の条件を満たしていないことがわかったので、ソフトウェアアップデートを実施します。
Androidのバージョンによって手順は異なりますが、設定画面のどこかにソフトウェア更新メニューがあります。

早速ソフトウェアアップデートを行おうとしましたが、私の場合は何回やっても更新に失敗してしまいます。

アップデート内容のダウンロードは正常に行われるのですが、インストール途中に再起動してしまい、「更新に失敗」という表示が…。

仕方ないので別の方法を試してみることに。

Xperia Companionでソフトウェア更新してみる

SOV33、ひいてはXperia端末にはパソコンで動作するXperia CompanionというPCソフトがあります。

スマホ単体でソフトウェアアップデートが失敗するため、スマホをパソコンにUSB接続し更新を試してみます。

画面左側の「ソフトウェア更新」をクリックして

ソフトウェア更新を行います。

あとは道なりに進んでいくだけです。

更新の進捗を示すメーターが順調に進んでいき、問題ないかなと思った矢先…
更新エラーが発生しました。エラーコードが表示されていますが、全く意味がわからない。

Xperia Companionでソフトウェアの修復をしてみる

ソフトウェアの更新が失敗したので、次は「ソフトウェアの修復」を試してみることに。
メニュー上段の左から2番目の項目です。

難しい選択肢はなく道なりに進んでいきます。

順調にダウンロードが進んでいましたが…

やっぱりエラーが発生。修復なのにエラーが発生するってどういうこと〜って感じではありますが、何かが悪いんでしょう。何かが。

ソニーに問い合わせてみる

ビルド番号をアップデートできなければSIMロック解除ができないので、まずはソニーに問い合わせをしてみます。
ソニーにはチャットで問い合わせできるサービスがありますので、それを利用しました。

SIMロック解除云々という話をするとauショップ案件かなと思い「Xperia Companionでソフトウェアの修復が出来ないのですが…」という問い合わせをしてみることに。

カスタマーサポートの方はとても丁寧に対応していただけましたが、結局はauショップ経由でソニーの工場に端末を送ることになりました。

auショップにて取次ぎをしてもらう

ソニーのカスタマーセンターに言われた通り、auショップに端末を持参してお伺いすることに。

「auの契約はない」と伝えると微妙な反応をされましたが、ソニーのカスタマーセンターにこんなことを言われて…と言うと、対応してもらえました。

auショップでは簡単な聞き取りを行い、ソニーへの「修理取次」という手続きをしてもらいました。

注意事項としては、以下の場合は有償修理もしくは修理不可になると言われました。

  • 明確な不具合がある場合はその箇所を有償修理してからのアップデートになる(水没反応・外装のヒビ割れ・腐食等)
  • 内部に改造・改竄がある場合は修理不可

auショップから戻ってきたら…

後日、auショップから「預かった端末がソニーから戻ってきたので取りに来て〜」と連絡がありました。

事前にauショップから聞いていましたが、今回は明確な不具合がなく、無事にソフトウェアアップデートが行われました。
外装がボロボロな端末だったので不安でしたが、無料で対応してもらえて良かったです。

戻ってきた端末がこちら。

Androidバージョンが6.0.1→8.0.0にアップデートされているのと、ビルド番号が想定していたものよりも最新のバージョンに更新されていました。

この状態で早速SIMロック解除手続きをしてみましたが、無事成功。
ソフトバンクSIMが使えるようになり万々歳です。

auショップでSIMロック解除をするという選択肢も

今回は無料でアップデートしてもらえましたが、状態によっては有償修理が発生することも。
不具合箇所にもよりますが、5000円以上、箇所によっては1万円以上かかることもザラです。

もし1万円程度の有償修理になり、それほどお金をかけてまでSIMロック解除をしたくないな…ということだったら「auショップでSIMロック解除をする」という選択肢もあります。

auショップでのSIMロック解除はパソコン経由で行う特殊な解除方法です。
auショップの店員さん曰く「ビルド番号は関係なく行うことができる」とのことなので、3000円 + 消費税を払ってでもSIMロック解除をしたい場合にはオススメです。

おわりに

今回は運良く無料でSIMロック解除まで漕ぎ着けることが出来ました。
ソニーの方、auショップの方のおかけです。

結局こちらの環境でソフトウェアアップデートが失敗した理由はわかりませんでしたのでちょっとモヤモヤしますが…目的は達成できたので良かったです。

今回のようにビルド番号が原因でSIMロック解除が出来ないのは一部のソニー・京セラ・サムスン機種となります。
傾向としては2018年以降に発売の比較的新しい機種はビルド番号の条件がなくSIMロック解除できるようです。

au端末でSIMロック解除が出来ない人のお役に立てば幸いです。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
au 携帯・スマホ
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました