PayPayフリマのAndoird版がリリース!カテゴリ検索ができない?iPhone版との違いは?

PayPay

事前アナウンス通り、2019年10月末にAndroid版のPayPayフリマアプリがリリースされました。

PayPayフリマは2019年10月7日にiOS版が先行リリースされており、約半月遅れての公開となります。
PayPayフリマの基本情報は下記記事をご確認ください。

本ページではAndoird版とiOS版アプリの違いと、噂の「カテゴリー検索ができない」事象についてまとめています。

はじめに

本記事は2019年11月3日時点のバージョンで記事を作成しています。

  • iOS版:バージョン 1.0.4
  • Android版:バージョン 1.0.2

すでに仕様変更等が行われている可能性がありますので、記事と一部一致しない内容となる場合があります。予めご了承ください。

Andoird版とiOS版の違い

左がiOS版、右がAndroid版です。

若干の違いはありますが、基本的な項目・動作は同じです。
(同じアプリなので当たり前ではありますが)

ですが下記に一部違いがありました。

非表示にした商品機能

マイページ下部のメニューに若干の相違がありました。

左がiOS版、右がAndoird版です。

iOS版には「非表示にした商品」というメニューが存在していますが、Android版にはありません。

2019年11月3日現在では「商品を非表示にする」という機能はありませんため、将来的に実装される可能性を示唆しています。

カテゴリ検索・ブランド検索ができない?

「さがす」画面、左がiOS版・右がAndoird版です。

iOS版にはある「カテゴリから探す」と「ブランドから探す」がAndroid版にはありません。

一見するとAndroid版ではカテゴリ検索等ができないのかと思いきや・・

検索結果画面の右上の「絞り込み」をタップし、

カテゴリまたはブランドで検索をすることが可能です。

なぜiOS版と同じ画面にしなかったのか疑問が残りますが、2019年11月3日現在ではこのような手順でカテゴリ検索・ブランド検索が可能です。

上記のように「絞り込み」からのみカテゴリ検索・ブランド検索が可能なので、Android版ではキーワード指定なしでカテゴリ検索が出来ません。
これはかなり致命的です。

Google Playのレビュー欄ではこの仕様に対する不満が散見されます。

おわりに

個人的にもこのカテゴリ検索の仕様はいかがなものか、と思い本記事を作成するに至りました。

iOS版で実装されているので比較的早めに修正が入るとは思いますが、一応絞り込みで検索ができるので、周知の意味も込めた記事となります。

リリースされて間もないこともあり、まだまだアクティブユーザが少なく、メルカリに比べてモノの売れ行きが悪い印象です。

ただ、提供元が圧倒的資金力を持つヤフーなので、大型キャンペーンも含め、これからの利用者拡大に期待です。

また2019年12月25日まで、PayPayフリマで20%還元キャンペーンを開催していますので要チェックです。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました