【実体験】メルペイスマート払いで滞納してしまったお話(旧メルペイあと払い)。支払わないとどうなる?

※2019年10月30日に「メルペイあと払い」が「メルペイスマート払い」に名称変更されるアナウンスがありました。
本ページでは「メルペイスマート払い」に統一します。

メルカリの売り上げをメルカリ内だけではなく、リアル店舗でも使用できるようになったのは記憶に新しいですよね。

そうです、メルペイの導入です。

コード支払いだけではなく、iD支払いでメルペイ決済が出来るため、大変重宝しています。

また、メルペイは「あと払い」決済の追加により、メルペイ残高が0でも支払いが出来るようになりました(メルペイスマート払い)。

本ページではこの「メルペイスマート払い」を利用し、支払いを滞納してしまった場合、どうなってしまうのかを実体験を交えてご説明します。

メルペイスマート払いを利用した理由

メルペイでは「メルペイスマート払い」普及のため、2019年8月頃に「あと払い決済金額の50%をポイント還元」という超大盤振舞いな企画を開催していました。

上限額は低いものの、お得でしかないキャンペーンだったため、私と妻、2名義分のメルカリアカウントで本キャンペーンに参加しました。

無事50%分のポイントが付与され、大変お得な恩恵を受けることができました。

しかし・・・

滞納が発覚

私のアカウントでは、8月メルペイスマート払い分の清算ができる9/1にすぐ清算をしました。

返済方法にもよりますが、メルペイポイントまたはメルペイ残高での清算だと手数料がかかりません(一番上の明細参照)。

問題は妻のアカウントで行った「メルペイスマート払い」。

お恥ずかしい話ではありますが、清算をすっかり忘れてしまい、支払い期限を経過してから半月もの間、放置してしまいました。

上が妻からのLINEなのですが、妻にメルペイ決済を勧めたのは私で、妻は「あと払い」をしているなんて記憶はすっかり抜けている状態。

メルカリからしつこく通知が来ていたのですが、うるさいな〜程度ですぐに通知を削除していたようです。
たまたま通知の内容をチェックすると、ようやく「滞納状態である」ことが発覚しました。完全に私の管理不足です。

支払い開始から清算までの流れ。どんな通知(メッセージ)が届くのか。

せっかく(?)なので、清算可能期間の開始から、滞納が発覚し清算するまでに、どのような通知が届いていたのかを整理します。

清算可能期間の開始

今回は8月分をメルペイスマート払いしたので、9/1から清算が可能となり、その旨のメッセージが9/1に届きます。

清算期限の通知

返済期限が迫ってくると(今回の場合は月中と月末)、その旨の通知が届きます。

清算期限最終日の通知

支払い期限の最終日の朝にも、本日までに支払いを〜という旨のメッセージが届きます。

返済期限が過ぎた翌日から、制限が入ります

支払い期限が過ぎた次の日の夜中と朝方に、計2回の通知がありました。
この時点で「メルペイスマート払い」が利用できなくなります。
通常のメルペイ決済は可能です。

具体的な制限が開始されるのはこの日からです。
メルカリを利用をしていなく、売上金が0だったため、清算に当てられずに滞納をし続ける状態となっています。

お支払いが確認できなかったため、下記の対応を行っております。
・売上金をお持ちの場合、売上金をお支払いに充当しています
・お支払いが確認できるまで、メルペイスマート払いがご利用できなくなっています
・今後取得された売上金をお支払いに充当させていただきます

■支払い金額 : 4,389円

■ご利用月 : 8月

5日を過ぎると更なる制限のアナウンスが

滞納5日目の10/5には、10/11からメルカリおよびメルペイの購入が一切できなくなる制限がアナウンスされます。

メルカリの売上は清算に当てられるため、出品の制限はないようです。

【2019/10/10(木)】までに清算が確認できない場合、メルカリ、およびメルペイでの購入が制限されます。

購入制限前日にも通知がきます

次の日からメルカリおよびメルペイでの購入が出来なくなるという通知が届いていました。

また、代金の回収を第三者に委託する可能性や、遅延損害金、電話や書面での連絡、という今までと比べて強い表現がされている箇所が多くなります。

また、今後もお支払いが確認できない場合、下記の対応を行う場合がございます。
・未払い商品代金、手数料等の回収を第三者に委託することがあります
・年率14.6%の遅延損害金を請求することがあります
・お電話または書面でお支払いのご案内をすることがあります

購入が制限されました

再三の通知があったにも関わらず滞納してしまったため、購入が制限されました。

これ以降メルペイでの決済はしていませんが、メルペイのコード支払いをはじめ、iDでのメルペイ支払いも出来なかったものと思われます。

滞納発覚、すぐに清算を

滞納から15日目、ここでようやく滞納していることが発覚しました。

すぐに近くのローソンでLoppiを操作し、清算するための伝票を発行しました。

支払いをしたのが11:00をちょっと過ぎた頃だったのですが、レジで清算した数分後に制限解除の連絡が。

テスト的にメルペイのコード支払いを行ったのですが、問題なく決済が出来ました。

清算から制限解除までは自動化されているようで、大変素早い対応でした。

最悪の場合どうなる?

今回は支払い期限が過ぎてから15日後ということもあり、電話や書面での連絡もなく、コンビニの決済手数料300円がかかっただけで済みました。

これがもっと長引くと、通知でも来ていたように「第三者機関」からの取り立てや、「年率14.6%の遅延損害金」という余計な出費が発生します。

また、「滞納した」という事実は「信用情報機関」に登録される可能性があるため、1度登録されてしまうと1年〜5年程度は「カードの審査や住宅ローンが通りにくくなる」などの実害が発生する可能性があります。

「信用情報機関」への登録が実際に行われるかを検証するのは難しいですが、十分に考えられる措置です。

※別記事にて滞納後に信用情報に傷がついてないか検証してみました。

メルペイスマート払いは推奨しません

滞納してしまったから、というわけではありませんが、基本的に「あと払い」は常用すべきではありません。

もし「あと払い」を利用したければ、同じ効果をもつ「クレジットカード」払いをオススメします。

カードによってはポイントが付きますし、いつも使っている口座から引き落としてくれるため、「清算」という手間が省けます。

おわりに

お恥ずかしながらメルペイスマート払いを滞納してしまったので、注意喚起の意味を込めた記事となります。

今回は意図せずの滞納となりますが、お金がなくて滞納している人は、滞納中でもメルカリの出品制限がかからない(購入制限はかかります)ので、信用情報に傷がつく前に、身近なものを売って清算に当てましょう。

また、あと払いを利用するのはもちろん悪いことではありませんが、常用するのは出来るだけ避けましょう。

また、これからメルカリを使う人は登録時に是非下記の招待コード使ってやってください。
あなたと私に300ポイントが入ります。

DXZBEB

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です