切手の交換手数料は切手で払える!高額切手の使い道はこれに決まり。

日本郵便・ゆうちょ

みなさんの家に不要な切手は眠っていませんか?

切手は郵便局に持っていけば「はがき」「レターパック」「別額面の切手」等に交換することが可能です。

そして、切手の交換には「交換手数料」がかかるのですが、実はこの「交換手数料」を切手で支払えるのはご存知ですか?

本ページでは切手の交換手数料を、切手で支払う方法についてまとめてみました。

切手の交換手数料

切手の交換手数料は、切手1枚につき「5円」がかかります。

この「5円」の手数料は切手で支払うことが可能です。

また交換切手の端数を充当することも可能です(下記で説明します)。

具体的な交換例

2019年10月1日より、定形郵便が「82円」→「84円」に値上げされたのを受け、「2円」切手が100枚欲しかったので、実際に交換をしてきました。

その1

こちらが出す切手は「205円」切手1枚です。
これを「2円」切手100枚と交換してもらいます。
端数が5円余りますが・・・

交換手数料は5円(205円切手1枚分)になりますので、余った端数を交換手数料に充当することが出来ます。

下記レシートの赤線部分で充当されていることが確認できます。

無事に2円切手のシートを入手することが出来ました。

82円切手が大量にあるので、無くなるまでは2円切手を足して貼るのがちょっと手間です・・。

その2

上記の例では交換切手の端数を手数料に充当しましたが、別途切手で支払うことも可能です。

「2円切手を100枚」交換したい場合には

  • 200円切手 1枚
  • 5円切手 1枚(交換手数料分)

で交換が可能です。

交換したい切手の枚数に対して「1枚5円」の手数料がかかるため、手数料を支払う切手に対しての手数料(ややこしい)はかかりません。

なので下のような交換の仕方も可能です。

  • 200円切手 1枚
  • 1円切手 5枚(交換手数料分)

使い道が困る(?)1円切手を気持ちよく使うことが出来ますね。

その3

先述した通り、交換したい切手1枚につき5円の手数料がかかります。
交換したい切手が増えれば増えるほど、交換手数料は増えます。

100円切手が2枚あり、「2円切手を100枚」交換したい場合には

  • 100円切手 2枚
  • 10円切手 1枚(交換手数料分)

これで交換が可能です。

上の画像のように、通常切手でなくとも交換が可能です。
古くなって裏の糊が無くなっていても交換してくれますし、交換手数料に充てることが可能です。

切手で交換できるもの

切手は下記のものに交換が可能です。

  • 通常切手
  • 年賀はがき(販売期間内のみ)
  • 通常はがき
  • 郵便書簡
  • レターパック封筒
  • スマートレター封筒

これからの時期、年賀はがきに交換できるのは大変ありがたいですね(2019年11月18日時点)。

高額切手は交換がオススメ

しつこいようですが、切手の交換手数料は1枚につき5円かかります。

ここまで読んで勘の良い方なら気づいたかもしれませんが、高額切手は少ない手数料で交換をすることできる、優秀な切手なのです。

例えば「1000円切手」や「500円切手」など、普通に使うにはちょっと使い所に困りそうな高額切手は、年賀はがき等と交換をしましょう。

例えば1000円切手を年賀はがきに交換したい場合には、

  • 1000円切手 1枚
  • 8円分の切手(現金でも可)

で「16枚」の年賀はがきに交換することが可能です。

おわりに

切手の交換手数料を切手支払える、ということをご存知ない郵便局員さんもたま〜にいらっしゃいます。

手数料支払い分の切手にまで手数料(5円/1枚)を請求されたことも1回だけですが、経験があります。
(5円切手で手数料を支払っていたので、堂々巡りになって困っていました)

家に切手が眠っていて使い道がない・高額切手をどう使ったらいいかわからない、という方がいましたら、是非郵便局で交換をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
日本郵便・ゆうちょ
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました