スポンサーリンク

【移行してみた】ヤフーカード終了でTポイントを移動する手順まとめ。Tマネーは移行できない?失効はいつまで?

キャッシュレス

ヤフー系サービスはかねてからTポイントとの連携を強めてきましたが、PayPayの普及拡大に伴い、Tポイントとの提携を続々と解除しています。

その流れの一環でヤフーカードも廃止となり、PayPayカードへ生まれ変わります。

ただのカード切り替えであればいいのですが、問題はTポイントです。
ヤフーカードにはTカードとしての機能が備わっていますが、PayPayカードにはTカード機能がありません。

なのでそのまま放置しておくと、ヤフーカードのTカード機能に紐づくTポイントおよびTマネーは消滅してしまいます…

そのためヤフーカードのTカード機能を使っている人は、貯まっているTポイントを「使いきる」もしくは「移行する」必要があります。

タロウ
タロウ

本ページではTポイントを移行する手順をまとめています。
今回はヤフーカードの廃止によってポイント移行をしますが、移行手順自体は「ヤフーIDに紐づけるTカードを変える」というものなので、ヤフーカードを持っていない人でも参考になる内容です!

スポンサーリンク

いつまでに移行したらいいの?

ヤフーカードを持っていない人はここを読む必要はありません。

まずは「ヤフーカードのTポイントをいつまでに移行したらいいの?」という疑問ですが、これは人によって異なります。

ヤフーカード保有者は自動的にPayPayカードへの切り替えが順次行われます。

TポイントおよびTマネーが失効してしまうのは、ヤフーカードの利用停止が行われるタイミングです。
ヤフーカードの利用停止はPayPayカードの到着月の2ヶ月後になります。

PayPayカードの発送は2022年4月〜2022年12月にかけて順次行われますので、

  • 【最短】:2022年4月PayPayカード到着、2022年6月ヤフーカード利用停止(Tポイント失効)
  • 【最長】:2022年12月PayPayカード到着、2023年2月ヤフーカード利用停止(Tポイント失効)

というスケジュールになります。

そこで気になるのが

じゃあ自分のPayPayカードはいつ発送されるの…?

という点ですが、これはヤフーカードの切り替えページで確認ができます。

これは私の発送スケジュールです。
これはどうやら誕生月によってスケジュールが組まれているようで、私は遅くとも2022年6月中にTポイントを移行する必要があるようです。

面倒なことは早めに片付けてしまいたいので、早速Tポイントの移行をしてみました。

スポンサーリンク

実際にTポイントを移行してみた

ここではヤフーIDに紐づくTカード(私の場合はヤフーカード)を、違うTポイントカードに変更します。

移行完了までの手順は全部で3つです。

  1. Tカードをゲットする
  2. ヤフーJAPAN IDに紐づくTカードを変更する
  3. Tポイントの移行手続きをする

順番に1つずつ見ていきましょう。

手順1.Tカードをゲットする

まずは新しいTカードを準備しましょう。

ヤフーカードの廃止に伴い、以下のいずれかのTカードを用意する必要があります。

  • 通常Tカード
  • クレジットカード機能付きTカード
  • Tカードモバイル

この中でオススメなのが「通常Tカード」です。

クレジットカード機能付きTカードは今回のヤフーカードのように、廃止のリスクがあります。またTポイントを移行するのは面倒ですよね…。

Tカードモバイルは手軽に発行できるので便利なのですが、Tカード番号が確認できない不思議仕様のため、例えばポイント移行やキャンペーン参加のときに面倒な場面があるケースが想定されます。

このような理由から、今回は通常Tカードを準備しました。私はカメラのキタムラさんで貰いました。

Tカードは

  • TSUTAYA
  • ウェルシア
  • ENEOS
  • カメラのキタムラ
  • アシックス
  • 眼鏡市場
  • オートバックス

などの実店舗で発行ができます。どこでTカードが発行できるかは、公式HPで確認ができます。
ちなみにファミリーマートでは新規発行はしておりませんのでご注意ください。

なおネットでも発行することが出来ますが、送料や手数料がかかりますのでオススメしません。

手順2.ヤフーJAPAN IDに紐づくTカードを変更する

Tカードを準備したら、早速オンライン上で変更手続きをします。
まずはヤフーJAPAN IDに紐づくTカード番号を、新しく用意したTカードに変更する必要があります。

変更はTカードポイント移動手続きというサイトからできます。

サイトを見てみるとポイントの移行はA・B・Cの3パターンがあるようですが、今回はヤフーIDに紐づいたTカードを変更したいので、Aパターンを選択します。

「Aパターンの方 手続き開始」というボタンを選択し、Tカードを変更したいヤフーIDでログインをします。

変更したいTカード番号と文字認証を入力し、次へを押します。

新しいTカードの利用者情報を登録します。これは事前に登録している場合には省略されるかもしれませんが、今回はまっさらなTカードだったので改めて入力をします。

名前・住所・電話番号などの入力が終わったら「規約に同意して登録する」を選択します。

これでヤフーJAPAN IDに紐づくTカードの変更が完了しました。
次はTポイントの移動を行います。
続けて作業する人は画面下部の「続けて、ポイント移動を実施する」を選択してください。

手順3.Tポイントの移行手続きをする

次にTポイントを移動します。
手順2からの続きで作業をしていない人はこちらがTカードポイント移動手続きページとなります。

まずは移動元のTカード番号を入力します。私の場合はヤフーカード下部に記載があるTカード番号を入力しました。

文字認証を入力して、「移動先Tカード番号の入力」を選択します。

次は移動先Tカード番号を入力します。私の場合はカメラのキタムラさんで貰ったTカードの番号を入力しました。
文字認証を入力し、「電話によるご本人さま確認」を選択します。

Tカードでお馴染みのナビダイヤルによる本人認証を行います。お金がかかるので本当に嫌ですよね…。
「番号が確認できました」のガイダンスが流れたら、「ポイントを移動する」を選択します。

以上でポイントの移行手続きは完了です。思ったより簡単でした。

念のため移行後のTカード番号を確認する

念のためヤフー側から、紐付けTカードが正常に変更されているか確認をしておきましょう。

ポイント通帳というページを開き、「利用者情報(外部サイト)」を選択します。

するとTポイントの利用手続き状況が確認できるので、この中の「Tカード番号登録」の下4桁が新しいTカード番号になっていることを確認しましょう。

以上でTポイントの移行は完了です。
しつこいようですがこの手順をヤフーカードが利用停止になる前にやらないと、Tポイントが失効してしまいますのでご注意ください。

スポンサーリンク

️Tマネーはオンラインでは移行できない

Tカードには「Tポイント」と「Tマネー」の2つの残高がありますが、上記の手順で移行できるのはTポイント残高のみです。

Tマネーを移行したい場合には、別途ナビダイヤルのカスタマーセンターに電話をかける必要があります。

またこの手続きをするとヤフーカードのTカード機能は停止されますのでご注意ください(クレジット機能はそのまま利用可能とのことです。22/1/24 ヤフーカードカスタマーセンターに確認)。

Tマネーの移行は問い合わせ先がナビダイヤルなこともあり、個人的にはTマネーを使い切ってから、Tポイントを移行することをオススメします。

Tマネーの使い切り方についてはこちらの記事でまとめています。興味のある方は是非合わせてご覧ください。

またTマネーのキャンペーンに参加している人は、その特典を消費してから移行することをおすすめします。
例えば本記事作成時点ではTマネー40%還元キャンペーンが行われていますが、これの付与日は2月中旬とのことなので、これを使い切ってからの移行がおすすめです。

そもそもTポイントとTマネーの違いってなに?という人はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご確認ください。

PayPayカードは自動切替より新規発行がおすすめ

繰り返しになりますが現在ヤフーカードを契約中の人はPayPayカードが自動で届きます。
発行タイミングは人によって異なりますが、2022年4月〜12月の間に届くようで、こちらのページから発送月が確認できます。

そのままPayPayカードを受け取るのもいいのですが、お得度を追求するのであれば

  1. ヤフーカードのTポイント・Tマネーを空っぽにする
  2. ヤフーカードを解約
  3. PayPayカードを新規発行申込

の手順を踏むことで、若干お得になります。

お得になるのは3番の「PayPayカードを新規発行申込」の部分で、ポイントサイトを経由するとポイントがゲットできるためです。
例えばハピタスというポイントサイトを利用した場合、本記事作成時点では3,800円相当のポイントが貰えます。

2022/1/24時点の内容

ポイント獲得条件にも「解約後の新規申込は対象になる」と書かれているので親切ですよね。

このポイントはただPayPayカードへの切り替えを待っているだけでは貰えません。
解約の手間はありますが

どうせPayPayカードが手元に届くならお得なほうがいい!

という人にはオススメです。

なお次の人は解約➡️新規をおすすめしません。

  • カードの新規発行審査が不安な人
  • カード番号が変わるのが嫌な人(PayPayカードの自動切替だと同じカード番号が届きます)

おわりに

ヤフーカード廃止に伴うTポイント・Tマネーの移行についてまとめてみました。
移行作業をやる前までは「移行作業かー、面倒だな…」と思っていたのですが、実際にやってみると作業手順が少なく、かなり簡単に終わってビックリしました。

なお移行に関する注意点は次の通りです。

  • PayPayカード到着から2ヶ月でTポイント・Tマネーが失効するので注意(到着月はこちらで確認)。
  • 移行先のTカードは通常Tカードがおすすめ
  • Tマネーはオンラインで移行できないので使い切るのがオススメ
  • お得度を追求するならヤフーカードを解約 ➡️ PayPayカード新規発行がおすすめ

ヤフーカードは会員数が膨大なので、多くの人に影響がでるお話です。
Tポイント・Tマネーの失効はもったいないので、面倒ではありますが失効する前に早め早めに行動しましょう。

Pocket
LINEで送る

タロウ
タロウ

読めばいつか得するかも…?な当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

今いちばん熱いキャンペーンと言えば【みんなの銀行】口座開設キャンペーンです!

銀行口座を作るだけで現金1,000円が貰えるキャンペーンが開催中!
みんなの銀行は福岡銀行が運営するデジタル銀行口座で、スマホ1台で簡単に開設ができます。

条件は紹介コード「qbPnikwS」を入力して口座開設をするだけです。

貰った1,000円は

  • デビットカードでネットショッピングで使っても良し
  • 1年間無料のプレミアム会員になってコンビニATMでおろしても良し

と、銀行口座の開設というノーリスク案件で、簡単に1,000円が獲得できます。今イチオシのお得キャンペーンです!

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
キャッシュレスクレジットカード
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました