【プランまとめ】カラオケでテレワーク?ビックエコー、ジャンカラ、カラ館。安い?Wi-Fiは?

作業効率・時短

新型コロナウイルス感染拡大に伴いテレワーク(リモートワーク)が推奨される中、テレワーク向けのサービスを提供するホテルやネットカフェが出てきています。

カラオケもその一つ。
大手カラオケチェーン各社からカラオケの個室を利用した「テレワークプラン」が出されています。
新しい働き方、カラオケテレワークとは何なのか、各社のテレワークプランについてご紹介します。

カラオケボックスのテレワークってなに?

カラオケボックスのテレワークとは、カラオケ店の個室を利用し、PC作業・電話・商談・会議・オンラインレッスンなどを行うことを指します。

Wi-Fi環境のあるカラオケ店ならPC作業も出来、完全個室なので密にもならず、カフェではしにくい電話も出来ます。
店舗数の多いチェーン店を利用すれば駅近、送迎に便利な保育園の近くで仕事をすることも叶います。

テレワークプランのあるカラオケ店

「カラオケテレワーク」と検索すると、

  • ビッグエコー
  • ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)
  • カラオケ館
  • カラオケパセラ
  • カラオケの鉄人
  • JOYSOUND
  • カラオケルーム歌広場

などなど…多くのチェーン店がヒットし、それぞれ独自の「テレワークプラン」を提供していることがわかります。
全国チェーンのお店もありますので自宅での勤務に支障がある方は是非検索して頂きたいです。

カラオケテレワークプランの使い方

PC作業・電話・商談・複数人での会議・Web会議・プレゼン・オンラインレッスンと様々な使い方があります。
出先でそのまま仕事がしたい、家では集中できない、気分転換に違う場所で仕事をしたいなどの欲求を叶えてくれます。

また、カラオケ店によっては会社で法人契約をして利用することも出来ます。

カラオケプランとテレワークプランの違い

テレワークプランでは基本的に仕事目的での利用のため「歌わない」ことが前提です。
むしろそこしか大きな違いはないようです。
中にはカラオケの電源が切られている店舗もありますが、そのままの場合もあります。

テレワークプランだと「ソフトドリンク飲み放題」がついているプランが多く、60分、90分と時間が決まっています(延長可)。

また、通常のカラオケよりもテレワークプランの方が安い会社・高い会社があったので、利用時には金額を比較した方が良さそうです。

本ページではビックエコー・ジャンカラ・カラオケ館の大手3社をピックアップして具体的なプラン内容を調査してみます。

ビックエコーのテレワークプラン

業界No.1の店舗数を誇るBIG ECHO。「オフィスボックス」と題して大々的にテレワークプランを謳っています。

料金プラン

ビックエコーのテレワークプランは1人500円/60分が基本です。
6名以上の場合には1室2500円/60分 と割安になります。
コンセントやWi-Fi環境が整っているので大人数での会議場所として利用するとお得に利用出来そうです。

60分 お一人500円(税込)。6名様以上一室2500円(税込)

なお2020年9月限定ではありますが、dポイント提示で20倍×d払い最大30%オフのコンボが利用できるので、最大半額で利用可能です。

ビッグエコーでテレワーク!ご利用でdポイント20倍 お会計時にdポイントカードのご提示を忘れずに! FREE Wi-Fi/充電OK 飲み放題 予約不要 完全個室 まもなく開始! キャンペーン期間 2020.9.1.TUE>>>9.30.WED

実施店舗

葛西店・行徳駅前店を除く全国約500店舗

サービス

FREE Wi-Fi・フリー電源・ソフトドリンク飲み放題

注意事項

ビックエコーのテレワークプランを利用するにあたり、いくつか注意点があります。

料金に注意

私の住む北海道のとある店舗での通常カラオケの料金はこの通り。
テレワークプラン同様60分フリードリンクをつけると、非会員も通常カラオケの方が安いです。

一方、東京都心の店舗の料金表を見ると、会員になってもテレワークプランの方が断然お得です。

ご利用の店舗の料金表をしっかり確認してからのご利用を強くお勧めします。

カラオケ利用に注意

ビッグエコーのテレワークプランを利用すると、カラオケの電源は切られています。

そのためBGMに流したい、休憩がてら歌いたいなどは出来ません。

ジャンカラのテレワークプラン

関西を中心に181店舗(2020年8月現在)を展開するジャンカラ。
飲食持ち込みOKで気軽に利用できるジャンカラのテレワークプランは次の通りです。
https://jankara.ne.jp/index.html

料金プラン

ジャンカラのテレワークプランは90分が基本です。
そしてお値段が300円+税とお安め。
しかも90分以降は30分単位で適正価格で延長ができます。

1人の場合、60分500円のビッグエコーより断然お得ですが、大人数になるとビックエコーに軍配が上がりそうです。
なお通常カラオケプランで入るより断然お得です。

実施店舗

169店舗で、ほとんどの店舗が対象です。

サービス

電源完備、Wi-Fi、ソフトドリンク飲み放題、携帯充電器貸出、HDMIケーブル無料貸出(一部店舗除く)、ブルーレイ・DVDプレーヤー貸し出し(要予約)、飲食持ち込み自由

注意事項

ジャンカラのテレワークプランを利用するにあたり、いくつか注意点があります。

平日限定、22時まで

土日祝や夜間は利用できません。

いつでもテレワークプランが使えるわけではないので注意が必要です。

カラオケの使用

どうやらビッグエコーと違い、カラオケの電源を切るなどはされていないようです(店舗によるかも)。
ですがテレワークプランで仕事をする名目でかなりお得に入室している以上、カラオケの利用は控えるのがベターです。

カラオケ館のテレワークプラン

全国に200店舗以上あるカラオケ館。なんとテレワークプランに驚きのフリータイムがありました。
http://karaokekan.jp/index.html

料金プラン

カラオケ館のテレワークは2種類のプランがあります。

  • 時間制:1人500円/60分(税別)
  • フリータイム制:1人980円/19時まで(税別)
20200708_640_tvwork_poster.png

しかも法人契約するとさらにこの価格から20%オフとなります。

実施店舗

全店

サービス

Wi-Fi、コンセント

注意事項

カラオケ館のテレワークプランを利用するにあたり、いくつか注意点があります。

平日限定、19時まで

土日祝や19時以降は利用できません。

他店と比較すると早めの切り上げになりますが、十分な時間です。

料金に注意

私の住む北海道のとある店舗での通常カラオケの料金はこの通り。

利用する時間帯、滞在時間を計算してプランを選ばないと損をすることが分かります。

東京都心の店舗の料金は下記の通り。こちらも同様に、滞在時間によってお得な利用方法が変わります。

まとめ

立地もよく、個室で3密を避けられるカラオケ店でのテレワーク。

とても便利ですが、仕事目的だからテレワークプラン!と決め込んで入室すると、金銭的に損をすることがわかりました。
(お店によっては通常カラオケプランとテレワークプランでは案内する部屋が違う可能性もありますが)

まだまだ暑い夏。冷房の効いたカラオケ店でテレワークしたい!家にいると仕事に集中できない!などとお考えの方にはお勧めです。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました