スポンサーリンク

【0円廃止】楽天モバイルがついに完全有料化へ… 対策や代わりのサービスは?解約・乗り換え?そのまま使う?

携帯・スマホ

2022年5月中旬、楽天モバイルから「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」という新プランが発表されました。
この新プランでは楽天モバイルの人気の秘訣であった0円プランが廃止されています…

SNS上では「裏切られた」というネガティブな発言がある一方、「大盤振る舞いしすぎだもんね、しょうがない」という意見も見られます。

私も楽天モバイルユーザーなのですが、そのまま使うのか、乗り換えるのか、悩みどころです…

タロウ
タロウ

本ページでは楽天モバイル 新プランの概要と、これからの変更スケジュールをはじめ、解約すべき?そのまま使うべき?などの疑問をまとめています。

スポンサーリンク

0円プランが終了へ

2022年5月13日、楽天モバイルから新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」が発表されました。

このプランでは旧プランにはあった「0GB~1GBで0円」の料金帯が無くなっています。それ以外には変更点はなく、明らかな改悪と捉えて間違いありません。

楽天モバイルは基地局の整備や、新規顧客獲得のために破格のキャンペーンを連発するなど、元々赤字体質でした。
しかし今回の0円プラン廃止でこの体質を改善し、黒字化を目指す方針です。

タロウ
タロウ

確かに1年無料とか、Wi-Fiに繋いでおけば維持費0円とか、価格設定がバグってますもんね…

スポンサーリンク

これからのスケジュール

新プランは新規ユーザーはもちろん、現在契約中ユーザーも対象です。時期がくれば自動的にプランが移行されます。

ただすぐに新プランが適用されるわけではなく、段階的な適用となります。

新プランは2022年7月1日からスタートしますが、現在旧プランで契約中のユーザーは2022年8月利用分まで旧プランで楽天モバイルを利用できます。

タロウ
タロウ

旧プラン契約者で月1GB以下の人は、7月・8月は0円で利用可能です!

また2022年9月と10月は1GB以下の人は1,078円(税込み)がかかりますが、楽天ポイントで全額還元されます。
ただし1GB超を利用する人には楽天ポイントの還元は一切ありませんのでご注意ください。

タロウ
タロウ

たくさん通信して売上に貢献した人が報われない謎の仕組み…

なので通信量が1GB以下の人は7月・8月は無料、9月・10月を実質無料(ポイント還元)で使えるため、本記事作成時点の2022年5月現在では焦ってすぐに解約する必要はありません。

ただし2022年11月からは1,078円の費用が必ず発生してしまうので、それまでに回線を維持するのか、乗り換えや解約をするのか、等を決める必要があります。

現契約者のこれからのスケジュールをまとめると

  • 2022年7月~8月:旧プランで利用可能(1GBまで無料!)
  • 2022年9月~10月:新プラン移行だけれども、1GB以下であれば全額ポイント還元(1GB超はポイント還元がありません!)
  • 2022年11月~:新プランへ完全移行、通信しなくても1,078円(税込み)かかります

となります。

タロウ
タロウ

乗り換えを検討している人は、余裕をもって10月中旬には乗り換え手続きをしましょう!月末ぎりぎりだと手続き状況によっては11月に入ってしまう可能性があります。解約月は日割りではないため大損です。

スポンサーリンク

SPU?ポイントアップも

繰り返しになりますが旧プランから新プランへの移行は改悪でしかありません。
このままだと解約者が続出しそうな状況ですが、ユーザーを繋ぎとめるための施策が同時に発表されています。

それは2022年6月からスタートするポイントアップ制度です。

「ポイント最大6倍」の表記が目をひきますが、追加されるのは右上の赤枠部分のみです。

最大6倍の内訳は

  • 基本ポイント+1倍
  • 楽天カード+2倍
  • 楽天モバイル+1倍
  • 【NEW】楽天モバイル+1倍
  • 【NEW】楽天モバイル契約&ダイヤモンド会員+1倍

となります。なので2022年6月からは、楽天モバイル契約者は最大+2倍となります。
元々楽天モバイル+1倍があるため、楽天モバイルを解約すると最大-3倍となるわけです。

つまり楽天市場で月に約35,000円以上買い物をすると、楽天モバイルの最低料金である約1,078円(税込み)がペイできます。
買い物金額によっては「使わないけど楽天モバイルを契約するだけで黒字!」というパターンもありそうですね。

タロウ
タロウ

ただこの仕組みは純粋なSPUではなく、あくまでも期間限定のキャンペーン的な扱いとなりそうです。

本記事作成時点(2022年5月14日)ではまだ始まってもいないので何とも言えませんが、ここ最近の楽天の傾向を見ると半年続けば良いかな…と思っています。

【最大30,000P還元!】

そのまま使う?乗り換え・解約すべき?

ただポイントアップがあるにしても、今回の新プラン移行で多くの人が楽天モバイル回線の保持を見直す可能性が高いです。

肝心の楽天モバイルをそのまま使い続けるのか、乗り換え・解約するのかは、楽天モバイルの使い方に大きく左右されると思われます。

メイン回線で楽天Linkをがっつり使っている人は検討の余地なし

個人的には楽天モバイルの最大のウリは0円プランでもSPUアップでもなく、楽天Linkだと思っています。

楽天Linkは相手が携帯電話でも個体電話でも、通話料0円で時間制限なく電話が出来るアプリです。
最近はかけ放題オプションが登場したせいで公式HPであまり推されてはいませんが、かなり有用なツールです。

そのため楽天Linkをがっつり使っている人は、「3GB 1,078円(税込み)で無制限かけ放題」というプランはコスパが良すぎるため、楽天モバイルを解約する選択肢を取るのは非常に難しいです。

ただし

  • 楽天Linkの通話品質に満足していない
  • 無制限じゃなくても5分かけ放題くらいで十分

という人には他の選択肢もあり得ます。

例えば5分かけ放題でよければauのpovo2.0が月額550円と最安値です。
無制限かけ放題だと月額1,650円のオプションとなりますが、楽天Linkの品質がイマイチだと感じる人は検討の余地がありそうです。

検討すべきはサブ回線や、楽天Linkを使っていない人たち

一方、楽天モバイルをサブ回線で利用していたり、メイン回線だけども楽天Linkをあまり使わないしWI-Fi運用で1GB以内で使っている、という人は乗り換え・解約を検討する余地が十分あります。

価格重視で乗り換えたい場合はやはりpovo2.0がオススメです。
基本料金0円で、半年に1回有料トッピングをするだけで電話番号が維持できます。

タロウ
タロウ

リモートワークでWi-Fi運用メインの人にはピッタリです!

価格も重視しつつ、データも電話もそこそこ使いたい!という人は日本通信がオススメです。使い方に合わせて4つのプランがあり、最安290円~利用できます。

タロウ
タロウ

日本通信の通話無料は専用アプリではなく、標準電話アプリでOKなので、年配の人へ勧めやすいのも特徴です!

これから契約するのはアリ?

無料プランが無くなることでネガティブな意見も多い楽天モバイルですが、

これから契約するのはアリなの?

と友人や親戚に聞かれたら、

タロウ
タロウ

楽天モバイル回線に繋がることが前提だけど、使い方によっては全然あり!

と答えます。

オススメの使い方はやはり楽天Linkをフル活用する人です。
私は以前はかけ放題のワイモバイル回線(ケータイプランSS + スーパー誰とでもかけ放題)で2,000円超を払っていましたが、今は楽天Link1本で済ませています。

しつこいですが「3GB 1,078円(税込み)で無制限かけ放題」というプランはコスパが良すぎます。

こちらは楽天モバイルさん自身が作成した表ですが、他社と比べてもまだまだお得感のある料金プランとなっています。

その一方、楽天モバイルがオススメできないのは楽天モバイルに繋がりにくい地域や、電話をそれほどしない人(楽天Linkを使わない)です。

繋がりにくさは実際に契約しないとわからない部分が多いので、サブ機として新規申し込みをしてみましょう。
楽天モバイルではほぼ常時、回線+機種代で実質無料になる端末が用意されています。本記事作成時点なら1番割引率が高いのはiPhoneですが、実質無料端末はRakuten Handが用意されています。

楽天モバイルは事務手数料も解約料も0円なので、非常にお試ししやすい回線です。

いきなりメイン回線を楽天モバイルにするには勇気が必要だと思うので、まずはサブ回線でお試ししてみることをオススメします。

【最大30,000P還元!】

おわりに

楽天モバイルの0円プラン廃止の衝撃についてまとめました。

今回の新プラン導入で1番打撃を受けるのは「楽天モバイル回線をあまり使って無いけど契約している人」です。特にSPUアップのために契約している人は多くいそうなので、+2倍キャンペーンが終わったあとに解約が更に増えることが見込まれます。

逆に1番ダメージが少ないのは「楽天モバイルを月に3GB以上使っている人」です。
むしろ楽天市場で+2倍がスタートする分、改良となります。

タロウ
タロウ

楽天モバイルにとってはこの層が優良顧客になるので、企業の姿勢としては正しいという見方も出来ます。

ちなみに楽天モバイルでは独自メールアドレスが2022年7月1日スタート予定です。
ますます便利になる一方、楽天モバイルとしてはお金がかさむ機能になります。

まだまだ楽天モバイルは黎明期と言える時期なので、これからの動向に注目です。

Pocket
LINEで送る

タロウ
タロウ

読めばいつか得するかも…?な当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

今いちばん熱いキャンペーンと言えば【みんなの銀行】口座開設キャンペーンです!

銀行口座を作るだけで現金1,000円が貰えるキャンペーンが開催中!
みんなの銀行は福岡銀行が運営するデジタル銀行口座で、スマホ1台で簡単に開設ができます。

条件は紹介コード「qbPnikwS」を入力して口座開設をするだけです。

貰った1,000円は

  • デビットカードでネットショッピングで使っても良し
  • 1年間無料のプレミアム会員になってコンビニATMでおろしても良し

と、銀行口座の開設というノーリスク案件で、簡単に1,000円が獲得できます。今イチオシのお得キャンペーンです!

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
携帯・スマホ楽天節約
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

  1. つぐみ より:

    こんにちは
    とうとうこの日が来てしまいましたね。
    今まで0円でスマホが持てたことがラッキーでしたが続くわけないですよね。
    通話はほとんどしない。だいたい月に3~4Gという人には乗り換えはどこがおすすめだと思われますか?
    楽天だと3G超えると一気に20Gまでは同じなのでちょっともったいない気がします。

    • タロウタロウ より:

      読んで頂きありがとうございます。
      ほんとそうですよね、今までが恵まれていただけ、と思ったほうが良さそうですよね。
      3GB前後ですと付随するサービスで何を使うか等にもよりますが、
      価格重視ならnuroモバイル、PayPayまとめてチャージが魅力的ならLINEMOミニプラン、ご家族等 複数回線契約予定でヤフショ等も使うならY!mobileあたりが有力かと思います。
      ぜひまたお立ち寄りくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました