スポンサーリンク

【自由すぎ】新プランpovo2.0が良コスパ!1.0との違いは?オススメの使い方3選

povo

2021年9月13日、auのオンライン契約専用のサブブランド「povo(ポヴォ)」から新プランが発表されました。

従来のプランはそのままに、「トッピング」という言葉を使っての全く新しい、自由度が高いプランです。

本ページではpovo新プランの概要をはじめ、従来のプランとの違いは?無料で回線維持できるの?オススメの使い方は?という点をまとめています。

スポンサーリンク

トッピング制のpovo新プランが発表

2021年9月13日、auからpovoの新プラン発表がありました。名前は「povo2.0」です。従来のプランは「povo1.0」として、そのまま存続します。

povoはブランド力が高いahamo(ドコモ系)、990円のミニプランを発表したLINEMO(ソフトバンク系)に比べると契約数が伸び悩んでいたため、それを打開するための新プランです。

povo2.0のキャッチフレーズは「ゼロから、君のやりかたで。」です。
月額基本料はなんと0円で、そこにトッピング(要はオプション)を追加して利用するプランです。

トッピングは大きく「データ」「通話」「コンテンツ」の3種類があり、それぞれの内容や料金は下図の通りです。

トッピングはpovo2.0の専用アプリから2タップで行えるようで、日々のライフプランに合わせて柔軟にプランを変更できるのが特徴です。

なお申込みの開始は2021年9月下旬が予定されています。

スポンサーリンク

普通のpovoとの違いは?比較。

ここで気になるのが従来プラン(povo1.0)との違いです。
比較表を自作しようと思ったのですが、新プラン発表の当日に公式から比較表が公開されていましたので、有難くそれを活用させて頂きます。auさん、仕事が早いです。

まずはベースプランの比較です。黄色背景部分が違う点です。
注目すべきは「データ制限後の速度」と「契約年齢」です。
「データ制限後の速度」は1Mbpsと128kbpsでは体感速度は大きく違いますので注意が必要です。制限後は使い物にならないから「データ制限 ➡ トッピング ➡ データ制限 ➡…」を繰り返すと結局は割高になります。
またpovo1.0は20歳以上が契約対象でしたが、povo2.0は13歳以上になります。ahamoは20歳以上・LINEMOは18歳以上が契約できるため、中学生以上で割安プランが使えるのは有難いですね。

次にトッピングの比較です。povo1.0は元々20GBが付いているのもあり、1GBあたりのチャージが割高に設定されています。でも24時間のデータ使い放題はpovo1.0のほうが割安なややこしい価格設定になっています。

次にSIMの比較です。どちらもeSIMに対応しています。
ですがpovo1.0はauのSIMが流用できたのに対し、povo2.0は全く新しいSIMになるようです。この手のプランを選ぶ人には少ないと思いますが、SIMの入れ替え作業をハードルに感じる人はご注意ください。

次に端末関連の比較です。
ざっくりとチェックしたところ、povo1.0とpovo2.0の対応端末は基本は同じようです。
しかしpovo公式が確認している端末が異なることから、あくまでも「基本は」と思ってたほうが無難です。

次にau系サービスの違いです。各種サービスの違いは次の4つです。

  • povo2.0は着信転送サービスが利用不可
  • povo2.0はauの家族割プラスが割引・カウントの対象外
  • povo2.0はauまとめトークが割引対象外
  • povo2.0は端末紛失サポートが継続できない

つまり「現在au回線を契約していてau系サービスをがっつり使っている人は、povo2.0移行時には色々と気を付けたほうがいい」という事ですね。

最後にその他いろいろな比較です。
異なる点はいくつもありますが、povo2.0は「auかんたん決済が最初は使えない(後日提供予定)」、「LINEの年齢確認が非対応(後日提供予定かは不明)」の2点に注意しましょう。

スポンサーリンク

無料回線の維持はできそう?

「月額基本料0円!」と聞いて、嗅覚が鋭い人が真っ先に思い浮かべるのが

これって無料で電話回線増やせるのでは…?

という疑問ですよね。

結論から言うと「完全0円での回線維持は難しいけど、1年間ワンコイン程度で回線維持が出来そう」です。

povo2.0の注意書きを見てみると「180日以上の間、有料のトッピング購入がない場合、利用停止、契約解除となる場合があります。」という注意書きがあります。

なので電話回線維持を目的とする場合には、「半年に1回はデータトッピングをして延命する」というやり方がベターだと思われます。

3つのオススメの使い方

トッピングで究極の自由度が得られるpovo2.0ですが、個人的なオススメ利用プランは次の3つです。

メイン回線大容量プラン

povo2.0をメイン回線として利用する予定なら大容量データトッピングが断然お得です。
データトッピングのコスパ表は次の通りです。

150GB(180日間)だと1GBあたりの価格は87円、1カ月にならすと25GBで2,163円と、データ容量だけを見るとpovo1.0よりもずっと割安になります。

ただし大容量データトッピングはpovo1.0のような「ひと月に○○GBが高速通信」とは違い、ドカッと一気に高速通信容量が増えます。
そのため高速通信容量があればあるほど使ってしまうような人は、5~6カ月目になると追加でデータトッピングをする未来がかんたんに予想できるので、自制が難しい人は敬遠したほうが良さそうです。

電話かけ放題専用プラン

povo2.0は「5分かけ放題の電話専用携帯」としてかなり高コスパで維持できます。
月額基本料は0円なので、5分かけ放題トッピング代550円(税込み)しかかかりません。
また5分じゃ心許ない人は時間無制限かけ放題の1650円(税込み)も選択できます。

他社と比較して、かけ放題オプションの価格自体は特別安いわけではありませんが、「電話回線を新たに増やした上で、550円~かけ放題を維持できる」というのは人によっては大きな魅力です。

電話回線維持プラン

とにかく電話番号を維持したい!という人は半年に1回データトッピングをして回線を維持しましょう。
トッピングの最安値は「smash.使い放題パック 」の220円(税込み)です。
なので1年間の最低回線維持費は440円(税込み)となります。

ギガ活との併用も

povo2.0を使う上でぜひ活用したいのが「ギガ活」です。ギガ活は

  • もらう:対象店舗のauPay支払いや利用でデータ通信容量ゲット
  • さがす:街中やバーチャル空間でギガを探してデータ通信容量ゲット
  • あたる:店舗やオンラインサービスと連携して、抽選でデータ通信容量ゲット

の3つを指します。

この中で注目したいのが「もらう」のギガ活です。

2021/9/13時点では、次の店舗でのauPay支払いで、データ通信容量が貰えるプロモコードがauPayの登録メールアドレス宛に届きます。

ウエルシアやベイシアなど、日常の買い物で無理なく利用できる店舗が生活圏にある人は、トッピングをせずとも0円で快適な高速通信が楽しめる可能性があります(ただしトッピング0円が180日間続くと強制解約の可能性があるので注意)。

また支払い方法に関係なくデータ通信容量が貰えるのは次の店舗です。

これらの店舗ではプロモコードが書かれた物理カードが貰えるようです。物理カードの品切れの可能性もあるようなので、カード目当てに来店する人は事前確認をオススメします。

おわりに

自由度が高いpovo2.0ですが、使い方によってはかなりお得に利用できることがわかりました。既存の格安SIM会社も真っ青です。

ただ自由度が高い反面、初見で理解するのは難しいところもあります。
ライバルのahamo・LINEMO・楽天モバイルがシンプルプランを貫いているため、差別化のためのpovo2.0なのだと推測しますが、人によって好みがハッキリと別れそうなプランです。

また当ブログでは楽天モバイル・LINEMOに関する記事も掲載しております。興味のある人は是非合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
povo携帯・スマホ格安SIM節約
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました