スポンサーリンク

【聴き放題】Amazon Audibleがコイン制を終了・廃止へ。退会後の扱いに要注意。

Amazon

手が塞がっていてもパソコン・スマホ・タブレット・スマートスピーカーなどのマルチデバイスで「ながら読書」ができると人気のAmazonのサービス「オーディブル」ですが、2022年1月27日から仕様が大きく変更されます。

実際には2018年に聴き放題制からコイン制に移行し、今回約4年ぶりに聴き放題制に戻ることになりました。

とめ
とめ

本記事では、従来との変更点や新仕様への移行方法、メリットデメリットなどについてまとめています。

スポンサーリンク

Amazon Audibleって?

Audible (オーディブル) はプロの声優やナレーターが読む音声コンテンツです。

ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など豊富なラインナップで、オフライン再生ができるためWi-Fiのない移動中や出先でも読書が可能です。

時間が足りない現代にはぴったりの「ながら読書」が、パソコン・スマホ・タブレット・スマートスピーカーなどのマルチデバイスで気軽に楽しめるのが特徴です。

また、Amazon Audibleでは2ヶ月の無料体験を行っています。
オーディブル2ヶ月無料体験の体験談や契約・解約方法についてはこちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク

変更点は5つ

月額1,500円で金額に関わらず好きな本が選べたり、解約後も本を所有し続けられるなどと人気のAmazon Audibleですが、2022年1月27日から仕様が大きく変更されます。

下記では5つの変更点についてまとめています。

オーディオブックが聴き放題

まず、従来のAmazon Audibleで聴き放題なのはポッドキャスト(ラジオ番組のようなもの)のみで、オーディオブックに関しては

  • 本の価格に関わらず毎月1冊が手に入る(コインでの購入)
  • 毎月決められたタイトルを無料でもらえる(ボーナスタイトル)

の月2冊が入手できる仕組みが特徴でした。

ところが、2022年1月27日以降はオーディオブックが聴き放題になり、それに伴い「コイン制」が廃止となります(コイン廃止については後述します)。

Amazon Audibleには40万以上の作品がありますが、そのうち聴き放題対象作品は12万以上となり、対象外の作品も存在します。

ひと月に何冊も聴きたい人にはかなりお得な変更点です。

とめ
とめ

全てのタイトルが聴き放題ではないのでご注意ください。聴き放題対象外のものは購入する必要があります(会員なら価格の30%オフ)。

ストリーミングで再生可能

2つ目の変更点は「ストリーミング再生」の追加です。

従来、Amazon AudibleをAudibleアプリで再生する場合は「オフライン再生」のみでしたが、変更後はアプリでもブラウザと同じようにストリーミング再生が可能になります。

これまで通りオフライン再生も可能ですので、Wi-Fiがない移動中などにはオフライン再生、自宅ですぐに聴きたい場合にはストリーミング再生と使い分けることが出来ます。

返品・交換について

3つ目の変更点は、オーディオブックの返品・交換の廃止です。

従来、1度読んだオーディオブックでも「内容が思っていたものと違っていた」「ナレーターの声が気に入らない」などの場合、返品することが出来ました。

しかし、2022年1月27日以降は購入時期に関わらず(プラン変更前に購入したものであっても)「読み放題対象のタイトル」「単品購入したタイトル」の全てにおいて返品・交換ができなくなります。

返品・交換したいタイトルがある場合は2022年1月26日まで受付可能です。

とめ
とめ

読み放題のタイトルに返品の概念が無いことは理解できますが、単品購入したものも返品不可になるため、サンプルを聞くなど購入は慎重に行いましょう。

退会後の扱い

4つ目が大切な変更点です。

従来は一度購入したタイトル、またはダウンロード済のボーナスタイトルは退会後も聴くことができました。

今後も仕様変更前にダウンロードしたタイトル、「購入したタイトル」は退会後も継続して聴くことができますが「読み放題対象の本」に関しては退会後は一切聴くことが出来なくなります。

つまり、退会後も何度も繰り返し同じタイトルを聴きたい場合には「購入」が必須です。

とめ
とめ

会員はオーディオブックを30%OFFで購入可能なため、退会予定のある方は会員期間中に購入しておくことがオススメです。

コインの廃止で追加コインが買えない

最後は「コインの廃止」です。

2022年1月27日以降は聴き放題プランへの移行に伴い、コイン制が廃止します。
これにより「コインの追加購入」も出来なくなります。

オーディブルでは毎月1,500円の月額費で、価格に関わらず1冊のタイトルが購入できるコインが配布されていました。
コイン利用後は30%OFFでオーディオブックの単品購入が出来ますが、3冊以上購入する人にとっては「コインの追加購入」が大変お得でした。

追加購入はコイン3枚セットで3,600円、つまり1枚当たり1,200円になるため人によっては30%OFFで単品購入するよりもお得だったのです。

とめ
とめ

退会予定で、なお且つ1,200円以上の繰り返し読みたい本が何冊もある場合は2022年1月26日までにコインの追加購入をするのがオススメです。

スポンサーリンク

聴き放題になるメリットとデメリット

2022年1月27日からの変更では聴き放題になるメリットはあるものの、コインの廃止により退会後はタイトルが読めなくなるというデメリットがあります。

まとめると、

  • 月に何冊も聴きたい人にとってはメリット
  • 1度聴いたタイトルはもう聴かない人にとってはメリット
  • 気に入ったタイトルのみを繰り返し聴く人にはデメリット
  • 読みたい本が読み放題対象外である場合にはデメリット
  • 退会予定のある人にはデメリット

となり、「読み放題制」「コインの廃止」「退会後の扱い」は良くも悪くも影響が大きく、利用者によってメリットでもあり、デメリットにもなります。

その他の疑問点

2022年1月27日以降のAmazon Audible仕様変更に関する疑問点をまとめました。

月額費用は?

聴き放題制に変更後も、料金は月額1,500円と変わりません。

また、会員はどのタイトルも「30%OFFで購入可」という点も変わりません。

会員プランの変更方法は?

アプリを利用の場合は、オーディブルアプリを更新するだけで自動的に聴き放題プランへ移行します。

2022年1月27日以降は、対応OSが「iOS:OSバージョン 14」「Android:OSバージョン 7」と変更になるため、場合によっては「OSのアップデート」と「アプリのアップデート」が必要になります。

但し、Windows 10アプリは非対応になります。

(OSがバージョンアップできない場合はパソコンブラウザでのみ利用可能)

聴き放題の対象外は?

Amazon Audibleには40万以上の作品がありますが、そのうち聴き放題対象作品は12万以上となり、対象外の作品も存在します。

とめ
とめ

カスタマーセンターに問い合わせたところ、聴き放題対象・対象外の本については未発表とのことでした。(2021.1.13時点)

手持ちのコインはどうなるの?

従来のオーディブルには「コイン(Audibleだけで使える通貨)」があり、毎月付与されるコインでオーディオブックをどれでも1冊購入することが出来ました。

しかし、2022年1月27日以降は「聴き放題プラン」への以降となるためコイン制は廃止となります。

コインの配布は終了しますが手持ちのコインは今後もコインの有効期限(6か月後)まで利用できます。

とめ
とめ

繰り返し読みたい本は手持ちのコインがあるうちに購入しておくのが得策です。

会員プラン変更後に再度無料体験は出来るのか

残念ながら、過去に一度でもAmazon Audibleの無料体験を実施している方は読み放題プランへの変更後であっても再度無料体験を行うことは出来ません。

まだ無料体験をしていない方は、2022年1月26日までに登録をすることでコインが獲得できます。
コインで購入したタイトルは退会後も聴き続けられるので、今が最後のチャンスと言えそうです。

おわりに

忙しい時、両手が塞がっている時でも効率的に読書が出来ることが魅力のAmazon Audibleが、コイン制から読み放題制に移行することを発表しました。

上記でまとめたように、一見お得に思える読み放題制度は恩恵を受ける人が多くいる一方で、使い方によってはデメリットでもあることが分かりました。

特に退会を見据える人にとってはデメリットとなるため、読み放題への移行により長く契約を続ける人が増えてくるかもしれません。

これから入会を考えている人、とりあえず試してみたい人には無料体験がオススメです。
登録・購入・利用・解約までとても簡単ですので、まずは一度体験することをお勧めします。

また、Audible会員になることで、ポッドキャストのAudibleオリジナル番組の視聴も可能です。
Amazon Musicポッドキャストについてはこちらの記事でまとめていますので宜しければご閲覧下さい。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました