スポンサーリンク

【配達前に変更】ヤマト運輸で事前に日時指定をする方法。クロネコメンバーズが便利です。

ヤマト運輸

インターネットでの買い物がかなり身近になっている昨今。
流通業界の荷物取り扱い数は年々増加していて、配達員さんは悲鳴をあげている状況です。

私もなるべく1回で荷物を受け取れるようにしているのですが、1回で受け取るために便利なサービスとして「配達前の日時変更」を活用しています。

本ページではヤマト運輸における配達前の時間変更方法についてまとめています。

スポンサーリンク

ヤマト運輸で事前変更する方法は多彩

ヤマト運輸で配達前に日時変更をする方法は本当に多彩です。
日本郵便・佐川急便と比べても断トツで多いです。

またヤマト運輸の会員サービスである「クロネコメンバーズ」の会員か否かで利用できる方法が異なります。

【クロネコメンバーズ会員の場合】

  • 荷物お問合せシステム
  • お届け予定メール
  • LINE通知
  • Myカレンダーサービス
  • ヤフージャパンサービス
  • 公式アプリ(クロネコメンバーズ以外も一部機能は利用可)
  • 自動音声サービス(Googleアシスタントやアレクサ)

【クロネコメンバーズ会員ではない場合】

  • LINE通知

これに加えて「電話での変更」も可能です。

他社と比べて本当に多い変更方法が用意されています。
「なんとしても再配達を減らすぞ!!」という意気込みが伝わってきますね。

本記事では「荷物お問合せシステム」「お届け予定メール」「電話での変更」の3つをピックアップして、もう少し詳しく説明します。

スポンサーリンク

荷物お問い合わせシステムから日時変更する

一番メジャーで多くの人が利用しているのが荷物お問い合わせシステムからの日時変更かと思います。

配達前でも追跡番号がわかれば気軽に変更できるので、かなり使いやすいです。

利用するにはクロネコメンバーズへの事前登録が必須です。

スポンサーリンク

お届け予定メールから日時変更をする

クロネコメンバーズに登録しておくと「お荷物お届けのお知らせ【受け取りの日時や場所をご指定ください】」というメールが届きます。

このメールに記載されているリンクから日時変更が可能です。
追跡番号を入力する手間が省けるのでかなり手軽に変更ができます。

このメールを受け取るにもクロネコメンバーズ登録が必須で、「eお知らせ設定」を「利用する」にしておくとメールが届く仕組みになっています。
(クロネコメンバーズログイン後、お客様情報から変更できます)

電話で日時変更をする

ケータイ・スマートフォン・パソコンを普段あまり触らない人は電話で日時変更することも可能です。

追跡番号を用意の上、サービスセンターに電話をしましょう。
サービスセンターは固定電話であればフリーダイヤルが提供されています。

スマートフォン・携帯電話からは「ナビダイヤル」と「通常の電話番号」の2つが提供されています。
かけ放題プランの場合には「ナビダイヤル」だとお金がかかるので、必ず「通常の電話番号」にかけるようにしましょう。

実際に日時変更をしてみた

荷物お問い合わせシステムから実際に配達前の日時変更をしてみます。

まずはヤマトのお問い合わせ画面を開いて、追跡番号を入力し「お問い合わせ開始」を選択。
すると下のほうに「お受け取り日時・場所変更はこちら」というボタンが表示されるので、それを押します。

クロネコメンバーズにログインして…

該当の荷物を選択して「次へ」を選択。

受け取る場所も変更できますが、今回は自宅のままとします。

「希望日」「希望時間帯」を入力したら「次へ」を押します。
日時変更が完了したメールを受け取りたい人は「受付完了メールを受け取る」にチェックしておきましょう。
なお下の画像はクール便のため希望日が3日分しか表示されていませんが、通常の荷物だと1週間先まで指定可能です。

「この内容で確定する」を押せば変更手配が完了です。簡単ですね。
メールを受け取る設定にしていた人は念のためきちんと変更できているか確認しておきましょう。

3つの注意点

ヤマト運輸の配達前時間変更を利用するにあたり、3つ注意点があります。

クロネコメンバーズは欠かせない

たぶん使われる頻度が多いのは「お問い合わせシステムからの変更」と「お届け予定メールからの変更」だと思いますが、どちらもクロネコメンバーズだけが利用できる機能です。

クロネコメンバーズの登録は無料でだれでも出来ますので、荷物を1回で受け取るには必須なサービスと言えます。

事前の変更は2回まで

Webからできる事前変更の手続きは2回までです。
どうしても再度変更したい場合には電話で変更するか、配達員さんには申し訳ないですが不在連絡票から再配達の手続きを行いましょう。

間に合わないときもある

Webもしくは電話で事前変更する場合、すでに荷物が配達手配済みで間に合わない場合もあります。

電話だと営業所によるとは思いますが、Webよりは柔軟に対応してくれると思われます。

日時変更をするときは余裕を持って指定をしましょう。

宅配ボックスの検討も

配達員の目線に立つと、設置されているだけで再配達の数が減る「宅配ボックス」は神アイテムです。
ただ、新しめのマンションには設置が進んでいますが、まだまだ未設置の住居が多いのが現状です…。

そんなときには自分で宅配ボックスを設置しましょう。クオリティは値段によってピンキリですが、2500円程度で買えるものもあります。

この手の宅配ボックスの仕組みは「開錠済みの南京錠付きBOXを置いておく➡不在時に配達員さんが荷物を入れて施錠➡自分が鍵を開けて取り出し」という流れです。印鑑ポケットも付いているものが多いです。

ただ備え付けの宅配ボックスに比べるとセキュリティ面は低下するため、あまりにも高価なものを注文するときは住所等に「宅配ボックス不可」という記載をするなど、一工夫が必要です。

なお自前の宅配ボックスは玄関前に設置することが多いので、オートロックのマンションでは使用できない場合が多いのでご注意ください(配達員にオープンナンバーを教えているマンションなどは利用できます)。
我が家もオートロックのマンションですが、配達員さんと顔見知りになり、不在のときは駐輪所に止めてある自転車のカゴに入れてもらっています(セキュリティはかなりイマイチなので積極的にオススメはしません)。

おわりに

ヤマト運輸における配達前の日時変更方法についてまとめてみました。

私もヤマトだけではなく日本郵便・佐川の荷物をなるべく1回で受け取れるように手を尽くしてはいますが、1番親切でわかりやすいのはヤマト運輸だと思います。
まだ利用したことはありませんがスマートスピーカーで日時変更できるのは便利そうです。今度使ってみることにします。

また別記事にて日本郵便・ヤマト運輸の事前変更方法についてまとめています。
よろしければ合わせてご確認ください。

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住です。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitter・インスタで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
ヤマト運輸買い物
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました