スポンサーリンク

【コスパ最強】よくばりパス(モーリーファンタジー)をさらにお得に!!知ってると得する小技6選。複数人(友達や兄弟)で使っても大丈夫?

娯楽

イオンが運営するゲームセンター、「モーリーファンタジー」では超ハイコスパな遊び方があります。
それは「よくばりパス」を使う方法です。

ゲームセンターではゲームにもよりますが、500円を使い切るのは早くて数分、もっても20分程度だと思いますが、よくばりパスを使うと40分~45分くらいを存分に楽しむことが出来ます。

「よくばりパスくらい知ってるよ!!」という人も、ちょっとした小技を使うことで更にお得に楽しむことが出来るので、是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。

タロウ
タロウ

本ページではよくばりパスの概要を初め、お得に使うための小技を6つご紹介します。

スポンサーリンク

モーリーファンタジーのよくばりパスとは

よくばりパスを知らない人のためにざっくりと説明すると、よくばりパスは「定額遊び放題パスポート」です。

種類は「30分(500円)」と「60分(1,000円)」の2種類があります。
この時間内はよくばりパス対応機種であれば、あそび放題となります。

公式サイトには「60分(1,000円)であれば、約3,000円分遊べる」との記載があります。
実際に遊んでみればわかりますが、これは誇張ではなく、確かにたっぷりと遊べてしまいます。

またよくばりパスはあそび放題に加えて、メダルもゲットできるため、まさに「よくばり」な内容となっています。

ちなみによくばりパスは案内カウンターにいる店員さんに声をかければ購入できます。不明点があれば店員さんが教えてくれますので、初めての人も安心です。

スポンサーリンク

メダルの枚数は?

よくばりパスは時間内あそび放題に加えて、メダルもゲットできます。

貰えるメダルの枚数は店舗によって異なりますが、私が取材しに行った店舗では

  • 60分でメダル100枚
  • 30分でメダル30枚

のプレゼントでした。

この店のメダルは画像のような価格設定でしたので、

  • 60分でメダル100枚 = 約600円相当
  • 30分でメダル30枚 = 約200円相当

となり、かなりお得なことがわかります。

タロウ
タロウ

乗り物もメダルもどちらもやりたい!という人にとって、よくばりパスは打って付けです!

スポンサーリンク

利用できるゲームは?

よくばりパスは時間制限内なら遊び放題ですが、すべてのゲーム機で利用できるわけではありません。
対象のゲーム機にはこのようなカードリーダーが設置されているので、これに…

首から下げるこちらのカードをタッチすることで遊ぶことが出来ます。

遊べるゲーム機は店舗によって異なりますが、私が行った店舗ではこれらのゲームが遊び放題対象でした(他にも写真に撮り切れなかったゲーム機がいくつかありました)。

小さい子供はもちろん、マリオカートや太鼓の達人もあそび放題なので、小学生以上も楽しめます。

どの店舗で使えるの?

よくばりパスは全てのイオンファンタジーで導入されているわけではありません。

ただ本記事作成時点(2022年8月18日)では、576店舗中、411店舗がよくばりパス導入店となっているため、多くの店舗で利用できることがわかります。

対象店はこちら(公式HPの店舗検索)から確認できます。

タロウ
タロウ

以下ではこのよくばりパスをお得に楽しむ小技をいくつかご紹介します!

小技1.一枚を複数人で利用する

よくばりパスを初めて利用する多くの人が疑問に思うのが

1枚のよくばりパスを兄弟や友達とかで共有してもいいの…?

という問題です。

これについてはよくばりパスの公式HPにも記載がなかったため、モーリーファンタジー本部に問い合わせたところ…

1枚のよくばりパスを、ご家族やご友人同士などのグループで共用して頂いて結構でございます。

との回答が得られました(2022年8月時点)。

ということで我が家では2人兄弟でよくばりパスをフル活用しています。
写真ではもぐらたたきを仲良くやっていますが、兄と弟で違うゲームを楽しむことも出来ます(これについては後ほど補足があります)。

小技2.時間があるなら60分パスがオススメ

繰り返しになりますが、よくばりパスには「30分」と「60分」の2種類があります。

遊ぶ時間があるのが大前提ですが、どちらを買おうか迷うのであれば、個人的には60分がオススメです。

タロウ
タロウ

オススメする理由は単純で、60分のほうがコスパが良いからです。

あそび放題以外の内容を金額に換算すると…

30分(500円)のほうは

  • 景品獲得系:200円
  • VR系:200円(店舗によっては遊び放題)
  • メダル:200円相当(店舗によって異なる)

の、合計600円分の価値があります。支払い500円に対して1.2倍の価値です。

これでも十分お得ですが、60分(1,000円)のほうは

  • 景品獲得系:500円
  • VR系:400円(店舗によっては遊び放題)
  • メダル:600円相当(店舗によって異なる)

の、合計1,500円分の価値があります。支払い1,000円に対して1.5倍の価値です。

タロウ
タロウ

もちろん手出し金額は60分パスが多いので一概には言えませんが、どちらかで迷っているのなら60分パスが良コスパです。

小技3.あそべる券300円分クーポンを利用する

モーリーファンタジーにはモーリーフレンズDXという会員サービスがあります。

これは来店でポイントが貯まり、貯まったポイントを使って

  • メダルと交換
  • 特典と交換
  • 会員限定イベントに参加

などが出来る制度です。

タロウ
タロウ

モーリーファンタジーによく行くなら登録しておかなきゃ損です!

この会員プログラムには多くの特典がありますが、よくばりパスとコンボで利用できるのは「あそべる券300円分」です(下の画像はアプリ画面)。

こちらの内容は「あそべる券100分が3枚もらえる」という特典です。

このあそべる券の使い道は店舗によって異なりますが、私が住む地域のモーリーファンタジーでは全額よくばりパスの購入に利用できます。

つまり、あそべる券3枚はよくばりパス購入の300円割引券となり、30分パスであれば200円、60分パスであれば700円で購入できるのです。

タロウ
タロウ

200円で30分パスが買えるのは衝撃ですよね…
ただあそべる券1枚(100円分)しか、よくばりパスの割引に使えない、という店舗もあるので要確認です。

モーリーフレンズDXアプリであれば、新規登録で100Ptがゲットできます(2022年8月18日時点)。
あそべる券への交換は50pt(ただし月に1回まで)なので、新規登録だけで2回もこの技が利用できます。

小技4.PayPayで支払う

よくばりパスの料金は「PayPay」または「現金」で支払えますが、もちろんオススメはPayPay払いです。

案内カウンターの店員さんに「PayPayで!」と伝えると、画像のような読み取りQRコードが提示されます。

PayPay STEPを全クリアしていれば1.5%還元になるほか、クレジットカードを紐づけておけば好きなカードで支払うことも出来ます。

小技5.メダル交換はあとから

これはよくばりパス王道の遊び方ですが、メダル交換はあそび放題時間が終わってからにしましょう。

先にメダル遊びをしてしまうと、あそび放題時間がどんどん減ってしまいます。
メダルはよくばりパスを返却するときに受取り、時間制限なくゆっくり遊べます。

小技6.プレイ時間が長いゲームは最後に

小技1でも紹介しましたが、よくばりパスは複数人で共有して使うことも出来ます。

ただしよくばりパスにはインターバル時間というものがあり、連続して利用できないケースもあります。
これについてモーリーファンタジーに問い合わせたところ、

よくばりパスは1つの遊戯機械にタッチすると一定時間、他の遊戯機械には反応しなくなります。この時間の長さは遊戯機械ごとに設定されております。いずれも想定されるプレイ時間を越えるものではございません。

との回答が得られました(2022年8月時点)。

実際に遊んでいても、「太鼓の達人」や「マリオカート」などのプレイ想定時間が長めなものによくばりパスを利用したあとは、数分間よくばりパスは利用出来ないことがありました。

タロウ
タロウ

兄弟でよくばりパスを共有している場合はこれが結構ストレスになります…

なので若干せこいですが、よくばりパスの利用時間終了ぎりぎりのところで、プレイ時間が長いゲーム(太鼓の達人等)をすることで、長いインターバル時間を気にせず遊ぶことが出来ます。

利用時間はちょっとだけオマケされている

これは小技というより仕様なのですが、よくばりパスは購入時間を考慮してなのか、若干終了時間が長めに設定されています。

体感ですが、終了予定時間より2分~3分ほど長く使える気がします。

終了予定時間になっても、粘ればあと1~2回ほど遊べたりしますので、ダメ元でカードリーダーにタッチしてみるのがオススメです。

注意点

ここまでベタ褒めのよくばりパスですが、遊ぶときの注意点もいくつかあります。

遊べないゲームもある

しつこいようですが、よくばりパスの対象はカードリーダーが付いている機種のみです。

例えば本記事作成時点で大人気のドラゴンボールヒーローズはカードリーダーが付いていませんので、よくばりパスの対象外です。

そのほか、ドラゴンボールヒーローズやポケモンメザスタのように、プレイをすると「カード」や「タグ」などの景品がゲットできる機種についてはよくばりパスの対象外となりますのでご注意ください。

景品獲得系はプレイ回数が限られる

よくばりパスで唯一景品獲得ができるのが「スウィートランド」や「すくってちょ」のような、お菓子などの小景品が取れる機種です。

ただしこちらも無制限にプレイできるわけではなく、

  • 30分パスは200円分(2回)
  • 60分パスは500円分(5回)

の制限がありますのでご注意ください。

VR機はプレイ回数が限られる店舗も

よくばりパス対応の機種の中でも、VR対応の機種はプレイ回数が制限されている店舗もあります。

例えばこちらのゲーム機ですが、30分パスで2回、60分パスで4回までしかプレイできない店舗もあります。

対応は店舗によって異なるため、気になる人は事前に確認をしてからよくばりパスを購入しましょう。

おわりに

コスパ抜群、モーリーファンタジーのよくばりパスですが、知っているだけで更にお得に利用できる小技をご紹介しました。

500円あれば相当遊べますので、ぜひお子さんと一緒に楽しんでください。

当ブログでは他にも子育てに関する記事を複数掲載しております。よろしければこちらも合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました