タイムズカーシェアの洗車手順・やり方。電話連絡と問合せフォームの違いを解説。

カーシェア

タイムズカーシェアをお得に利用する小技として真っ先に挙げられるのが「給油」と「洗車」です。

当サイトでもお得な小技・裏技として紹介していますので、割引内容についてはそちらをご確認ください。

その「給油」と「洗車」ですが、少しハードルが高いのが「洗車」です。
洗車をした場合、割引を受けるにはタイムズに連絡をする必要があり、これがまた面倒…。

本ページでは洗車手順や、タイムズへの連絡方法は?電話と問合せフォームのどちらから連絡するといいの?等の疑問を解決します。

ガソリンスタンドでの洗車手順

ガソリンスタンドで初めて洗車をするのは緊張しますよね。

ちなみにここでは有人のガソリンスタンドで「給油」+「洗車」をする手順を紹介します。

「給油」+「洗車」をすると60分もの割引を受けることが出来ます。
給油は20リットル以上が割引対象となりますが、10リットル程度でも割引が受けられることを確認しています(2020年2月5日時点)。

給油と洗車をしたい旨を伝える

まずは店員さんの誘導に従い、車を停止しましょう。
慣れている方はここは読み飛ばしてください。

停車後、店員さんに「給油」と「洗車」の両方をしたい旨を伝えます。

ガソリンスタンドによって洗車メニューの名前は異なりますが、大体は「水洗い洗車」という名前のメニューが割引対象になります。

不安であれば「一番安くて早く終わる洗車をお願いします」と伝えても問題ありません。

例えば「レギュラー満タンと、一番安くて早く終わる洗車をお願いします」という感じですね。

支払いは備え付けのカードで

給油も洗車も、車のサンバイザー部分に入っている「給油・洗車カード」で支払いをします。
こんな青色のカードですね。

給油が終わってから洗車

給油と洗車を同時に行う場合には、「給油」→「洗車」という流れになるかと思います。

給油が終わったら洗車の機械へ誘導されますので、店員さんの指示に従いましょう。

洗車作業はすべて店員さんが行ってくれます。

なるべく時間を短縮しましょう

ここで気をつけたいのが洗車時間です。

割引を受けるために洗車をするのに、時間がかかっていてはどうしようもありません。

ガソリンスタンドにより対応は異なりますが、下記の点を気をつけましょう。

  • 車から降りてスタンド内で待つか聞かれる→洗車が終わり次第すぐに出発したほうが時間短縮になるので、乗ったまま洗車(OKしてくれるスタンドなら)をおすすめします。
  • 仕上げ拭きをするか聞かれる→時間短縮になるので断りましょう。

給油・洗車すべてが終わるのは混み具合にもよりますが10分もかからない場合が多いです。

オススメはドライブスルー洗車機

有人のガソリンスタンドだとどうしてもやり取りに時間がかかってしまい、せっかくの30分無料時間を食い潰してしまいます。

そこでオススメしたいのがドライブスルー洗車機があるガソリンスタンドです。

会計・洗車機入れ・洗車機出しまで全てセルフで行うタイプで、車に乗ったまま洗車が可能です。

これが設置されているスタンドが最寄りにある方は是非活用しましょう。
待っている人がいなければ5分ほどで洗車が完了しますよ。

割引を受けるには連絡を忘れずに!

洗車割引(30分)を受けるには利用時間内の連絡が必須です。

車を返却後に連絡した場合にはどうなるかは試したことはありませんが「時間内に連絡しないと割引を受けれないよ〜」という旨が公式サイトにありますので従った方が無難です。

連絡方法は「電話連絡」と「お問い合わせフォーム」の2方法があります。
1つずつやり方を紹介しますね。

会員専用フリーダイヤルで連絡する方法

タイムズ会員専用フリーダイヤルは下記の番号になります。

フリーダイヤルなので電話料金がかからないのはありがたいですね。
もちろん携帯電話からもOKなフリーダイヤルです。

コールセンターに繋がったら「洗車をしたのでその連絡です」と伝えます。

コールセンターの方から下記の3項目を確認されます。

  • 会員番号(00で始まる番号)
  • フルネーム
  • 生年月日

会員番号を聞かれるので、ICカードを手元に用意して状態で電話をかけたほうが良いですね。

電話をかけるタイミング

電話をするタイミングですが、ガソリンスタンドの店員さんから「給油・洗車カードを返してもらった後〜利用時間内」であればいつでも構いません。

タイムズのコールセンターでは「洗車の利用料金が決済されているか」という点を確認しているようなのです。

個人的には「給油・洗車カードを返してもらったあとの洗車中」に電話をするのがオススメです。

お問い合わせフォームで連絡する方法

お問い合わせフォームのURLは下記になります。
URL:https://share.timescar.jp/view/inquiry/input.jsp

このお問い合わせフォームですが、タイムズカーシェアマイページにログインしている状態で開くと、「氏名」「メールアドレス」「会員カード番号」が勝手に埋まります。

一々手入力するのが面倒なので、まずはマイページにログインしてから開くことをオススメします。

お問い合わせフォームの記入例はこんな感じ。

「タイトル」には「給油/洗車割引について」を選択しましょう。

「ご意見・お問い合わせ内容」には予約番号を記載すると良いです。
予約番号はなくても多分割引を受け付けてもらえますが、コールセンターの方は予約番号があると利用が特定しやすいと言われたことがあります。

予約番号は「アプリの予約状況」もしくは「予約登録完了メール」から確認可能です。

お問い合わせフォームで連絡するタイミング

電話と違いリアルタイムでは処理されませんので、ガソリンスタンドに到着した後でしたらいつでも大丈夫です。

私は「給油と洗車をお願いします。」と伝えた直後に入力を開始することが多いです。
給油中はなかなかに手持ち無沙汰ですからね。

電話連絡のメリット

お問い合わせフォームからの連絡と比べた、電話連絡のメリットは下記になります。

  • 言葉で気軽に連絡ができる
  • わからないことがあればコールセンターの人に聞ける
  • 割引が即時適用される

3つめの「割引が即時適用される」というメリットですが、お問い合わせフォームだと給油割引の適用は最短でも翌日となります。
ですが電話連絡をすると、車の返却と同時に割引が適用となります。
給油と違いメールでの連絡はありませんが、利用明細を見てみるとしっかり割引されていることが確認できます。

お問い合わせフォームのメリット

電話連絡と比べた、お問い合わせフォーム連絡のメリットは下記になります。

  • 電話の待ち時間がない(コールセンターの方が出るまでの時間)
  • マイページにログインさえしていれば勝手に情報が埋まってくれる
  • 電話連絡に比べて連絡するタイミングがシビアではない

1番の待ち時間のメリットですが、タイムズカーシェア の会員専用ダイヤルって結構混み合ってるんですよね。
出るまで1分〜3分待たされることはざらです。

お問い合わせフォーム連絡だと割引適用は遅いですが、翌営業日に反映されることがほとんどなのでそこまで大きなデメリットにはなりません。

アプリからの連絡はできないの?

スマートフォンのタイムズカーシェアアプリから、「洗車したよボタン」を押すだけで報告完了!となればベストなのですが、今のところこのような機能は実装されていません。

できてくれたら楽なんですけどねー、これからの対応に期待したいです。

お問い合わせフォームから連絡推奨?

2020/3/10に「洗車をしたらお問い合わせフォームから連絡を」というお知らせが掲載されました。

電話はタイムズカーシェア側としても負担を強いられることから、出来ることならお問い合わせフォームでの連絡が好ましいようです。

おわりに

洗車割引は給油に比べると連絡の手間がかかりますが、給油との合わせ技で1時間もの無料時間をゲットできるので有難い限りです。

私が使っている車は「どうやって使ったらこんな汚れるの?」という状態であることが多く、割引云々ではなく純粋に「洗車したい!」と思わされることもしばしば…

他人と車を共有しているカーシェアならではの不満ではありますが、便利すぎるタイムズカーシェアはこれからも愛用していきたいと思います。

ちなみにご入会がまだの方は是非、紹介コードを使って申し込んでください。
私と読者様の両方に特典があります。

私の紹介コードは

0010962974

でございます、よろしければ使ってやってください。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
カーシェア
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました