タイムズカーシェアの家族会員を後から追加する方法。遠くに住む両親や兄弟姉妹も追加可能です。

カーシェア

本ページは本会員に申し込み後、家族会員を追加したい場合の手順を紹介しています。

申込時に家族会員を追加する手順ではなく、あくまでも「後から」追加する手順となります。

タイムズカーシェアの家族会員は対象範囲が非常に広いため、よりお得にタイムズカーシェアを利用することが出来ます。

家族会員に追加可能な人は?

タイムズカーシェアの家族会員の対象範囲は非常に広いです。

家族会員に追加可能な条件は「姓または住所が同一であること」の1点のみです。

一般的には、主契約者の配偶者はもちろん、遠くに住む主契約者の両親や兄弟姉妹(ただしいずれも同一姓に限る)や、一緒の住所であれば義両親も対象となります。

家族会員になるメリットは複数あります(後述します)ため、この対象範囲の広さは有難い限りです。

家族会員の追加申請は書面で

会員登録時の家族会員追加はWeb上で行えますが、後から家族会員を追加する場合には「書面申込」の一択です(2020年2月15日現在)。
Web申込は出来ませんのでご注意ください。

家族会員追加申請書を印刷しよう

まずは家族会員を追加するための書類を印刷する必要があります。

はじめにタイムズカーシェアのマイページにログインしましょう。
URL:https://share.timescar.jp/

ログイン後は上部は「ご登録情報の確認」を選択します。

下にずずーーっとスクロールして

「お手続き書類のダウンロード」に「家族会員追加申請書」というリンクがあるので、これを選択します。

1ページ目には書類の書き方が丁寧に記載されています。

必要なのは2ページなので、これを印刷しましょう。
追加人数1人につき1枚必要です。
2人追加したい場合には2枚印刷しましょう。

書類の記入および送付をしよう

家族会員追加申請書を印刷したら、記入見本を参考に書類を埋めていきましょう。
すごく丁寧な注意書きなので、この通りに記入していけば問題ないです。

書類の記入が終わったら、送付用の封筒を作成します。
書類の送り先は「お手続き書類のダウンロード」の右側部分に書かれています。
なので<送付先>と書かれている部分を封筒に手書きで記入…しようとした場合にはちょっとお待ちください!

その下に「宛名ラベル」と記載がありますので、こちらを選択してください。

すると下部に切り取って使える宛名ラベルがあります。
そこにはなんと切手不要の承認印があります。
カスタマーセンターの人曰く、この宛名ラベルに気づかないで切手を貼って送ってくる人が相当数いるようです…。

宛名ラベルを切り取って封筒に貼りましょう。
裏面には自分の名前・住所を念のため書いておきましょう。
記入した「家族会員追加申請書」を入れて、封をすれば送付書類は準備OKです。

家族カードを受け取りましょう

申請書類に不備がなければ、無事に家族カードが発行となります。

家族カードは「主契約者」に手元に届くため、遠方に住む家族が利用する場合には、主契約者自身が家族に送る必要がありますのでご注意を。

家族会員になるメリットは?

家族会員のメリットは下記の通りです。

月額費がかからない

家族会員には月額費(880円)が発生しません。

例えばあなたとご両親で別々の契約を結んでいる場合、880円×2契約 = 1,760円の月額費が発生しています(TCPステージ1の場合)。

これを家族プランに統一することで、880円の月額費で済むことになります。

ただしタイムズカーシェアの月額費分は利用料金に充当されるため、あまりカーシェアを利用しない人限定のメリットと言えます。

万が一の補償が適用される

例えばお盆や年末年始など、タイムズカーシェア車両を両親と交代で運転する機会があったとします。

規約上はタイムズカーシェア会員以外の運転も禁止事項ではありませんが、万が一の事故・破損等の場合には何の補償も受けられません。

これは利用規約や公式HPのQ&Aにもしっかりと明記されています。

そのため年に数回のためにではありますが、両親を家族会員に加入させておくのは賢い選択肢であると言えます。
月額費もかかりませんしね(カード発行手数料のみかかります)。

お盆や年末年始などはレンタカー代も跳ね上がりますが、タイムズカーシェアならば予約さえ取れればいつでも同じ値段で利用可能なのは強みです。

家族会員カードの発行手数料は?

2020年2月15日時点ですが、家族カードの追加には1人(カード1枚)につき1,650円(税込)の手数料がかかります。

手数料は普段タイムズカーシェア利用料を決済しているクレジットカードに請求されます。

個人プラン・学生プランの場合には?

現在個人プラン・学生プランの場合でも、先述した「家族会員追加申請書」を提出するだけで自動的に家族プランになります。

別途煩わしい操作が必要ないのはありがたいですね。

ただし現在学生プランの人は月額費の無料特典が無くなりますのでご注意を。

家族会員に追加したい人が既にタイムズカーシェア会員の場合は?

既にタイムズカーシェア会員である人を家族会員として追加したい場合も、「家族会員追加申請書」の赤枠部分にチェックを入れるだけで自動的に既存契約の退会処理をしてくれます。

例えばご両親が既にタイムズカーシェアの会員ではありますが、たまにカーシェアを利用する程度なので月額費がもったいないな〜、と感じている場合等が当てはまると思います。

TCPポイントは個別に貯まります

タイムズカーシェアでは利用すればするほど優遇されるTCPプログラムというものが導入されています。

詳しくは別記事で説明していますのでよろしければ合わせてご確認ください。

家族プランとして利用する場合には、各会員単位でのTCPプログラムとなります。

家族会員全員で、1つのTCPプログラムを共有するわけではありませんのでご注意ください。

TCPポイントをまとめられないのは残念ですが、家族会員Aが事故を起こしても、家族会員BのTCPあんぜん走行距離はリセットされない等のメリットもありますね。

おわりに

タイムズカーシェアの家族会員特典はとてもお得なのですが、特筆すべき点はやはり「家族会員として追加できる範囲の広さ」です。

「住所が同じ」じゃなければダメなのかな〜と思っていましたが、住所が違っていても、姓(名字)が同じであれば申請可能なのはびっくりしました。

また料金面では、初回の家族会員カードの発行手数料(1,650円)がかかるだけで、ランニングコストがかからないのは秀逸です。

現在個人プランで利用しているけれども、周りの家族にオススメしたいなという方は是非家族会員の追加を検討してみてはいかがでしょうか。

また、現在タイムズカーシェアをご検討中の方は、紹介コード入力で1時間分のeチケットがもらえます。
私の紹介コードは

0010962974

でございます、よろしければ使ってやってください。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました