2019年8月期 ビックカメラの株主優待が到着。優待の到着時期は?保有特典の利回りは?

株主優待

2019年9月から今日時点(2019年11月20日)まで、株価が堅調なビックカメラ。

クリスマス時期も相まり、土日の店内は活気があって株主としても嬉しい限りです。

そんなビックカメラの株主優待が2019年11月中旬に到着しました。
2019年8月期分の優待です。

ビックカメラ 株主優待の基本情報

株主優待の基本情報は下記の通りです。

権利確定月

2月と8月、年2回です

優待内容

通常優待特典は下記の通りです。

100株〜年間3,000円相当
(2月:2,000円、8月:1,000円)
500株〜年間5,000円相当
(2月:3,000円、8月:2,000円)
1,000株〜年間10,000円相当
(2月:5,000円、8月:5,000円)
10,000株〜年間50,000円相当
(2月:25,000円、8月:25,000円)

継続保有株主優遇制度は下記の通りです。

100株1年以上:1,000円相当
2年以上:2,000円相当

優待利回り 

株価を1,200円と仮定した場合の優待利回りです。

まずは通常の優待特典の優待利回りから。

100株2.5%
500株0.83%
1,000株0.83%
10,000株0.41%

次に「1年」継続保有特典を踏まえた優待利回りはこちら。

100株3.33%
500株1.00%
1,000株0.91%
10,000株0.42%

最後に「2年」継続保有特典を踏まえた優待利回りはこちら。

100株4.16%
500株1.16%
1,000株1.00%
10,000株0.43%

継続特典を含め、優待目的だったら100株保有が圧倒的にお得ですね。

利用単位

1枚1,000円です。
利用枚数にも制限がない、大変便利な優待券です。

今回は継続特典が届く回だったので、3,000円分の優待券が到着しました。

利用制限

同時に複数枚利用可能。

クーポン等との併用も可能です。

お釣り

お釣りは出ません。

利用可能店舗

ビックカメラをはじめとする下記店舗・サイトで利用が可能です。

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ビックカメラ.com(ネット通販)
  • ソフマップ・ドットコム(ネット通販)
  • アキバ☆ソフマップ・ドットコム(ネット通販)
  • 楽天ビック(ネット通販)
  • ソフマップ楽天市場店(ネット通販)
  • ソフマップPayPayモール店(ネット通販)
  • ソフマップデジタルコレクション楽天市場店(ネット通販)

紙の優待券なのにネット通販で優待が利用できるのは珍しいですね(利用の仕方は後述)。

優待到着時期

2月期分5月中に到着
8月期分11月中に到着

権利確定日からだいたい3ヶ月くらいで到着します。
数年保有していますが、遅れて到着したことはありません。

有効期限

2月期分(到着は5月中)同年11月30日まで
8月期分(到着は11月中)翌年5月31日まで

有効期限は約半年です。

有効期限ぎりぎりになってしまいますが、「前回の優待 + 最新の優待」を同時に利用することで、少し高めの商品を買うことも出来ますね。

利用制限がない優秀な優待です

ビックカメラの株主優待券には「会計金額に応じた利用制限」や「利用上限枚数」等の制限が一切ありません。

優待券だけで会計が完結するのは大きな魅力です。

他家電量販店のヤマダ電機の株主優待券は、「会計1,000円ごとに500円の優待券を1枚利用可能」という中々に厄介な制限を設けています。

ビックカメラの株主優待券は優待利回りも去ることながら、このような制限がないのも魅力の1つです。

優待利用分にはポイントがつきません

家電量販店の醍醐味とも言えるポイント還元ですが、株主優待利用分にはポイントが付与されません。

大型ポイント還元キャンペーンを開催しているときには、株主優待の利用を後回しにしたほうが得をする場合があるかもしれませんね。

優待券はネット通販でも利用可能だが手間が多い

ビックカメラの株主優待券はネット通販でも利用可能です。

下記のサイトの利用が可能です。
リンクに株主優待券の利用方法ページを貼っています。

優待の利用方法を簡単に説明すると、「ネットで購入したあとに優待券を専用窓口に郵送すると、銀行振込でのキャッシュバックが得られる」という仕組みです。

近くに店舗がない人にとっては大変ありがたい仕組みなのですが、「郵送料金は自分負担(特定記録 or 簡易書留)」だったり、「株主様お買物優待券ご利用票」なるものを印刷・記入が必要」だったりと、若干面倒。

店舗で利用できる人は、店舗で利用することをオススメします。

オススメの証券会社

私はSBI証券・カブドットコム・松井証券など有名どころの証券会社口座を開設していますが、普段売買に利用しているのは「ライブスター証券」です。

理由は売買手数料の安さ。これに特化しています。

正直ツールや注文の操作は他の証券会社のほうがやり易いです。
なので銘柄の検索・情報収集はSBI証券で、売買はライブスター証券で、という使い方をしています。

株式の売買手数料は約定金額などに埋もれやすい金額ではありますが、積もり積もればかなりの金額になる要素です。

是非業界トップクラスの売買手数料の安さを体験してみてください。

おわりに

ビックカメラの株主優待は通常でもそこそこな優待利回りを誇りますが、長期保有で更に利回りが増えるため、人気を博しています。

また優待利回りもそうですが、優待の使いやすさにも一目置かれています。
店舗が近くにない人はネット通販から商品を選べるので、使い道に困ることはありません。

2019年11月20日現在ではビックカメラでの支払いはクイックペイの20%還元が利用できるため、実際に利用するのは来年以降になりそうです。

関連記事:

Pocket
LINEで送る

タロウ

本ブログ管理人。札幌在住30歳のおじさんです。
できるだけ毎日更新しています。
目指すべきサイトは「ブックマーク・お気に入りに入れておくだけで、ちょっと得するサイト」です。
Twitterで更新情報をつぶやきますのでフォローお願いします!

マネー偏差値をフォローする
株主優待
スポンサーリンク
マネー偏差値をフォローする
日常的マネー偏差値向上ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました